2006年 01月 07日

七草粥

  先日妻のお供であるスーパーに行ったら、七草粥に入れる七種類の野菜をパックに入れたものが「これを食え」といわんばかりに入り口近くの目に付きやすいところに鎮座していた。
昔からの風習にしたがってみるのもいいだろうとひとつ篭に入れた。
今朝はその野菜を入れた七草粥を食べた。しかも、熱いのを我慢して、吹かないで…。

  この七草粥を食べるとという風習は、かなり古くからありあり、万病を除くといわれ、徳川歴代将軍も食べたという。
  何日か前にも書いたが、むかし実家で食べた七草粥には小豆が入っていたように思う。 
そのころ、炊きたての粥は非常に熱いが、これを吹いて食べてはいけないといわれた。
「七草粥を吹いて食べると、秋になって台風(嵐)が来て稲が倒れてしまう、だから風を吹かせてはいけない」ということだった。私達は、言われたとおり粥の表面の冷めた部分をはがすようにして食べたものだ。それでも台風は毎年来て、時には害をもたらした。どこかのうちで吹いて食べたやつがいたのだろうと思う。
  今では農業はやっていないが、台風が来ると、花を取り込んだり戸締りをしたりで面倒だから吹かないで食ったが、誰かが吹いて食ったらおしまいだ。
万病も、台風も来ない事を望むから。
# by yo-shi2005 | 2006-01-07 21:45 | Trackback | Comments(0)
2006年 01月 05日

小豆

  ひところは、小豆といえば「赤いダイヤ」などといわれて、商品相場の花形になったこともあったが、それも今ではそれほど騒がれなくなった。
        
  正月十五日には小豆粥を食べてその年の邪気を払うという風習が一般的だが、我がふるさとでは七草粥に小豆が入っていたように記憶する。しかし、これは数十年前の記憶だから定かではない。

  小豆はカロリーが高く、新田次郎の山岳小説「芙蓉の人」のなかで、明治中ごろのこと、先年使用が終了した富士山頂の気象観測所の設置に尽力した、野中至・千代子夫妻が真冬の富士山頂で高山病と戦いながら、小豆粥で辛うじて体力を維持したと書いてある。
夫妻は富士山頂の気象観測のために木造の小屋で越冬観測を始めたが、二人とも高山病が元で体調を崩し、栄養価の高い食物が食べられなくなってしまい、小豆粥だけで命がけで観測を続けた。だが体力も限界、小豆も米も底をついたときに、下界からの救助隊に助けられた。
これは余談だが私はこの小説のこの部分が好きで、このくだりは何度読んでもジーンと来る。不思議な現象だ。

  昔我がふるさとでは、田植えの終わった田んぼの淵に小豆を蒔いた。「たのくろあずき」といった。水田の水が染み出さないように田んぼの淵には泥の壁を塗る。その泥の壁に杖のような棒で穴をあけ小豆粒を2~3こ入れて、その上に周囲の草を一掴み刈り取って載せておく、すると芽が出て大きくなり、米が稔るころに小豆も収穫できる。今はそんな話しはあまり聞かない。

  今市場に出ている国産小豆は殆どが北海道産で、80%以上を占める。残りの20%弱は東北地方で収穫したものだ。

  “小豆のことを書いたら、牡丹餅が食いたくなった。おはぎでもどっちでもいい”。
# by yo-shi2005 | 2006-01-05 20:58 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

検索

ファン

画像一覧