2013年 02月 26日

雪割草と木瓜

e0033229_9295033.jpg


   ・・・・雪割草・・・・

こころなしか何か物足りなそうな顔をしているようにも見える雪割草が咲いた。
これは一昨年の秋も遅くに買って昨年も咲いてくれた花で、今年も心待ちしていた。

何が物足りないかというと、この花は雪に埋もれて冬を過ごして、春に先駆けて、雪を割って芽を出して蕾をだして花を咲かせる。
そのために雪割草の名前が付いたと聞いたことがある。
しかし当地静岡では雪は降らない、だから雪割草は花を咲かせるのに物足りないのではないかと思ったわけです。

変な理屈はさておいて、愛らしい姿の雪割草
e0033229_9355781.jpg


左の緑の葉っぱは雪割草のものではありません。この苗を買った時についていたのと、雪割草は夏ななくなってしまうので、目印に残してあります。

   ・・・…木瓜(ぼけ)・・・・

もう6年くらいまえになる。義母が痴呆で病床にある時、ある園芸店の店先でかわいらしく咲く植木を見つけた、八重咲き木瓜と書いてあった。

義母の名前と木瓜(呆け)を重ねて考えて手を出した。
不謹慎な動機で勝った花木だ。

その後、枝が伸びたので挿し木をしてみたら、見事に根付いたが、親木は根くい虫にやられて枯れてしまった。
だからこの木は二代目ということになるが。
採った枝の関係か、親に似ない子ができた。

子のほうの木瓜 (2013-02-26撮影)
e0033229_9435738.jpg


この子の親はこんな花だった (2008-1月撮影)
e0033229_9452463.jpg


   ・・・・蔓日日草(ツルニチニチソウ)小花斑入り)

一年中ほったらかしにしておいても時期が来ると花をつけるかわいいやつで、地植えにすると増えて困るほど元気な草花だが、小さな鉢にうえぱなしでは、増えるにも増えられない。
e0033229_949839.jpg


この子も今年は植え替えてあげようかな。
# by yo-shi2005 | 2013-02-26 23:59 | 花日記 | Trackback | Comments(4)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧