2014年 07月 31日

奥三河訪瀑の旅

e0033229_21405237.jpg


e0033229_2148931.jpgようやく天竜川の佐久間ダムに たどり着いた。


e0033229_2154446.jpgそして佐久間ダムの堰堤道路を渡るとすぐにトンネルが待っていた。このトンネルが狭くて、くらくて、そのうえ鰻のように曲がっている。
車の擦れ違いはところどころにある広い部分でしかできない。


e0033229_21562796.jpgこの「ウナギ樽トンネルを過ぎると、次のトンネルまでおよそ20m、その間に滝がある。


大きな岩盤の表面を滑り落ちる滝だが、隅の方に勢いよく落ちる部分もあり、、そこにはひょんぐりも見られた。
うなぎたるの滝。
e0033229_232260.jpg



そしてまた一つトンネルを超えると、左手に滝があるが、ここは道路わきの大きな滝のようだが崩落どめのためと思われるが金網が張ってあって、見づらいので写真は撮ってきたが掲載は省略します。

そしてまたトンネルを超えると少し開けたところに出た。
橋があり下を沢が流れていた。
ここにも何かありそうなので身支度をしてやぶの中に入ってみた。
大きな石のごろごろした川床を50mほど歩くと、趣きの変わった滝があった、10mもあるかな

これも名前が解らないので、仮称{松島橋の滝」とした。
e0033229_22141013.jpg


またしばらく進むと、右下のダム湖に大きな浚渫船が係留されていた。
ここではダム湖に土砂が流れ込んで」、ダムが浅くなるのでそれを巨大なポンプのついた船で汲み上げているようだ。
その汲み上げた土砂の山が左手に見えてきた。
「この奥に滝があるんだな」ネット検索で覚えていた砂利会社の事務所がある、事務所の前に車を止めると中から男性が出てきた。
すかさず、
「この奥に滝があるって聞いてきたんだけど、どういったらいいんでしょう?」
男性は
「ありますよ、すぐそこです。この車四駆ですか?」
「いえ、前輪だけです」
e0033229_2230552.jpg「それじゃぁあの砂の山は無理ですね。それじゃぁここに車を置いて、あの砂山のトラックターの登った轍のあるところまで行くと滝が見えてきますよ」
親切に行ってくれた。

「ありがとう、それじゃここに車を置かせてもらって、この中を通らせてもらいます」。

砂山の窪地を乗り越えると向こう側に滝の水をせき止めたため池がある、この砂利会社で水を使うためのようだ。

このため池の左岸を気を付けて進めば滝下にたどり着ける。
そして出会ったのがこの滝
分地橋(ぶんじばし)奥の滝 大きく四段になっているが60m以上はあると思われる。
e0033229_22453366.jpg


まだこの先、長野県のすぐ手前まで行ったがそれは明日にします。



by yo-shi2005 | 2014-07-31 23:02 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosihisa.exblog.jp/tb/22250791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧