2014年 08月 24日

その名懐かし 花の木橋

e0033229_21355457.jpg


この話は私の故郷を舞台としたローカルな話題です。

もう忘れてしまっても不思議ではないほど昔のことだが、昭和20年代に小学生だった私は、今は同じ市内の一地区だが、当時は中一つ置いた隣の村にあった後閑城址公園に遠足に行った。
今の城址公園の模様はあとから出てくるが、当時その公園がどんな公園でそこに何があったか、どう考えても全く記憶がない。

只ひとつ不思議なほどはっきり覚えているのは、その途中にあった「花の木橋」と言う木造の橋でその橋の欄干の柱には、その名前がはっきりと書かれていた。
ずいぶん長い橋だったと記憶している。

e0033229_16214167.jpgそれと、遠足だからと新しく買ってもらった運動靴だ。
「この靴と一緒に俺はずいぶん遠くに行ってきたんだ」という思いがして、しばらくの間はこの靴を大切にしたものだった。
<br clear=all>

そのままそのことは長い間忘れていた。

最近になってストリートビューを見ていてふとそのことを思い出したのだった。

「あの花の木橋はどの辺なんだろう?」
「ずいぶん遠かったような気がしたけどどのくらい距離があったんだろう?」
遠足先の後閑城山公園の表示も私が見た地図には載っていなかった。
そんなことがやたら気になるようになってきた。
先日来一生懸命探したが、出て来ない。

そして昨夜、一級河川の水量計のことで検索していたところ、「花の木橋」の名前が出てきた。
群馬県安中市後閑・・・・とある。間違いない。

早速その橋を探して、ストリートビューで見ると・・・「あった!!」
e0033229_1633394.jpg


別れわかれになっていた古い友達と出会ったような気分で、声を出して喜んだ。
当時は橋の欄干の柱に「花の木橋」と書いてあったのを読んでそれが脳裏に焼き付いていたようだ。
現在の花の木橋
e0033229_22155189.jpg

遠足の目的地はまだこの橋から1kmあまりさきで60mほどの小山を登ったところが目的地だった。

そこは15世紀頃にお城があった所だそうだ。
遠足でそこの城山公園で何があったか全く覚えていないが、資料によると15年ほど前に市によって公園として綺麗に整備された様だ。

参考画像
e0033229_2182226.jpge0033229_2195658.jpg


それにしても、そのころはなんであれほど遠くに行ったような気がしたのか不思議に思って距離を測ってみたら、
なんと学校からその公園まで4.6kmあった。その前に学校に集合したから、家から学校までの距離が2.6kmで片道合計7.2km、往復14.4km歩いたことになる。
車ならひとっ走りだが、当時小学生にしてみたら遠かったのだと思う。

お蔭で昔の思い出の中の謎が解けた。



by yo-shi2005 | 2014-08-24 21:44 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosihisa.exblog.jp/tb/22326880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

ファン

画像一覧