2018年 01月 09日

花よりだんご、葱を植えた

e0033229_191589.jpg


花より団子と言うが、いよいよ食うに困って・・・と言うわけでもないが、変なねぎを植えた。

あの、下仁田葱の産地群馬県の下仁田町の隣の富岡市の郊外で姉が農業をやっている。
有名な下仁田葱を栽培している。

先日電話で、姉が
「倅が静岡へねぎを送ってやったかい?っていうんで、まだ送ってねぇよっつったら、おじさんあんなに喜んで食ってくれるんだから、ひと箱送ってやりなヤァっていうんだけど、ネギぃ食うかい?」

「うん、送ってくれりゃぁ喜んで食うよ」
と言うことで、その時の話で
「ちょっと違うねぎを少し入れとくけど、どこか植えるとこがあるかぃ?」
「うん、明日葉のプランターの隅だったら植えられるよ、だけどどんな葱だい?」
「植えとくと根次々と葉っぱが出てくるから摘んで食べればいいんだよ」

なんだかわからないような葱の話だったが、少し送ってもらった。
そして、あんまり寒かったので植えるのをさぼっていたらこんなに葉っぱが黄色になってしまったが何日か前に植えた。
最初は去年菊を植えてた鉢に、生ごみたい肥をすきこんで植えた。
e0033229_19175488.jpg


これはどうやら「わけぎ」の仲間らしい。よく見ると箱の中にまだ残っていたので、今度は明日葉のプランターに植え付けた。上の写真の向こうの方に少し見える。

ところ、見たところは大して変わらないが、分葱とねぎは何がどう違うのか、疑問が出て来た。

e0033229_19401952.jpg


ウィキペディアによると・・・・
ワケギ(分葱)とは、ネギ属に属するネギとタマネギの雑種、緑黄色野菜の一つである。球根性多年草。ギリシアが原産地であるスカリオン(英語版)の一種。日本では広島県尾道市が全国出荷量日本一である。

ワケネギと混同されたり、かつてはネギの一種と思われていたが、染色体の特性より分蘖(けつ)性のネギと分球性のタマネギ(エシャロット)の雑種または独立種として分類される[3]。葉や茎はネギよりしなやかで、地下部は赤褐色に肥大して鱗茎をなしている。

なんだか難しいことが書いてあって、簡単には理解できそうにないから考えないことにした。

ただ同じわけぎでもいろいろ種類があるようでネットで画像を見ると、らっきょのような形をしたものから、普通の長ネギと変わらないようなものとあるようだ。

これはウィキペディアに載っていたワケギの写真
e0033229_19254397.jpg


食べ物と言うのは、あんまり理屈を考えすぎると、味が落ちる。

姉の言うには
植えといて、使いたいときに必要なだけ青い葉っぱをちょん切って食べれば、あとから新しい葉っぱが伸びてくると言っていたから、もう少し伸びたら、やってみようと思う。

うんと伸びたら「ぬた」でも作るか・・・・。




                      ・
by yo-shi2005 | 2018-01-09 20:21 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosihisa.exblog.jp/tb/26541628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧