2018年 06月 04日

花の命は意外に強い

e0033229_18193351.jpg


私の庭には表庭、裏庭と猫の額ほどの中に・・・何種類?と聞かれても困るほどの数の草花や花木がひしめき合っている。

大切に育てていると、簡単に枯れてしまうものもあれば、ほったらかしにしておいても驚くほどの生命力を発揮するものもある。その後者を拾い出してみた。

〇 ジュリアン

裏庭の隅の、花の咲いていない鉢の中にうずもれていた小さな鉢、ちょっと見ると半分枯れたような葉っぱの中につぼみがひとつ見えた。
取り上げて見るとジュリアンだった。でもそれがいつ買ったのか覚えもない。
葉っぱの陰をよく見ると蕾が幾つかある。
「これはまだ咲くのかもしれない」と思って、茶色になった葉っぱをとって、十分に水をやり、液肥を少し上げてみた。最初のつぼみが一つ開いた。白い花だ。
二日ほどしたら、花は三つになった。まだ咲きそうだ。
e0033229_1831844.jpg


なんだか得した気分だった。

〇 ビオラ

マンデギラの若木がどうも元気がない、鉢の中には雑草が生えていた。その雑草を抜きながら・・・
「あれぇ、これは雑草じゃねぇぞぉ?。この葉っぱはビオラだぁ」。

もちろんこんなところにビオラを植えた覚えはない。でも確かにビオラだ。
そっと掘り上げて、小さな鉢に植えておいた。

それから数日。
見るといろは地味だが小さな花が咲いていた。
前に植えたビオラの種が実って、この鉢の中に落ちて、芽を出したのだろうと思う。

蒔かぬ種が生えて来て花を咲かせたビオラ。なんだか得した気分だ。
e0033229_18392885.jpg


〇 金糸梅

我が家の敷地は、終戦直後に市街化に向けて区画整理をした、その時の設計で我が家は北東側に表庭がある。そして、市街地の宿命で隣近所は建物がいっぱいに立っていて、真冬には表庭にはほとんど日が当たらない。まして、玄関のすぐ前はお彼岸からお彼岸までは日の目を見ない。
そんなところに追いやられて半年我慢してきた、金糸梅が、それでも花を咲かせた。
「よくぞ御無事で、生き延びてくれましたね」とねぎらってやりたい気分だ。
e0033229_18484725.jpg

来年は裏庭の日当たりのいいところに・・・・そんな場所があるかな??。

〇 赤花夕化粧

昨日の記事にも登場したこの花。よくあっちこっちに種を蒔き散らし芽を出す。
それらを2~3本まとめて植えて花を咲かせると単純な花だが見栄えがする。
それまでは、一度花が咲き終わるとそれで終わりと思っていた。ところが、今年は、花が咲き終わったところで根元から15cmくらいのところで、ざっくりと切っておいてみた。
すると切り口の下の節から脇芽が出て、先端にまた蕾を付けて花を咲かせた。
そればかりか、二度目の花の方が枝数が増えた分花の数が増えて見栄えがいい。
なんだか得した気分だった。
e0033229_198386.jpg


ちなみに、赤花夕化粧はこんな花です四弁でお椀型の花です。中央のめしべは月見草にそっくりです。
e0033229_19231582.jpg


花はか弱いように見えるが、意外にしたたかな部分を持っている。
そんなことを考えながら得した気分に浸っているよしおじさんでした。



by yo-shi2005 | 2018-06-04 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosihisa.exblog.jp/tb/27312748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

ファン

画像一覧