2018年 07月 19日

君らはいったい誰なんだ

e0033229_18321399.jpg


わが庭には何度かこのブログに登場した小さな銀杏の樹を植えた小さな鉢がある。
昨年ぎんなんを播いたら芽が出て秋にはいっちょ前に黄葉して、落葉して新芽が出て来た銀杏だが、まだ樹高は20センチもないくらいだ。

その鉢の隅に見たこともない小さな植物が芽を出し花まで咲かせたが、住民登録をしてあるわけでもないしその名前も出身地もわからないままだ。
いうなれば「居候」だ
その居候の写真。これは4月28日の写真です。
e0033229_18392273.jpg


花だけを拡大すると
e0033229_184031100.jpg


その花の株はまだ青々している。

ところが、10日ほど前にこの銀杏に肥料をやった時見ると、また得体のしれない小さな小さな草がつぼみを出していた。

この鉢はよそ者には住み心地の良い鉢と見える

前と同じこの鉢に
e0033229_18441952.jpg


名も知らにこんな草がつぼみを
e0033229_18453870.jpg


今日見るとそれが咲いているのです。
e0033229_1847991.jpg


これはよく見るとそこらへんで見かける雑草のような気がするが名前はわからない。




もう一つ名も知らぬ葉っぱ

昨年秋甲府のお友達のところから頂いた雲南サクラソウに、もぐりこんで駆け落ちしてきた、かわいらしいオキザリスがあった。
綺麗な花を咲かせてくれて私を十分に楽しませてその花たちは短い生涯を終えて、只今は夏休み中だが、今日見るとその鉢に一本の草が生えている。

よく見ると葉っぱに模様のようなものがある。
「あれぇ?、これは、あのリコリスの仲間なのかなぁ」聞いてみたところで草は答えない。
今年我が家に植えてあるリコリスはこれ。
e0033229_18531181.jpg


だがこれにはまだ種は実っていない、でもこの一本の草の葉っぱは普通のものではない。
e0033229_1854281.jpg


ちょっと物足りない文様だが、あるいは、そうなのかもしれない。

丁度、この「駆け落ち物語=このオキザリスを私はこう呼んでいる」は近いうちに球根を掘り上げておこうと思っていたところだから、リコリスかも?という一縷の望みを捨てずに、ほかの鉢に掘り上げてみようと思う。

こんなのをミステリーっていうのかな??。チット違うか。







by yo-shi2005 | 2018-07-19 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosihisa.exblog.jp/tb/27419475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧