2018年 08月 08日

双葉葵(?)の謎

e0033229_18364648.jpg


丁度今から一年前、庭の椿の大きな鉢の隅に、どこかで見たことがあるような気がする珍しい葉っぱが一株出ていた。

それ以来何度かこのブログにもアップしているので、覚えている方もおられるかもしれません。

あの徳川家の家紋の原型になったという「ふたば葵」の葉っぱにそっくりなのです。
わが庭で見つかった双葉葵によく似た葉っぱ、小さな鉢に植え替えたが冬には葉っぱがなくなってそのままどこかに消えてしまった。
これは1年前の画像です。
e0033229_1842396.jpg


参考資料、本物のふたば葵
e0033229_18435188.jpg


そして今年になって、銀杏の幼木の鉢の隅に目を出した。
e0033229_18451347.jpg


どうです?似ていませんか。

「よく似ているなぁ」と思いながら確信が持てないのが、花が違うのです。
本物の方は何とも言えない変な花が咲きます。でも、我が家に芽を出したそれは、そんな花は咲きません。


そんなことで一年も悩んで?来ました。

ところが、今日花に水を上げながらふと見ると・・・・・。
「あれぇぇ?この葉っぱどこかで見たようなはっぱだなぁ?」と思ったのが我が家に毎年咲くことは咲くのだが年々花が貧弱になっている、「旗竿桔梗」の鉢の中の葉っぱでした。

これが今日の休眠期の旗竿桔梗の葉っぱです。
e0033229_18583383.jpg


でも旗竿桔梗は花が咲くころになると葉っぱの形も大きさも、ふたば葵とは全く違う形になったしまいます。
これは今から10年余り前に我が家で咲いた、旗竿桔梗の傑作です。
つまらない葉っぱのことを考えているよりも、今から旗竿桔梗ん手入れをしっかりして、来年はこんな花を咲かせた方が賢い選択とと思う。
e0033229_19101319.jpg


だから、わが庭に芽を出したのは旗竿桔梗の種が飛んだ新芽で、三つ葉青いとは違う、と結論付けようとして、銀杏の幼木の鉢に芽を出した葉っぱの写真と旗竿桔梗の休眠期の葉っぱと見比べてみるとまた違うのです。
e0033229_1944457.jpg


結局一つだけ分かったことはわが庭に芽を出したのは、本物のふたば葵ではないという事だけだ。
だがそれが何であるかはまだわからない。

煮え切らない結論のよしおじさんでした。







by yo-shi2005 | 2018-08-08 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosihisa.exblog.jp/tb/27471531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

ファン

画像一覧