2018年 08月 09日

今はもう秋?

e0033229_1941791.jpg



 
暑さ故


立秋などは


 打ち忘れ


暦を見れば


既にもう秋


    よしa0290852_9551381.gif

  



もう立秋のころかな?、立秋はいつだったっけ?。
とカレンダーを見ると、なんと立秋は二日も前に過ぎていた。
・・・ということは、 〽今はー もうあきー なのだった。


先日、コリウスの花が咲き始めたとブログに載せたが、あまりにも一生懸命花を咲かせるコリウスを見て、つい、花としゃべってしまった。

「お前はいったい、何なんだ?」
「私はコリウスですよ」
「そうじゃねぇんだよ、葉っぱを見る植物なのか、それとも花を見る植物なのか、どっちなんだぃ」
「うん、それを言われるとちょっと返事に困るんだけど、本当は観葉植物なんだけど。この葉っぱの柄がどぎつくって好きじゃないっていう人がいるんだよ。だからそうゆう人には花を見てもらおうと思ってさ」
「そうゆうことだったのか、花も大変なんだな、頑張りなよ」

そのコリウスは紫蘇の仲間で花は紫蘇の花そっくりだが、梅と漬け込むのはやめた方がいいらしい。
e0033229_1923206.jpg




まだ日が高い時間に裏庭で、ひぃーひぃー言ってるやつがいた。
まだ蕾も出ない葵の木だ。
「こう暑くっちゃぁたまらないよぉ。水をチョウダイヨォ。熱中症になっちゃいそう」
この葉っぱはちょっと強い日差しに会うとすぐにこんな姿になる。
e0033229_19283733.jpg


「今やるよ!」
根元から葉っぱまでたっぷりかけてやった。1時間もすると、もうこんな元気になっていた。
e0033229_19302730.jpg


そして小さな声で言っているようだった。
「私も足元の緑の座布団が欲しいなぁ、でもまだ蕾が出ていないから欲しいなんて言えないし」

この子もやっぱりこんなのが欲しいらしい。
e0033229_19342576.jpg


「今ちょっと忙しいからあとで作ってやるよ。山へ苔を取りに行って来なくっちゃできないんだよ。2~3日待ってなよ」  葵ちゃんと約束しちゃった。



こんな江戸川柳があります。わかりますか?。

蚤の子は 親の敵と 爪を見る

今では蚤はあまり見かけなくなったが、昔我が家で飼っていた猫には蚤がいた。
e0033229_20235333.jpg今から40年くらい前の話。

仕事から帰ってくると猫を捕まえて仰向けに寝かせて、腹の毛の少ない所の蚤を取るのが楽しみの一つだった。

蚤を捕まえると右と左の親指の爪でポチッ、だから蚤の子供にしてみれば「あの爪が僕らのおっかさんを殺したんだ」と親の敵と思っていただろうという話。

夕方裏庭へ半ズボンでカメラを持って出て行った。
すると、「待ってました」とばかり蚊が脚に群がって来た。
それを、こばから(これは静岡弁で片っ端からの意味)ぴしゃ、ばしっ。多い時は一打ちで4匹も潰した。
始めのうちは蚊の死骸はそのまま地面に落としていたが、試しに手のひらに残してみた。
ぴしゃとやった振動で落ちてしまったりしたが、最後にこれだけ残った。

e0033229_19483350.jpg


これを見たら。ぼーふらはなんて言いながら俺の手のひらを見るだろうか?。

蚊になって あの手のひらを 刺してやる  ってか。

手のひらを刺されると、嫌な痒さですよ掻いても感じなくって痒いんです。
経験ありますか?。







by yo-shi2005 | 2018-08-09 20:05 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosihisa.exblog.jp/tb/27473118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

ファン

画像一覧