2016年 06月 20日 ( 1 )

2016年 06月 20日

皇帝ダリア危うし

e0033229_21243925.jpg

梅雨さなかだが、降るでもなし、照るでもない蒸し暑い日の昼下がりのこと。

外出から帰ってきて車を駐車場に入れて、運転席から片足出すと、私の心に、どこからか悲鳴が聞こえてきた。

「おやじさぁ~ん、たすけてよぉぉ、窒息しちゃうよぉ」

「なんだ、騒々しい、何事だ!」と車の横を見ると・・・・

騒いでいるのは皇帝ダリアの一番古株の紫だった。
見ると
e0033229_19161385.jpg

「親父さん、これじゃ僕死んじゃうよ!」

アケビの蔓が、皇帝ダリアの首に巻き付いているではないか。

「こら!アケビ!悪戯するんじゃねぇ!!」

なおも皇帝ダリア
「親父さん、早く何とかして、くるしいよぉ」
e0033229_19233410.jpg

「ちいっと待ってな、今ハサミとってくるからな」

こんだぁアケビが騒ぎ出した。
「親父さん!私の蔓切っちゃうつもりぃ?、やだよぉ」

「だってしょうがねぇだろう、皇帝ダリアが苦しがってるじゃねぇか。狭い庭なんだ、人に迷惑かけねぇようにしなくっちゃ駄目だ!」

ほら、今切ってやるよ。      これは合成写真です
e0033229_19265330.jpg


チョッキン、ちょきん・・・・・

「ほらこれでいいだろう」

「あぁよかった、助かったよ、さっぱりしたぁ」。
e0033229_1928392.jpg


近くでアケビの鳴き声が聞こえるよな気がした。

こんなことを一人で考えていると、蒸し暑さを忘れる 
そんなyo-shi2005でした。



by yo-shi2005 | 2016-06-20 20:05 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧