2018年 02月 17日 ( 1 )

2018年 02月 17日

もう一つの名物・静岡おでん

e0033229_17563511.jpg


これは我が家の壁にかけてあるカレンダーです。
ある大手銀行の担当者に特にお願いして持ってきてもらいました。お恥ずかしい話ですが預金はしていませんが、お願いしたら持ってきてくれました。
そんなことはどうでもいいのです
このカレンダー、先月末に一枚めくると・・・「わぁうまそうなおでんだぁ!」
おでんが静岡の名物としてイラストに描かれているのです
e0033229_18458.jpg


それからというもの毎日このカレンダーを見るたびに、「うまそうだなぁ、これで一杯やりてぇなぁ」と独り言を言っています。

私のふるさとでは、私が子どものころ、「おでん」というと、自家製のこんにゃくを短冊に切って縦に竹串を挿したものだけでした。それに、自家製のみそを少し甘くしたものを塗りつけていただきました。みそ田楽というやつです。(今はどうだか知りませんが)。

東京に出てきて間もなくのころ、私は未成年でしたから連れて行ってもらえませんでしたが、「今夜は屋台のおでんで一杯やるんだ」なんて先輩たちは楽しそうに話していました。
当時東京浅草橋の駅の近くにはたくさんの屋台が出ていました。

そのころそんな先輩たちの話を聞いて私は「こんにゃくだけでお酒を飲んだってうまくなんかないだろうになぁ」と思っていました、(おでんはこんにゃくだけだと思っていましたから)

しばらくして、涼しくなったころに会社の寮で寮母の叔母さんが、「今夜はおでんだから暖かいうちに食べな」と言ったので、「今日はこんにゃくだけのおかずかぁ」なんて内心がっかりしていましたが、食堂に行って見て驚きました。
ちくわやはんぺんそのほかいろいろなごちそうが美味しく煮てあったのでした。
「これがおでんていうのかぁ」と私は目からうろこ、口からよだれでした。

私の実家の方では当時はこのような魚のすり身の加工品は、何かのお祝い事の時に、サトイモ、にんじん、ごぼうなどの根菜類と一緒に煮て、「煮しめ」というごちそうとして客にふるまいました。


それから何年かして、静岡に移住しました。
友達に誘われて、おでんを食べに行ったのです。
東京の寮でいただいた、おでんを想像して行って見ると、お醤油がそのまま入っているような真っ黒な汁の中に竹串に挿した具材(たね)がいっぱい入っていてぐつぐつ煮えている。
こんな感じでした
e0033229_18312670.jpg


そのおでんを見てまたまたびっくりでした。なおびっくりしたのは、そのおでんに、「だしこ」と言って煮干しを粉末にしたのと青のりを混ぜたものをかけて食べるのです。
静岡の人は変なものを食うんだなぁ。と思いながら一口食ってみたら、もう一度びっくり。
「こりゃぁうめぇもんだねぇ、こんなの初めてだよ」
e0033229_1836531.jpg



これがいわゆる「静岡おでん」なのでした。おでん屋さんで希望する種をお皿に載せてだし粉とカラシを付けてもらって食べるのですが、その時煮汁はかけません。

最近はあまり見かけなくなりましたが、以前は、駄菓子屋のお店の隅におでんの鍋があって、子供たちが10円玉を握って食べに行きました。

倅が「お母さん〇〇屋でおでん食べてもいい?」妻は「いいよ、でもたくさん食べちゃダメだよ、晩御飯が食べられなくなっちゃうから」というのは小学校低学年の頃だけ。

だから高校の近くではおでん屋が繁盛した。

静岡市葵区の繁華街には「おでん横丁」というおでん屋さんだけの横丁がある。
青葉おでん横丁
e0033229_18493955.jpg


やっぱりおでんは静岡の名物なんだなぁとつくづく思う。

静岡のおでんが気になる方は・・・・
ここクリッをクリックすると専門のお店がいろいろ説明しています。



by yo-shi2005 | 2018-02-17 20:05 | | Trackback | Comments(4)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧