2018年 02月 20日 ( 1 )

2018年 02月 20日

紫蘭

e0033229_17435970.jpg


歳をとるとブログにも昔話が多くなってしまうが、今日も辛抱して読んでみてください。

e0033229_20531755.jpg


あれはもう20年以上も前の話だが、奈良県に住む私の姪(兄の娘)がお嫁に行くということで案内状が来た。
私は喜んで妻と二人で出席した。
式も披露宴も終わって、新婚旅行に送り出した後、私の兄弟の中で時間の都合のつく人は、兄貴ん家に集まって二次会。
そのとき兄の家の庭で、この紫蘭の花が咲いていた。

妻はそれを見て「私この花好きだよ、でもこんな大きい花を根っこを付けてもらっていくわけにいかないものね、静岡に帰ってからどこかで苗を買おう」と兄貴の前で私に話した。

兄は妻に「こんな花そこらへんに植えといたらなんぼでも増えるし、一番楽な花やで、そやけどこんなもん持って帰るん大変やで」と言っていた。

その日のうちに新幹線で家に帰って来た。

翌朝、「宅急便でーす」変な形の段ボールの包みが届いた。
「なんだろう何かわすれものでもしてきたのかなぁ?」。
開けてみると、根っこのついた紫蘭だった。

大きなプランターに早速植え付けた。

この花はその大きなプランターの紫蘭を植え替えた時に株分けしたもので、その後何度か植え替えて最後に植え替えてからもう5年程になり、根詰まりしたようでこの頃は花も少なくなってきていた。
e0033229_1831251.jpg


見ると、根詰まりしているようで、根っこが土から露出して見えるようになってしまった。そして、すでに今年の新芽も2cmほどに伸びてきてしまっている。

根っこの塊が露出してきた紫蘭
e0033229_1813927.jpg


この時期植え替えて大丈夫かなと躊躇したが、このままじゃどうせいい花は咲かないだろう、もしもこれが枯れても、大きいプランターがあるからいいや。と、一大決心(おおげさ)で植え替えることにした。
先日植え替えたハツユキカズラと同じように逆さにして、鉢の縁を打ち付けても出てこない。
伸び始めている新芽をつぶさないように、鉢の外からもトントンとやってようやく出て来た。
ハツユキカズラの時よりも太い根っこがびっしりだった、なるべく根鉢を崩さないように一回り大きな鉢に植え付けた。
e0033229_1895844.jpg


こんな時に植え替えて、紫蘭がへそを曲げて、花の時期に知らんふりしなければいいが。

・・・・・

こんなことをしているとき、後ろの棚で小さなかわいい声が
「オジチャーン、ワタシモモウウエカエテクレテモダイジョウブダヨォ」

それは先月末に日本桜草の小さな苗を買ってきたがあんまり小さすぎて、まだ根をいじるのが心配だってので、もう少し苗が育ってから、とそのままにしてあったのだった。
あの時の日本サクラソウの苗。
e0033229_18232699.jpg


あれから二十日余り、みるとだいぶ葉っぱが伸びてきていた。
「これなら大丈夫だろう」と植え替えた。
e0033229_18474477.jpg


この花は日本桜草の白が欲しいと思っていた時に、ホームセンターで名前に白の字が入っているのがあったので、買ってきたがタグの写真を見ると少しピンク色をしているように見える。
e0033229_18293080.jpg


ちょっぴり不安で、楽しみな花好きの よしおじさん でした。



by yo-shi2005 | 2018-02-20 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

ファン

画像一覧