2018年 05月 01日 ( 1 )

2018年 05月 01日

楽しんでる庭いじり

e0033229_196764.jpg


早いもので今日から5月です。ガーデニングには最適な季節ですね。


私の庭で、夏から秋口にかけて、毎年元気に花を咲かせてくれるのが「マンデビラ」だ。

これを二年に一度くらい植え替えてやると、喜んで、いい花をたくさん咲かせてくれる。
今年も3月2日にこのブログに掲載したように植え替えを行った。

このリンクをクリックしてちょっと見に行っていただけますか。この日の一番最後の一行がこれなのです。

この日、写真は撮ったのですが、ブログにはアップしなかった楽しみがあったのです。
それがこの写真です。3月2日に撮ったものですが、初公開の写真です。
e0033229_18255577.jpg


植え替えが終わって一段落したときに、剪定した枝を、鉢の隅に挿しておいたのです。
たとえ静岡は暖かい土地柄と言っても3月2日はまだ寒いです、まして今年は寒かったです。

こんなところにこんな時期に挿し木をして果たしてこれが発根するかどうか、こんなことが楽しみなのです。

今日水をやりながら見ると・・・・
私が気が付かない2か月の間に根付いてこんな大きな葉っぱが出ていました。
古いしっかりした方の枝が根付いたようです。

e0033229_18363871.jpg


これはこのまま置いて、大きくなり具合を見て、一年か2年したら冬に別の鉢に分けてあげる。
これが楽しいのです。

そして親木はというと、植え替えた時は、葉っぱは一枚もなく枯れ枝のような状態だったが、今はこの通り。
e0033229_18474031.jpg


マンデビラに限らず例えば

ゼラニュウムは何年かに一度新しい苗にしないと根が傷んで株が弱って来るのでこの方法で早めに苗を作っておくことは勧めです。
ゼラニュウムの例、右が親、左が子です。
e0033229_18492965.jpg


そして木瓜(ボケ)も簡単に根付きます。ただし木瓜の場合、枝によって色変わりの花が咲くとしたら、欲しい色の花の枝を挿さなくてはなりません。
木瓜の場合も
e0033229_1852419.jpg


菊もこの方法で育ちます。
去年花を楽しんだ菊の根から新しい茎がひょろひょろと伸びていると思いますがこの先端を摘み取って鉢の隅に挿しておけば、新しい苗が出来て、根が張って来たら植え替えてあげればいい花が咲きますよ。

但し、業者の方が苦労して作り出した草花はこんな方法で増やしても売買することは禁じられていますからご注意を。





by yo-shi2005 | 2018-05-01 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

検索

ファン

画像一覧