2018年 06月 10日 ( 1 )

2018年 06月 10日

庭の草花見たままに

e0033229_159916.jpg


〇 〇 〇

あの時は誰か見ていて、「あんなふうに自然の中の植物を盗んでいく人がいるから困るんだ」なんて言われやしないか心配だった。でもあの時のカエデがその後は踏みつけられるでもなく、乾燥で枯れるでもなくこんなに大きく育ちました。
e0033229_1532387.jpg


あの時根元に苔を付けてビニール袋に入れて来たときは大丈夫かなぁって心配したけどなぁ。
e0033229_15371346.jpg


その時の様子はこのページに書いてあるからよかったら見てください。
あの時、山でよく言い効かせてあるんで、おらぁ安心して、枝を剪定できる>

〇 〇 〇

「おらぁおめぇの近くを通るたびにそう思うけどお前大きくなって綺麗になったなぁ。
このあいだブログに載せた時より一段と大きくなって綺麗になった。

こんなのをべた褒めっていうのだと思うが、この多肉植物が、こんなにきれいになるとは知らなかった。こんなに褒められたのは多肉植物の「センペルビウム」だ。10日余りの間にまた一回り大きくなって綺麗になった。
e0033229_15172334.jpg


ちぃーっと褒めすぎたかなと思っていた時、すぐ横で聞いていた別の多肉植物が


「おやじさぁん、そんなにひとつばっか見てないでこっちも少しは見てちょうだいよ。
この頭の真ん中の、これ何かしら、葉っぱが増える芽なの?、それとも花芽?、それともたんこぶ?」
「あっ、ほんとだ、変なものが出てきてるなぁ、俺も多肉植物は去年が一年生だから、わかんねぇなぁ。
たんこぶかもしれないと言っているのは、この子”エケベリア”でした。
e0033229_1523385.jpg


見るとなるほど、何かあるけど、私は知らない、なにに変化していくか楽しみだ。

〇 〇 〇

二階のベランダから雑然とした、花置き場を見ていると青いものが目についた。よく見るとそれは、先日から蕾を膨らませていた桔梗が咲いたのだった。
e0033229_15431520.jpg

ぽつんと咲いている花を二階から眺めながら
「以前森町の桔梗寺へ行ったときはすごかったっけなぁ、あの時は花の数に圧倒されたけど」と思いながらたった一つの桔梗の花に見とれている自分が不思議だった。

そして花の近くに行って見ると。その花のすぐ足元であと一日二日で咲きそうに膨らんだ白花の桔梗が「残念!、後れを取った」と言わんばかりに、今にも降り出しそうな空をにらんでいた。
e0033229_15503592.jpg


あのこも、去年はよく咲いてくれたけど、今年は先を越されて悔しいだろうなぁ。

〇 〇 〇

ぎんなんを焼いて食べるときは封筒に入れて電子レンジでおよそ1分、中で爆ぜても袋を破る程の威力はないので安全だ。

全部食べずにいくつか残して、それをこの鉢に埋めておいた、5個埋めて、3本芽を出したがその後2本は枯れた。
残った一本は晩秋に黄葉し葉を落とし今年も新芽が吹いた。
鉢が小さいのか葉っぱの色が悪い。
e0033229_1625987.jpg


もう少し大きな鉢に植え替えてあげたいが、この鉢の中にはいろいろな植物が同居して居たり種を落としていると思われるので、やたら土を替ええるわけにはいかないのです。
よく見ると幹の右側の向こうに緑色にこんもりしているのが見えると思いますが、これは花の名前もわからないが、直径5mmほどんピンクの4弁の可愛い花の葉っぱなのです。その花がここで実を結んで種を鉢の中に落としているかもしれないのです。そして左側の雑草の生い茂ったところには名も知らない数種類の草がごちゃ混ぜに生えているのです。
これらが来年どんなふうに育っていくのかどんな花が咲くのか、それも楽しみの一つなのです。

だからこの鉢の中は「あちら立てればこちらが立たず」なのです、、、あージレンマ。




by yo-shi2005 | 2018-06-10 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧