2018年 06月 17日 ( 1 )

2018年 06月 17日

野の花



今日の話を書く前に面白い先人の知恵をひとつ。
昨日書いたタチアオイの話を読んだ小学校の同級生から電話があって「よしさん、こうゆう話知ってる?」。その話は・・・
「昨日のタチアオイの写真綺麗だったね。タチアオイって、梅雨明けを知らせる花だってこと知ってる?」
「知らないよ、どうやって知らせるの?」
「タチアオイってねぇ、一本茎があって、蕾がいっぱいついて、下から順々に咲くでしょう。あの花が一番上まで全部咲くと梅雨が明けるんだって」。
「へぇぇ、知らなかった。昨日教えてくれれば、タチアオイつづきでブログに書けたのに」

でも私も知らなかった話なので、ブログの読者の皆様と共有したいと思います。
e0033229_14405442.jpg


・・・・・・ここからが野の花の話です・・・・・・・・

早朝と言っても、この季節ですからお日様は高く上がっていました。
朝の空気が気持ちがよかったので、ちょっと出かけたついでに、近所の安倍川の堤防のあたりを歩いてみました。胸ポケットに入るような小さなデジカメをもって。写真を撮りながら。

最初に目についたのが、よく、月見草と間違えられる大待宵草。もっと大きいのもありますがこれは小さな花でした。
『富士には月見草がよく似合う」と言われたのはこの花のことだったようです。
e0033229_14463034.jpg



このあさがおよーく見るとなかなかの美形です。
元はいいとこのお嬢さんだったのだが、親との折り合いが悪く家を飛び出して野生化してしまってくさむらの野草になったのでは。 
「人間と一緒にしないでよ!」なんて言われそう。
e0033229_14505248.jpg



これは「ムラサキツユクサ」っていうんだよ。と教えると「これ違うじゃん、紫はこんな色じゃないよ」と言われるんで「そんなに理屈っぽいことばっか言ってると”よしおじさん”みたいな大人になっちゃうぞ」子供は私の顔をジィっと見つめてた。
e0033229_1455590.jpg



この花の実をつぶすと真っ白な粉が出てくる。だからこの花は「オシロイバナ」って言うんだよ。と教えると。女の子は「それじゃぁこれはファンデーションフラワーだね」。
この頃は子供と話すにも英語を知らないと・・・・。
e0033229_1459186.jpg



知らない人は、「綺麗な花だね」と褒めてくれる。
何年か前に私はこの花の種を採取して育てて花を咲かせて表庭においたことがあった。
褒めてもらったこの花は、栽培禁止植物・オオキンケイギクなのですが。
e0033229_1521488.jpg



元は学校で夏休み前に宿題で、先生から苗を貰って、一生懸命育て、その時実った実の一つが、鉢の中の残土と一緒に安倍川の土手に捨てられた。
「わたしねぇ、植木鉢なんかなくったって花を咲かせられますよ」と言ったかどうか。
e0033229_1595634.jpg


ここは道路一つ隔てて住宅が立ち並んでいます、園芸植物が捨てられて野生化したものが大部分でした。
まだ写真は数枚残っていますが本日はこれくらいで・・・・。




by yo-shi2005 | 2018-06-17 20:05 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧