2018年 09月 07日 ( 1 )

2018年 09月 07日

あの寒さに耐えた・ハイビスカス

e0033229_17452735.jpg


昨年のわが庭には、赤、黄色、ピンク、オレンジといろいろあ色のハイビスカスが咲いて楽しませてくれた。

しかしあの冬の寒さは尋常なものではなかった、その上、こんな年に限って、ハイビスカスを添い寝をしなかった。その反省から、今年はハイビすkすの苗は日膣も買わなかった。

その結果6鉢ほどあったハイビスカスは屋外で寒さのために全部枯れた。・・・と思っていが、5月も末のころ、ふと見ると、枯れたと思っていたハイビスカスの枝から、緑色の新芽が出ていた。

「おぉ、生き残っていてくれたか」と喜んで、早速肥料をやり水もたっぷりと上げて、「蝶よ花よ」なんて程大事にはしなかったが・・・・

そして9月になって枝先につぼみがひとつ出て来た。
すると待ってましたとばかりアブラムシがついて、樹液を吸い始めた。

これは大変と、アブラムシによく効くオルトランを1000円も出して買って来た。
お陰で虫は退治出来て、今朝
いつものようにカーテンを開けて、花の棚を見ると、昔、学校で習った「叢中紅一点」とはこういうのを言うのか、と思うように、緑の葉っぱの中に真っ赤な花がひとつだけぱっと咲いていた。

あの風景を写真に撮っておけばよかったが、喜びのあまり、場所を変えてしまった。
e0033229_1812414.jpg



今年はわが庭ではハイビスカスは見られないと一度は諦めた花だ。

「近こう寄って、しかと見よ」ってなことでもう少しアップ
e0033229_1815429.jpg



ところが、ほかの枝を見ても蕾らしいものが見当たらない。
これが最初で最後の花って言う事になるのかなぁ・・・・・。


昨日倒れた皇帝ダリアの下から出て来た、ルリマツリは、ちょっと手入れをしてやったら、もう花を咲かせたそうに蕾の元みたいなものが見えて来た。

e0033229_18204858.jpg


これを見ているので、早く同じように花を咲かせたいのだろう。
もう一つのルリマツリは二度目の花がこんなに咲いた、
e0033229_18221167.jpg



このチビちゃんだって、同じところに置いて同じように世話していたらこんな花を咲かせていただろうになぁ

  「みんなおいらがわるいんだ、ほんとにごめんよ、かんべんな」。


別の話になりますが・・・・

北海道で大地震がありました。

被害も甚大だったようです、お亡くなりになられた方の「ご冥福をお祈りしますとともに被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。









by yo-shi2005 | 2018-09-07 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧