2018年 09月 10日 ( 1 )

2018年 09月 10日

水の備蓄を

e0033229_17593765.jpg


私がまだ学齢前の小さな子供だったころ、夕方野良仕事から帰って来た祖父は、夕食の支度をしている母に
「おい、わりぃけど、出がらしでいいからいっぱいのましてくれやぁ」とお茶をねだった。
近くで見ていた私は
「もうすぐ夕飯だからちぃっと待ってりゃぁいいじゃんかぁ」と言った。
すると、祖父は
「昔っからなぁ、腹が減った時は茶腹も一時っつってなぁ、それで一時我慢できるもんなんだ」

意味も解らなかった私は「ふーん、そうなんかい」と言っておいた。

水やお茶で長い時間空腹を満たすことはできないが、水がなくては命さえも危なくなる。

今回の北海道の震災でも、水を求める人たちの行列が、報道されていた。


本日の地方紙の夕刊のこんな記事が目についた。

静岡新聞本日夕刊一部分切り抜き
e0033229_18103778.jpg


日本気象協会のアンケート調査の話だが・・・・

一般的に人はひとり一日3リットルの水が必要だ、その必要量を備蓄していた人はおよそ20%に過ぎなかったということだ。

私は災害に備えて、飲料水を備蓄している。
e0033229_18172979.jpg


1.5リットルのペットボトルを2本入れた段ボールを食卓の下に12箱並べてある。

e0033229_18192516.jpg


これは井戸水で、長く置けば腐って来る、そこで1っか月に一度くらいの頻度で、ボトルの中もゆすいで水を入れ替えている。


この記事を読んで「俺は大丈夫だ」と思ったわけではない。

災害というのはどんな形で襲い掛かるかわからない。
最悪、家がつぶれたり、焼けたりしてしまったら、こんな水は一滴も飲めないかも知れない。

それでもできるだけのことはしておきたいと、こんなことをしている。

最近こんなものも買ってみた。
e0033229_18282222.jpg


缶詰類やカロリーメイトみたいなものも買い足して「ローリングッストック」を心がけたいと思っている

独居老人のよしおじさんでした。







by yo-shi2005 | 2018-09-10 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧