2018年 10月 08日 ( 1 )

2018年 10月 08日

群馬の旅で見た滝.

e0033229_18395488.jpg


最初の日程を一日伸ばして、遊んできた先日の群馬の旅。
滝を全くに内で帰って来る筈もなく、滝も観てきました。

今回見て来た滝を順を追って紹介します。

山梨県から長野県を通って群馬県に入りました、途中にも滝は沢山ありますが、今回は通過。

まず最初に御射鹿池(これは滝ではないので今回はスルー)の近くの滝に行きました。
地図で見ると道路のすぐ近くにあるから、楽に行けるのだろうなんて考えていったが、道路から入るルートはなく、ある旅館の敷地内のようなところを通って、まずは、名前だけ優し気な、豪快な滝。

乙女の滝
e0033229_18472545.jpg


私が行ったときほかの見物客もいましたが、その人たちも言っていました。
「すごい豪快な乙女だなぁ」
実はこの滝、農業用水用の堰の残り水をここに流している人工滝なのだそうです。
その説明を見て「なぁんだつまんねぇ」。


この近くに地図上では道路わきにあるように書いてある滝があったのですが、実は平面の地図上では道路から近くっても滝のあるところと道路の高低差があって、道路からは行く道がない。
そこでこの乙女滝から山の中を40分ほど歩いて行かなくてはならないと聞いて・・・・しました。


この滝のその近くにあったのですが別ルートで行けたので、行って見ました。

山の中の寂しい所にある滝でした。
e0033229_18545613.jpg


こころがしんみりするような静かな滝です。

その日は、茅野市で泊ることにして、宿で貰った、観光地図に、私の聞いたこともない滝があった。
明日はここへ行って見よう、群馬に行く通り道だ。

ということでナビの案内で現地について、無料駐車場に車を入れて、最近では珍しいほどの距離の坂道を歩いて、行ったのが、蓼科大滝。

e0033229_1921424.jpg


蓼科大滝の右岸側に
水しぶきに木洩れ日が当たって・・・・私が表現するより画像をご覧ください
e0033229_19231160.jpg



このころすでに焦り始めていた、早くいかないと八ッ場ダムの見学に時間が危ない。

このあたりは地形の関係なのか、それとも台風の直後だったせいなのか道端に名もないこんな伏流瀑がたくさんありました。
伏流瀑というんは地下水が山の斜面から湧き出してすぐに滝になって落ちる滝です。
それほど大きな滝ではありませんが、私の眼は楽しんでいました。
無名の伏流瀑

e0033229_19244612.jpg


こんな滝をいくつか見ながら走っていくと、ちょっと目についた看板
たますだれの滝と書いてある。駐車場に車を入れて遊歩道のつり橋を渡るとそこに四阿(四本柱に屋根がついた小屋)があって10人ほどの女性が休んでいた。

「もう滝に行って来たの?」
「いえ、まだです」
「ここの滝どんな滝?大きいの?」
「私たちまで行ってないのでわかりませんが、あそこに案内人さんがいますから、聞いてみてください」

案内人に声をかけると、とても親切な人で、
「情緒のある滝ですよ、ちょっとここへきてあちらを見てください、あれです」

そして少し坂道を登って撮ったのがこの写真
e0033229_1935415.jpg


止んがダムに着く前に、河岸段丘のぜっぱ木から落ちる、瀬戸の滝の近くを通り、その先ヤンバダムのすぐ地下にあって、ダムが貯水をすると、下の方が水没する不動の滝も観たが、これは以前に紹介したのでここでは省略します。

こうして滝を楽しみながら、八ッ場ダムの工事現場の近くに着いたが、現場見学のツアーは11時出発、私が付いたのは11時5分だった。

今は予約なしの自由参加ということだったが、時間の縛りがあるとは考えなかった。

滝を見たからいいか・・・・・。過ぎたことの諦めは早い。

このあと2日ほど群馬にいたが滝を見る時間の余裕はなかった。

次回は滝を見に行く計画の胸を膨らませるよしおじさんでした。



by yo-shi2005 | 2018-10-08 20:05 | | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧