2018年 11月 01日 ( 1 )

2018年 11月 01日

懐かしい「ねじばな」の苗

e0033229_17582746.jpg


生活協同組合のカタログが、商品の配達と同時に毎週木曜日に届けられる。

先週の方ラグをめくっていると、懐かしい花に間が止まった。
カタログ切抜
e0033229_1812066.jpg



いまから10年余り前、2006年から2008年ころには、その季節(梅雨終盤)になるとこの花に夢中になっていた。静岡市内を流れる安倍川の千代(葵区千代=せんだい)あたりから上流の川の土手や、普段水が流れない河川敷には、よくこの花が咲いていた。

それを根から掘ってきて、こんな風に作って楽しんだ。
これは2007年の当ブログより。
e0033229_1871798.jpg


余談だが2009年からは滝に憑りつかれたのでそれどころではなくなってしまった。

ところで、そのカタログを見て「安倍川の河川敷に自生しているような花にしてはちょっと高いな」なんて思いながら指先の方は注文シートにシルシを付けていた。

それが、今日、食材と一緒に届けられた。

草の根っこだけだからこんな状態。
e0033229_18122199.jpg


開けて見ると
植え付けの説明書と、ビニール袋
e0033229_1813371.jpg


「届いたら、すぐに植え付けてください」と書いてあるがまだ植え付けてない。

「芽が出てきたら10年前のようにこしらえてやろう」

「そうだ梅雨のころになったら、また安倍川へ行って見よう、まだあるかもしれない」

また楽しみが増えちゃった。

・・・・・・・

ねじばなは別名「もじずり」と言う。
万葉集にはこのように歌われている。

みちのくの しのぶもじずり 誰ゆゑに
乱れそめにし われならなくに    川原の左大臣

歌の解釈は
“陸奥の国にある染め物の「しのぶもじずり」の乱れ模様のように私の心は乱れています。このようになったのは誰のせいでしょうか。私が心乱れているのは、みんなあなたのせいですよ”


ちなみに、私はこんなに単純に詠んだ

愛らしき  花は咲かせど もじずりの
     ねじれし芯の  癖はなおらじ 2006年6月11日 よし




。          
by yo-shi2005 | 2018-11-01 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧