2018年 11月 05日 ( 1 )

2018年 11月 05日

猫の額に秋が来た

e0033229_17451196.jpg


真っ赤に紅葉していたコキアも茶色になってその生涯を終えた。
e0033229_187827.jpg


いつだったか、ホームセンターで、ドーム菊がだめだったから代わりにポンポン菊にしようと二つほど買ってみた。

何も知らずにあまり大きくない鉢に植えて置いたら、背が伸びるのびる。その草丈は1メートルを超えてしまった。

そうなると安定がなくなって、ちょっとした風が吹いてもすぐこける。
台風の時は一番にこけた、
「まだ風が吹くからいましばらく寝かせておこう」なんてそのまま置いたら首が曲がってしまった。
気が付いて起こしたが間に合わず、首の曲がった菊が出来た。
それでも可愛い花が咲いた。

友達にそんな話をしたら、
「そうゆう菊はある程度伸びた時にちょん切ってやると脇から芽が出て、花の数が多くなるよ」と教えてくれた。

・・・来年はそうしよう。
ポンポン菊一号
e0033229_18155422.jpg


一緒に買ったのだが、これの方が花がかわいいので一号にした。

ポンポン菊二号は
e0033229_1817737.jpg


写真では大きな花に見えるが一号、二号とも実際は花の直径が3~4センチくらいです。


・・・・・

ありがとうというラベルがついて売られていた、ルリマツリの苗を買ったのは去年のことだった。

まだラベルはそのまま付けてある
e0033229_1837749.jpg


そして去年も花は咲いたが、どんな管理をしてあげたか覚えていない。
その時二鉢買ったが、一つは目につくところに、そしてもう一つは邪魔だったので奥の方に押し込んでしまった。
そして一つは春先に枝が伸びたので行灯造りにしてあげて、花が終わるとすぐに花柄を剪定してやって、肥料もあげたら、今年三回目の花が今咲いている。

ルリマツリ一号の今年三回目の花
e0033229_18231175.jpg


前にもこのブログに書いたが、あの時・・・
「あれぇ、確か二つあったんだけど、もう一つは何処へ行ってしまったんだろう??」なんて思っていたら、枯死寸前の状態で見つかった。
「ホントニゴメンヨ、かんべんな」なんて言いながら手入れをしたら、その「ルリマツリ二号」がつぼみを付けて、花が咲き始めた。
e0033229_18265437.jpg


「来年は大きな鉢に植え替えて、行灯造りにしてやるから、がんばれよ」と言い聞かせながらルリマツリと二人で頑張っている秋の庭での話でした。

明日は、ほかに急ぐネタがなければ、この花の話題です。
e0033229_18455425.jpg

ガウラ(別名 白蝶草)






by yo-shi2005 | 2018-11-05 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧