2018年 11月 06日 ( 1 )

2018年 11月 06日

花に呼ばれて気が付いた気がする花

e0033229_1828451.jpg


先日山梨県に行ったとき、お友達と会った話は書きましたが、その時話を済ませて、いただく花苗は頂いて、
「長居をしちゃったけど、先を急ぐんで」と言って車に乗ってエンジンをかけて車の向きを変えて走り出そうとしたとき、誰かが呼んだような気がして、「あれ??」奥さんは左側の後ろにいるし、誰が・・・と右を向くと、あら不思議。
そのお宅の敷地の隅に
e0033229_18322986.jpg


この花があるのは全く気が付かなかった。でもこの子が呼んだ気がした。


このは花は、先月初めに、群馬県に行ったとき、中学の恩師のお宅の近くの空き地に車を置いたすぐ前に咲いていた花で、あの時、「可愛い花だ、欲しいな」と思ったがたとえ空き地でも、人様の土地にある花を勝手に持ってくるわけにはいかず、一緒にいた友達に
「これなんて花?」と訊くと「知らないけど可愛い花だね」といい、欲しそうな顔をしていたが、そのまま諦めたようだった。

帰宅後にネットで探したが見つからなかった。でも忘れられなかった。

空耳(そらみみ)で呼ばれた方を向いたら、目の前にその花が咲いていたのです。

彼女に「ねぇ、これなんて花、これお宅の花だよねぇ、お宅の敷地の中だから」
「そう、うちの花だけど、花の名前は忘れちゃった」
「俺この花欲しいと思っていたんだけどさぁ、脇芽か何か掘ることできない?」

よく見ると電柱と道路の隙間の狭い所に咲いていた。
「これは無理かな?」

大きくなるとこんな風になる。
e0033229_18465432.jpg


ネットで探しても見つからないはずだ。花びらが5枚だと思っていたがよく見ると4枚しかない。

花びらが四枚だから、しろいはなが一輪だけ咲いた状態だと白い蝶が飛んでいるように見える、

だからこの花の名前は「はくちょうそう、またはシロチョウソウ」というのだそうだ

e0033229_1928173.jpg


その後奥さんはメールで花の名前を教えてくれた。
この花は「ガウラ」と言い、和名は「白蝶草」と書いてハクチョウソウとかしろちょうくさ」というのだそうだ。


奥さんは「小さいのでよければ一つあるから上げますよ」
私は欲しかったので、遠慮することなくいただいてきた。

でも、土の硬い所に植えてあったので、奥さんが小さなシャベルでカチガチやってもなかなか掘れない。そのうち苗を引っ張ったので・・・・「根が切れちゃうよ」というと同時に「ぽきっ!」根が途中で切れちゃった。

「大丈夫かしら」「どうだかわからないけど、そこら辺の小さな鉢に土を少し入れてやって」と言って、いただいてきた。

土が乾いていたので、帰りがけにペットボトルの飲み残しのお茶を少しかけてあげた。

帰宅して玄関に上げたが、これだけは別扱い。

e0033229_8393673.jpg


そして朝になってほかの花たちは全部植え替えたがこれだけは、根がないからそっとそのまま土だけ少し増やしておいた。

今日見ると、少し出ていた緑の葉っぱも萎れることもなく元気のようだ。
この小さな葉っぱが元気な間はまだ枯れていない。そしてこの葉っぱが大きくなり始めれば、もう大丈夫だ。
e0033229_1995990.jpg


果たしてどうなりますやら?。






by yo-shi2005 | 2018-11-06 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧