2018年 11月 13日 ( 1 )

2018年 11月 13日

小待宵草(コマツヨイグサ)日記

e0033229_19535223.jpg


今年の八月末にその花と出会い…と言ってもこの花の場合は花苗店でもホームセンターでもありません。道端の荒れ地です。

そして10月頃からこのブログにもなんどか記事として登場しました。
「小待宵草(こまつよいぐさ)」のことで、今日夕方近くになって、これまで全く知らなかったことを見つけたので、嬉しさのあまり、この花との出会いから書きます。


そもそもこの花との出会いは、暑い夏の8月29日の夜のウオーキングの帰り道、街灯の光も届かない道端に何か花が咲いているのを発見して、カメラはなかったがスマホはあったのでとりあえず写真に撮って来たのでした

スマホの扱いはあんまり得意ではないのでこんな写真になりました。
e0033229_1981726.jpg



この夏は暑かったですね、その暑さもそろそろ忘れるころ10月17日のことでした
「あの花可愛い花だったけどなんて言う花なのかなぁ」と思い夜になって
まだ咲いているその空き地に見に行ったのです、そして、地面を這うように伸びている幹というか茎というか、一掴みいただいて来ました(無断で)。
そしてこれの花を小さな紙コップに挿してみました。
e0033229_19144869.jpg


やっぱり可愛い花でした。私の庭で咲く真っ白な月見草にどこか似ていますが色は全く違います。

一輪だけの写真を撮って、ネットで検索に出しました。


そして小さな紙コップに4本ほど挿した時の花は翌朝にはしおれていました。やっぱり一日花でした。
でもそこについていた蕾は次々と咲いて楽しませてくれました。

そんな時、花の名前検索サイトから返事が来ました。
この花の名前は「マツヨイグサ」だそうです。
スマホの画面拡大
e0033229_19255785.jpg


ちゃむさんその時はありがとうございました。

この花を何とか私の庭で咲かせたいと思い、先日一掴み頂いて来た中から、種らしいものをふるい落として、紙パックに播いてみました、(10/20)

すると半月ほどでこんなに芽が出ました。

11/4の写真
e0033229_2024511.jpg


「よし、これを育てて、植えれば、いいだろう」と楽しみにしていた。

そんなころに、ネットで、この花は待宵草ではなく、小待宵草であると知った。

何日かして紙コップの中を見ると・・・・なんと小さな二葉が2本ほどあるだけ、あとは何もなくなっていた、枯れたか、毛虫か野鳥か犯人は解らない。がっかりだった。

「またあそこへ種だけいただきに行こう」と思っていた。

そして、今日、最初に紙コップに生けて花を楽しんで、花が咲かなくなったのでほったらかしてあった、紙コップの中の小待宵草の葉っぱ、がやけに元気なのに気が付いた。
e0033229_1940959.jpg


紙コップから引き抜いてみると・・・・・なんと、水の中で根を出していた。
これは嬉しい大発見でした。

e0033229_1942357.jpg


早速、挿し木用の土に植え付けてやった。これが育ってくれたら万々歳だ。

根の下の部分は、一部腐りかけていたので切り捨て、穂先も上に伸ばすよりも根に養分を与えたいので少しちょん切った

11月13日 植え付けた
e0033229_19441757.jpg


水の中で育ってきた根が、この土に馴染んでくれるかどうか、そして何よりも心配なのはこれから向かう冬の寒さだ、
暖かいところに置いてあげて、あとは祈るだけ。

南無妙法蓮華経…うちは日蓮宗のお寺さんの檀家なんで・・・・。





by yo-shi2005 | 2018-11-13 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

検索

ファン

画像一覧