カテゴリ:花日記( 1104 )

2017年 11月 29日

ネリネとバーシーカラー

e0033229_18121922.jpg


一生懸命仕事をして、お昼になったので仕事場から出てくると待ち構えたように誰かが呼んでいるような気がした。

先日ブログにアップから外された、かわいらしい花が呼んでいるようだ。

「ねぇ、おやじさん。今日はこんなに咲いたからブログネタのしてくれるでしょう?」
「うん、だいぶ咲いてきたなぁ、でもまだ花が少くねぇなぁ」
「やだぁ、そんなこと言わないっこしてよぉ、これでも精いっぱい咲いているんだからさぁ」

あれ??花も静岡にいると静岡弁になるようだ(笑)

「よしよし、それじゃ写真を撮っとこう」

・・・と言うことで、撮った写真がこれ
オキザリス・バーシーカラー
e0033229_18215169.jpg


この花としては、これでは花の数が少ない。
あと一か月もすればこんなになる。これは今年のお正月に撮った写真。
e0033229_18234333.jpg


まっ、可愛い花だからいいか。

。。。。。。。。。。。。

わが庭にはネリネ(別名・ダイヤモンドリリー)が二種類あります。
両方とも頂き物なので品種名は解らなかったが今日調べました。
丁度一週間前に一度アップしたのが、我が家の二種類の中では早咲きの方でこれの名前が

ウインズラータ・ロゼアと言うのだそうです。6個の球根が植えてありますがそのうち5本花茎が伸びて次々と花が咲きましたが今日やっと最後の花が開きました。

ウインズラータ・ロゼア
e0033229_18475438.jpg



もう一つのネリネはウインズラータ・ロゼアより少し遅れて花が咲きます、花の色は薄いピンクでなんだかよわよわしい感じです。
これの名前は ネリネ・クリスパ と言うようです。

ネリネ・クリスパ  写真のバックがごちゃごちゃしていて花が見づらいですね。
e0033229_18554837.jpg


花の部分を拡大します。
e0033229_18591719.jpg


一輪だけで見ると
e0033229_1921595.jpg


ネリネと言うのは、一つの球根から一本の花茎が伸びて、そこにに一輪の花が咲きますがその一輪の花の中に沢山の花がつきます。

手のかからない植物で、手をかけると花が咲きにくくなります(笑)。
球根が分球して増えます。種も採れて、実生苗もできるようですが、播いてから花が咲くまでに数年かかるようです。

球根の植物なので花が終わった後は花茎を根元から切りますがやはり葉っぱはそのまま自然に枯れるまで置きます、できれば日の当たるところに。
その時葉っぱが鉢の縁にだらぁっと垂れないようリングの支柱を立てます。これは私流ですが。
上の写真もリングを二個つけて上のリングは花茎のために下のリングは葉っぱのためです。

これでも手がかからないと言えるのでしょうか???。




                      ・
by yo-shi2005 | 2017-11-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 22日

時雨と花と

e0033229_1814229.jpg


この時期としての静岡は三十何年ぶりの寒さだそうだ。

それに雨も降ったりやんだりしていた。こんな雨を「時雨」というのだろうか。

時雨というのは通り雨だともいうが、家の中から窓越しに振ったりやんだりしている雨を見たのではその雨が降る場所を移動しているかどうかはわからない。

そんな理屈はどうでもいいとして・・・・。

お隣の奥さんが褒めてくれた花。この花ももっと開いてもいいころなのだが冷たい雨にたたられてなかなか開かない。
でも、「綺麗な花だねぇ、いい色の花だねぇ、これがダイヤモンドリリーって言うんでしょう、これお日様が当たるとダイヤモンドみたいに輝くんだって」
この奥さんも花のことは本で勉強しているようで詳しい。

そんなに褒められたら、歌をくっつけたくなって、下手な歌を詠んだ。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)
e0033229_191663.jpg


。。。。。。。。

時々このブログに登場する私の仕事のサポーターのおばさんの家に何日かぶりに行った。

するとおばさんは「ねぇこれ見て、こんな小さいのにつぼみがこんなに大きくなって、私一人で見て、褒めてやっていたんだよ」

昨年私がこのお宅の砂利の庭にこの種を勝手に蒔いた八重咲の鳳仙花だが今年もよく咲いて、種が落ちて、気の早い種はもう芽が出ていた。
半月ほど前におばさんに
「もう寒くなるからこの芽には花は無理だよ、きっと」と言っておいた。
それが見事に私の予想を裏切ってくれて、おばさん大喜びだった。
e0033229_18341836.jpg



。。。。。。。

何処からか風に乗って飛んできて我が家の庭の隅っこに芽を出して花を咲かせたのが去年の夏のこと。そんな高砂百合が数本あった、寒いころに、それらの球根を一か所に集めて、花を咲かせた、いい花が咲いてくれた。
その時の画像(2017.08.09撮影)高砂百合
e0033229_184476.jpg


そしてその時の花が終わって種が出来た。
種も採ってみようと一つだけ種の鞘を付けておいたのが実って口を開けた。
ほっておけばこれが風に飛んでどこかで芽を出すのだろうが
e0033229_18465755.jpg


一応収穫した、どこか邪魔にならないところに播いてみようと思う。




                           ・
by yo-shi2005 | 2017-11-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2017年 11月 20日

夜香木(知らなかった)

e0033229_18401064.jpg


先日このブログに・・・・
お向かいのお宅から預かった鉢植えの夜来香(イエライシャン)に花が咲いた。
と紹介したが・・・・これは間違いでした。

その時の花
e0033229_1758538.jpg


今日、その花の後を見ると小さな果実のようなものが残っていた。

何も知らずにブログに書いていた私は「花が咲いたから受粉して実がなったのだろう」と思っていた。

今日見つけた果実
e0033229_17591944.jpg


でも、そのままにしておかないのが、理屈屋の私の長所というか短所というか、どんな実になるんだろうと早速検索・・・

すると、目からうろこ

この花は夜来香ではなかったのだ、
名前も似ていて同じように夜になると香りを放つところは似ているのだが、夜来香は花が黄色でもう少し大きい。

これは全く別の植物で茄子科の…中国読みは何と言うかわからないが、漢字は「香来木」と書き英名はナイトジャスミンというのだそうだ。

そして調べていくと、この香来木には小さな実がなるのだそうだ。
私の写真と同じような実だが、最初緑色の実は冬を越すころには白くなり中に黒ゴマのような種子ができる。
e0033229_18172094.jpg


その種を蒔いてもよいし、挿し木で増やすことが出来る。挿し木苗は一年たつと花が咲くようだ。
但しこれは暖地でのはなし。

これによく似た仲間の植物に、これよりも葉っぱが少し肉厚な種類があり、それは厚葉香来木と言い果実はもっと大きくなるとか。

私は先日花が咲いたときに初めて知った植物で花も初めて見た、だが調べてみたら名前は違うし、種が出来て未詳苗でも花が咲く、それに挿し木もできると聞いて、「目からうろこ」の感じだった。


来年暖かくなったら枝を貰って挿し木してみようと思う。

。。。。。。。


終わりに今日の富士山。だいぶ雪が多くなってきた。今度平地で雨が降ればもっときれいな雪化粧になるだろう。噴火しているわけではありません。富士山にはいろいろな形の雲が出来ます。
e0033229_18521739.jpg






by yo-shi2005 | 2017-11-20 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 17日

何を基準に花苗を選ぶ

e0033229_17532025.jpg


秋明菊

10月の末のことだった。
「秋明菊の白が可愛いよ」と聞かされてそれを見にホームセンターに行って見た。

その時一つ白を買ってきたがまだ咲かない。もう秋明菊の咲く季節は終わってしまうのに・・・。

その苗の横に蕾がいっぱいついた、苗というには大きすぎるような秋明菊があった。

ざっと数えて12~3個はあった。
色はピンクだった。

「これなら間違いなく咲くだろう」とそれも買って来た。
その日の画像一つ108円
e0033229_17595927.jpg


それがここ何日かで三輪ほど咲いた。まだまだ咲くと思う。
e0033229_1822488.jpg


勿忘草

勿忘草の種が欲しいと言って、お友達から送っていただいて、播いた。
新しい種で発芽の成績もよかったが、まだ小さい。ようやく本場が出たところだ。

だがそれには白の種がなかった、この時期どうかすると白の苗がホームセンターに出ていることがある。淡い期待を持ってホームセンターに行って見た。

すると白はなかったがブルーはもう花が咲き始めたのが売られていた。
うちで蒔いたのが花が咲くまでのつなぎにしようと買って来た。
まだ入荷して間もないようで苗も元気だった。株の大きそうなのをひとつ、
e0033229_18104554.jpg


そして花茎が伸びていて花がたくさんついているのをひとつ買って来た。
e0033229_18114698.jpg


今日の富士山

夕方近くに出かけた。走りながら見た富士山が、何となく幻想的に見えた。
(それは気のせいかもしれないが)
どんなに綺麗な富士山でも走りながら撮るわけにはいかない。
いつもと違う場所(少し上流)だが安倍川の右岸の堤防道路で車を止めて一枚撮った。
e0033229_18163436.jpg


これからの季節、私が「いいな」と思った富士山を時々アップします。
日ごろ富士山を観られない地方の方にプレゼントです。
画像はご自由にお使いください。






by yo-shi2005 | 2017-11-17 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 15日

わが庭のいろいろ

e0033229_1875215.jpg


ハヤトウリ

今年もハヤトウリが実った。
昨年までは、裏隣のお宅との境目の塀のすぐ下に植えてあったので、やたら塀を乗り越えて裏隣のお宅に行きたがっていたので、今年の春に新しい苗を作って別のところに植え付けた。

一番最初に見つけた雌花が実ったのかどうかはわからないがあの近くで実っていた。
e0033229_1813582.jpg


さて、これをどうして食べようか???。

。。。。。。。。。。。。

ネリネ(ダイヤモンドリリー)

ダイヤモンドリリーがとりあえず一輪だけ咲いた。ほかの蕾も赤くなっているので、間もなく咲くと思う。
e0033229_18155354.jpg


ダイヤモンドリリーというがどう光を当てても光らない。

。。。。。。。。。。。。

シュウメイギク(秋明菊)

ホームセンターでつぼみがたくさんついているシュウメイギクを見つけた。ラベルの写真を見ると、ピンク色の花だった。
「こんな花がいっぱい咲いたら綺麗だろうなぁ」と思いながら買って来た。
とりあえず2輪咲いた。
e0033229_18193591.jpg


この苗と一緒に白い花の秋明菊を買ったが、変なつぼみが出ている。
もう少し様子を見て居よう。

。。。。。。。。。。。。

菊の突然変異

苗を買ってきて一度綺麗に咲いたピンクの花の菊、花殻をきれいに積んで置いたら・・・・今日見ると、根元近くに綺麗な花が咲いている。
ちょっと変わった綺麗な花
e0033229_18231153.jpg


同じ株で今から咲こうとしている蕾はもっと濃いピンクだ
e0033229_18241273.jpg


だからこの白い花は突然変異かもしれない、だとしたら、この枝を覚えておいて春になったらこの枝を挿し木すれば、この白い花が咲くかもしれない。そうしたら、私のオリジナルとして売り出せるかな
・・・・夢じゃ、儚い夢でござるぅ・・・・。

でもマジな話、花の新種なんてのはこうしてできるものが多いのだとか・・・。





by yo-shi2005 | 2017-11-15 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 13日

咲き始める花・もうおしまいの花

e0033229_18344832.jpg


ネリネ(ダイヤモンドリリー)

今年の彼岸花は全くダメでした。
彼岸花によく似たネリネ(別名ダイヤモンドリリー)が咲き始めました。
我が家にはネリネが2種類あって、少し色が濃いほうがちょっとだけ早く咲きます。
そのちょっとだけ早い方の花が開き始めました。
e0033229_18385690.jpg


もっとよく咲いたらもう一度アップします。

。。。。。。。。。。

山茶花

つい先日花が3~4輪咲き始めた山茶花が、今では咲き乱れています。
e0033229_18412096.jpg


。。。。。。。。。。。。

皇帝ダリア

表庭の皇帝ダリアは何が気に入らないか咲く様子がありませんが裏庭でだいぶ咲いて来ました。
e0033229_18425949.jpg


バックの窓はお隣の二階の窓です。

。。。。。。。。。

最後のマンデビラ

もうだいぶ前の話になりますが私がテレビで一目見て恋をしてしまったというマンデビラのこの色の花、おそらく今シーズンはこれが最後の花と思われます。
e0033229_18463040.jpg


。。。。。。。

ハヤトウリ

これは花ではありませんが、我が家のハヤトウリが、驚いたことに皇帝ダリアによじ登って地上3.5mくらいのところに瓜を付けていました。その近くにもう一つあります、
e0033229_18491540.jpg


これどうやって収穫しようか、今から考えてしまいます。

。。。。。。。。

つりしのぶ(軒しのぶ)

これも花でも食べ物でもありませんが、お向かいから預かっている「つりしのぶ」の葉っぱが最近黄葉してきたのです。これって黄葉するものでしたっけ?。
それとも枯れるのかなぁ、少々気がかりです。
e0033229_1854425.jpg


朝晩だいぶ寒くなってきました。
皆様、風邪をひきませんように。
私は花を見ていれば風邪など吹っ飛んでしまいます。





by yo-shi2005 | 2017-11-13 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 12日

気になっていたフリージア

e0033229_14182438.jpg


何年か前にフリージアの球根をあまり早く植え付けたら葉っぱばっかり大きくなって、花はあんまり咲かなかった苦い経験をしたのでそれからは、ネットでは10月と書いてあるがこの時期季節の進みが遅い静岡ではもっと遅い方がいいのかなと、11月初めを基準にしてきた。

でも物事は思い通りには進まないものでここ一週間ほどは、球根を横目で見ながら気になっていた。

それを今日ようやく植え付けた。

この夏の初めに掘り上げておいた球根がたくさんある。
e0033229_14233221.jpg



気の早い球根はもうこんなに芽を伸ばしていた。
e0033229_14243318.jpg



いつも植えているようにゆったりと植えたのでは鉢をいくつ使うかわからないので、今回は球根の間隔を狭くして植え付けたみた。

それでもこんなに沢山になってしまった。
e0033229_14263167.jpg



芽が伸びていた球根は、目が伸びたまま植えたので、ひげ面の一年生と言った感じだ。
e0033229_1428228.jpg



これで果たしてどんな花がどのくらい咲くか、楽しみだ。

球根を掘り上げた時に一応色別に分けてネットに入れておいたのだが、その袋に入れる前があんまり自信がないのだから、度の鉢にどんな花が咲くかなんてことは、咲いてみてのお楽しみということになる。

フリージアは、毎年植え替えタイルが、この花は連作を嫌うので、今年フリージアに使った土は来年は使わない方がよいとのことだ、古い用土としての処理をして使えば、ほかの花なら問題ないようだが・・・・。

この作業をしている横で、最近植えたスイートアリッサムがうらやましそうに・・・・
「私の来年植え替えてもらってはなをさかせたいなぁ・・・・」
・・・あなたはだめだよ、一年草なんだから・・・・。

e0033229_14381417.jpg






by yo-shi2005 | 2017-11-12 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 09日

秋の色づき

e0033229_1844047.jpg


まず最初に。
昨日アップした皇帝ダリアの花が、中途半端な開き方をしていたので今日見ると、きれいに開いていた、やはり昨日は開花の途中だったようなので、全開したのをアップします。
今日の皇帝ダリア、この後も続いて咲きそうだ。
e0033229_1872922.jpg




二日三日前にお隣の奥さんと立ち話で
「山茶花の蕾がたくさんついていて楽しみだねぇ、私もフェンス越しに楽しませていただくよ」なんて言っていた山茶花が、気が付くといくつか開花していた。
e0033229_181043100.jpg



丁度その山茶花の向こうのフェンスの向こうには、真っ赤に色づいた千両の実が風に揺れていた。
この実がヒヨドリの好物のようで、うっかりすると寄ってたかってむしゃむしゃやられる。
二日三日前に奥さんと話した時よりも一段と色が濃くなってきたようだ。
お隣の「千両」
e0033229_1815178.jpg



裏庭にぶら下がるハヤトウリは、だいぶ大きくなってきて、あと二日三日すれば収穫できそうだ。
花の時は雌花がたくさん見られたがこのように大きく育つのはその中のほんの一部のようだ。
今年の一番なりと二番なりのハヤトウリ
e0033229_1818872.jpg



いつも行く私の仕事のサポートをしてくれるオバさんのお宅の庭では何年前に植えたものかわからないような菊が、庭の砂利の下から芽を出し毎年こんなかわいい花を咲かせる、今年も満開だ。
e0033229_1820352.jpg



静岡は秋酣(たけなわ)といった季節だ。
若き乙女には何となく物悲しい季節なのだろうが、私には腹の減る季節だ。







by yo-shi2005 | 2017-11-09 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 08日

咲き始めた・夜来香

e0033229_17381246.jpg


皇帝ダリア

勘違いしていました。

今年寒いころに裏庭の皇帝ダリアを植え替えたのです。
その時北側に白を植えたつもりしていました。

ところが白は、紫よりも木も小柄で花は咲くのが遅い筈なのですが、白のはずの北側の皇帝ダリアがどんどん伸びてつぼみが出て来たのです。

「白だが植える場所を変えたので、こんなに元気に育って、早くにつぼみが出たのかな」と思っていました。

ところが、今日見ると先日はまだつぼみが硬かったのが、一つ開いたのです。

それがなんと紫の花なのです。   あれぇぇ、白のはずだけどなぁ????。
e0033229_1747553.jpg


よーく考えてみた・・・・
そうだ、紫の方が大きくなるから北側に植えて、背が低い白は南側に植えればお互い日陰にならなくていいだろう。猫のひたいのやりくりでそうしたんだっけ、やっと思い出した。

咲いた花は花びらが一枚小さいが、これから全開するのかそれとも花びらを虫に食われたか、とにかく今年の一号花だ。

白い花はいつも12月後半に咲き始める。

・・・・・・・・
夜来香の花

お向かいの新居は出来上がったが、まだ外部の工事ができていなくて、預かっている花を運べない。先日も奥さんが、「いつまでも預かってもらっちゃってごめんなさいね」なんて言っていたが、
私も、珍しい花がうちの庭で見られるから、これも楽しいと思って、
「気にしなくってもいいよ、俺も楽しんでるんだから」と言っておいた。

そんな預かり物の花の中で、前に奥さんが
「これねぇ、中国の花だそうだけど、この花の香りが好きじゃないんだよ、嫌な臭いだよ」
と言っていた鉢植えの木の花が咲き始めた。

そんなに嫌な臭いとはどんな臭いかなと思って鼻を近づけてみたが、まだ何も感じなかった。

いくつか咲いただけなのでまだ香りはしていないようだ。改めて花の名前を聞きに行って来た。

「あれねぇ、確かイエライシャンって言ってたけど」

私は驚いた
「あれがイエライシャンっていう花かね!」
これが、かの有名な、歌にも歌われた夜来香だそうだ。
e0033229_1875360.jpg


あの時奥さんは、「中国の花で、咲くと嫌な臭いがする花だよ」って教えてくれただけだった。

そんな花じゃどうでもいいやと私も気にも留めなかった。
それがこんな有名な花だとは・・・・
e0033229_18101639.jpg


歌もどうぞ、いろいろな人が歌っているが、やっぱりこの歌は李香蘭に限る。


ちゃんと開くとこんな花になる。
e0033229_18523651.jpg







by yo-shi2005 | 2017-11-08 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 04日

もう少しで夏日のオキザリス

e0033229_1720289.jpg


静岡市の最高気温は24.3度だったそうだ。
・・・ということはもうちょっとで夏日になるところだったということだ。

日中良く晴れたから、富士山が綺麗に見えるかなと期待したが、気温がこう高くては、霞の衣を纏ってしまって、こんな状態だった。これは11時57分の画像です。
e0033229_17235786.jpg



我が家のオキザリスは冬の花が多いが、この気温でも一生懸命咲いていた。


この花がこんなに咲いたのは初めてだ、何年前になるだろうか、お友達から苗を送っていただいて根付いたのだが、花が一向に咲かなかった。
一昨年あたりから咲くようになり去年も少し咲いた・・・・せっかくだからたくさん咲いた今日の写真から掲載します、下の段の写真が去年の写真です。

アフロヘヤーのオキザリス
オキザリス・ペンタフィラ 今日の画像
e0033229_17281668.jpg


そして、去年まではこんな調子だった
e0033229_17285811.jpg


東京のKさんこんなに咲きました。有難う。


この花も去年はあんまり咲かなかったが、今年は何が嬉しいのか知らないが、こんなに元気に咲いている。
オキザリス・ゴールドアイランド
e0033229_1733782.jpg


咲いた花もいいが蕾の外側の床屋の看板みたいの模様が好きで買ったのだが、こんなに咲くと、そんなことどうどうでもよくなった。



同じ花みたいな黄色のオキザリスだが、別の品種です。

昨年まではプランターに植えてありました。そのプランターにこれもオキザリスの仲間と思うが、「ムラサキカタバミ」の種が紛れ込んでそれが繁殖して、この気花オキザリスが枯死寸前だったので、今年の春に、この鉢に植え替えました。
花も嬉しかったと見えて、時期が来たら早速咲いてくれました。見ると細い先のとがったつぼみがいくつも見えます。
黄花オキザリス
e0033229_1740820.jpg


「ムラサキカタバミ」をご存知ですか。すごい繁殖力です。オキザリスの中にボーウイーという品種がありますがそれと同じくらい葉っぱが大きく葉っぱの形も同じです。
球根の周りに米粒よりも小さいくらいの球根がたくさんつきます、根っこを引き抜いたときに、その小さな球根がうっかり土の中に落ちるとそれが親となって繁殖します。
花は可愛いのですけどね、こんな花です
e0033229_17444781.jpg

あんまり増えすぎるので嫌われます。

花は可愛いし、こんなに増えるのなら、いっそこの花を楽しんでやろうとあちこちに出て来たムラサキカタバミを集めて一つのプランターに植え付けてみました。

すると、育たずに花も咲かずに全部枯れてしまいました。変な奴です。
下には半透明の小さな大根のようなものがついている種類と、細かい球根だけの種類があるようです
いずれにしても、植えてある草花の根を傷つけないように気を付けてうまく掘り出して捨てることが肝心です。



by yo-shi2005 | 2017-11-04 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

ファン

画像一覧