カテゴリ:その他いろいろ( 309 )

2019年 04月 13日

覚える喜び

e0033229_191663.jpg


ブログをご覧くださる皆様はパソコンの調子が悪くてメーカーや、インターネット接続業者(プロバイダー)などに相談したことがありますか。
そんなことしなくっても自分で治してしまう人は別ですが、私は以前どうしても調子が悪くって私のプロバイダー・commufaに電話して相談したことがありました。その時電話に出て、パソコンの症状を聞いてくれた女性が
「あなたのパソコンに割り込んでもいいですか?、そのほうが話が早いので」というのです。

その時インストラクターの言うとおりに操作したところ、「それでは始めます」というと、私はマウスに触っていないのに、私のパソコンのマウスポインター(画面の矢印)が動くのです。

その時「すごいことができるんだなぁ」と感心しました。


お天気も良くなったし、洗濯物をお干してほっとしたところに、いつもの私のパソコンの面倒を見てくれる友人から電話が来た。

「しばらく電話がかかってこねぇけど、パソコンが調子いいっていうことかな?」
「おぉ、ほんとに久しぶりだなぁ、とりあえず古いのは使わねぇで新しい方を使ってるから調子いいよ」。
「ところでこんなのしってるかい?」と言って彼が話したのが、上に書いたようなパソコンの使い方なのだ。
「むかーし、プロバイダーの会社のおねぇさんがやってくれたことがあるよ。
「それが簡単にできるのを知ってるかい?」

彼の言うにはパソコンに入っているワードの中のソフトでそれができるのだそうだ。
私はあの時以来この方法にはすごく興味があったので、その話に飛びついたのだった。
そのソフトというのがこれだそうだ。
これは私のWindows8.1で買ってウインドウズ10にバージョンアップした機械のソフトです。

e0033229_1952214.png

興味を持つということはすごいな、この年老いた脳みそがこれを受け入れた。彼の教え方がよかったのか、どっちかわからないが、途中で彼はちょっと用事があると電話を切ったがその間に私は自分の二台のパソコンで遠隔操作ができたのだった。

今日はそのやり方を説明していると、晩飯を食う時間が無くなりそうなのでやめておきますが、この老朽化した脳みそでも解ったのですから比較的簡単なのでしょう。

そこでもうひとつおしえてもらったほうのワザを紹介します。

これは昨日のブログネタの一つにしようと思いましたが、蕾があんまり小さいのでやめておいたスズランです。
e0033229_19555846.jpg


そのスズランにバラの花を咲かせました。
e0033229_19563186.jpg


これもパソコンに最初から入っていたワードで加工ができます。ただし、これの場合はワードだけではできないで「JTrim」というソフトも使いました。

これも電話で教えてもらいました。
教えてもらってそれができたときは歳には関係なく嬉しいです。


昨日寒くて開ききれなかった、日本サクラソウの「銀覆輪」が咲いたのでアップします。
花びらの外側はピンクで内側が白という、変わった花です。

銀覆輪
e0033229_20101795.jpg



最初に書いた二台のパソコンをネットで繋ぐクイックアシストは折を見て紹介します。


e0033229_22503694.jpg

by yo-shi2005 | 2019-04-13 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 03日

お内裏様とは

e0033229_16441647.jpg


今日は桃の節句ひな祭りです。

昨日の(本放送は3月1日夜だった)の朝のNHK「チコちゃんに叱られる」をご覧になりましたか。

この番組ではいつもそうですが、昨日の「お雛様」は本当に目から鱗でした。

それがいつだったか忘れるくらい前のことだったが、妻が変なことを言い出した。
「ねぇ、お雛様かってもいい?」
「えぇっ!?、どこかの初節句か?、そうだったら、変な安物上げるとかえって迷惑になるよ」
「そうじゃないの、私が飾るの、私だって、女の子だったんだよ、今でも・・・」
「そりゃぁ解るけどさ、何で今ごろ?」
「だってあたし、生まれたのは戦争中だったし、その後だって家は貧乏だったから、お雛様なんか買ってもらったことなかったんだもの、今でもいいから自分のお雛様飾りたい」という。
「よし、解った、自分のすきなのをかってきな」

というわけで、妻はその日のうちに、お雛様を買いに行った。

そして、内裏雛とお雛様、それに三人官女のお雛様を買って来た。

私は、飾るのを手伝いながら見ていた。

妻は、私が訊きもしないのに、飾りながらいろいろ説明してくれた。

これが一番偉い人で、男の人がお内裏様、その隣が奥さんで、お雛様って言うんだよ。

その次が、三人官女真ん中の人が一番偉い人で、この人はねぇ、結婚してるんだって。ほら口の中がちょっと黒いでしょう、”鉄漿=おはぐろ”を塗っているのそして眉毛はないの、こっちの二人は眉毛があるでしょう。
両側に立ってる官女は片足を少し前に出してるの、その前に出している脚が外側になるように位置を決めるんだよ。

どこで覚えたか、よほどひな人形が欲しくって、テレビを見たり本を読んで勉強していたのだろうと思った。
妻が他界したのちに私がそれを思い出して飾った我が家のひな人形です。きわめて質素なものです。
e0033229_1791984.jpg


ところが・・・・

昨日のNHK-TV「チコちゃんに叱られる」を見て「えぇえ!!、あの時女房はそう言わなかった。ほら、歌の文句にあるでしょう・・・お内裏様と お雛様二人並んで・・・」

鼻歌に歌いながら妻は私に教えてくれた、この歌は知っていたので私も納得した。

その知識がひっくり返されたのだった。

NHKの番組から
e0033229_17214139.jpg


ここが間違いだったのだそうです。作詞したサトーハチロー先生が間違えたその歌が、一般国民の知識として定着してしまっていたようです。

e0033229_17312197.jpg


我が家でもその後何回かお雛様を飾ったが、最近はお雛様はずーっとお休みのまんま。
ちなみに我が家の三人官女の右の人はひしゃくをどこかに忘れてきてしまったようです。

今年はもう間に合わないが、来年はお雛様を飾る気分になるかな??。


 
亡妻も


あの世でびっくり


 おひなさま


二人合わせて


内裏様とは


    よしa0290852_9551381.gif

  


実は私は、金曜日の夜は滝に行く準備で、土曜日の朝は、滝に行く途中の車を運転していたので、この番組は本放送も、翌朝の再放送もリアルタイムでは見ていませんでした。見たい番組だったので録画しておいたのです。
それを巻き戻したりストップ画面にしたりしてカメラに収めたために上の写真には普通の放送では表示されない黒地の文字が画面に表示されています。







by yo-shi2005 | 2019-03-03 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 23日

ベビーロックミシン

e0033229_175090.jpg


家庭用のミシン(今は職業用を使うが)で何か作ろうとするとき、「あぁ、こんな時ロックミシンがあればなぁ」と思うことがよくあった。

欲しいには欲しいが、今ここにきて新品のロックミシンを買って何か作ろうというほどの技術はない。
静岡に知り合いのミシン店はあるがそこは主に工業用ミシンを扱っているので家庭用の中古はなかなかでないと言って乗り気でなかった。

友人に話したら静岡のミシン屋さんを探してくれた、、一時はそこで買おうという気になった。

東京の義姉にも電話の折に「ねぇさんの友達は高齢の人が多いと思うけど、誰かロックミシンを持ってるけどもう要らないよって人がいたら貰っといて」と頼んでおいた。
今月初めに姉から電話で「よっちゃん、ロックミシンどうした?もう買っちゃった?」
「まだ買ってないよ」
「私ねぇ、お友達にも聞いてみたんだけど、みんな処分しちゃったらしいんだよ。それでさぁ、うちの娘が嫁に行くときロックミシンを買ってあげたのを思い出して、聞いてみたんだよ。そしたら、まだあるけどもう要らないよ。っていうんで、この話をしたら、上げてもいいよって言うんで、それじゃ、オジサンに聞いてみるねって言ってあるんだけど、まだ欲しい?」
「うん、欲しい欲しい」
「それじゃ、今度娘のところから持ってきて送るよ」
ということで、話は決まった。

その荷物が来た。
e0033229_17221330.jpg


すぐにでも開けていじってみたかったが、以前から何度となく失敗してきた。
特に今使っているこのパソコンを買ったときは「WindowsXPだってセブンだってそんなに違いはしないだろう」と何も下準備も基礎知識もなく、WindowsXPからWindowsセブンにいきなり手を付けてしまった。あの後苦労した。

もうその轍は踏むまいと心に決めて来たのだった。
花の世話をしたり、ブログを書いたり、主夫をやったりの合間に機械に付属の取説の他にネットからこの機械の取説をダウンロードして勉強して、今日ついに機械に手を付けてみた。
e0033229_17322110.jpg


縫ってみると、なんとも調子がいい。新品みたいに軽く縫える。

e0033229_1851463.jpg

e0033229_174284.jpg


二階の物干し場になっている部屋を片付けて掃除もして、職業用のミシンと並べて使えるようにした。
e0033229_17424932.jpg


モザイクは、今朝干した洗濯物が映っているので・・・男物でも下着は・・・・です。
こっちの部屋には今日は干さなかった、掃除で埃になるから。

東京のねぇさん、ミシン調子いいよぉ、有難う。〇〇ちゃん(姪)にもよろしくね。

さぁこれで最初に何を縫おうかな。






by yo-shi2005 | 2019-02-23 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 19日

色のいろいろ

e0033229_1837028.jpg


今日の話は、色と言っても「お色気」の方の色ではありません、カラーの方です。

お正月過ぎたころ、何がきっかけだったか忘れたが、こんな昔のこと思い出した。

それは私がまだ会社に勤めていたころだからずいぶん昔のことだ。
会社の近くで、知り合いの上品な奥さんとその娘さんの会話

奥さんが「ねぇ〇〇さん、二階の部屋の鏡台の横にあさぎいろの風呂敷包みがあるから持ってきて頂戴」
「ハイ」。

娘さんは二階に上がっていった。
その時私は、浅葱色(あさぎいろ)という色を知らなかったので、奥さんに

「あさぎいろって初めて聞くけどどんな色のことを言うの」と訊いてみた。
「うん、今あの子がいま持って来るから見てちょうだい」

娘さんが持ってきた風呂敷包は確かこんな色だったと思う。(麻の葉の模様はなかった)
e0033229_18475485.jpg


浅葱色とは青緑色のことだとお覚えた。その時奥さんは、
「浅葱色はねぇ、お葱の葉っぱの色の薄い部分の色なのよ」と教えてくれた。

この色を思い出していた時静岡新聞にこんな囲み記事が載っていた。
e0033229_18534461.jpg


その浅葱色の簡単な説明が書いてある。

昔の人がただ青と緑の混じった色だから「青みどり」なんて言ったのではつまらないからとこんな呼び方をするようになったのだろうと思ったのだ。

例えば、私には区別がつかないが、空色と水色もその色を見て使い分けていたのだと思う。

その時こんなことも思い出した。
それはまだ子供のころのことだった。
ちょうど今ごろの季節だったと思うが、すぐ上の姉が、素足で寒そうにしているのを見た母が
「そんな恰好で寒げにしていねぇで、そこの引き出しにエンジの足袋が入っているから出して履きな」と言った。
姉は引き出しから足袋を出して履いた。
その時の足袋はこの色よりももう少し赤みが強い色の別珍だったように記憶している。
e0033229_195418.jpg


新聞紙の印刷だから色は正確ではないが、その色名の語源由来などの説明があって読んでも楽しい。


雨は降る降る城ケ島の磯に 利休ねずみの雨は降る

「利休ねずみ」も色の名前だが、はまだ連載に出てきていない、この色は千利休が生前好んで着ていた着物の色で今のグレーが少し緑がかった色だと以前何かで読んだことがあった。
利休茶は連載に載った。
これは緑と茶色を混ぜたような色でこじつけっぽい感じの解説だった。

ちなみに、今日は赤だった。
e0033229_19281352.jpg



この色をカラーコードRGBで作ってみたいと思って友人から「supoitokun」
というカラーコードを読み取るソフトを教えてもらったが、前にも書いたように新聞紙に印刷した色ではスキャンしても正確なカラーコードは出ない。

それでも朝刊が来るとこの欄を切り抜くのが楽しみだ。

e0033229_19334862.jpg

by yo-shi2005 | 2019-02-19 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(1)
2019年 01月 16日

誕生日プレゼントに拡大鏡

e0033229_18292590.jpg


もうじき誕生日が来る。何歳かって?。いい年です。

昼休みの時間に、ピンポーン。
出てみると背の高いイケメンの青年が立っていた。
「〇〇信用金庫です。いつもありがとうございます」
「あれ?、今日何か約束してたっけ?」
「いいえ、突然お邪魔してすみません。今月お誕生日なのでささやかなお祝いの品を持って参りました」「おめでとうございます」。と言って小さな袋に入ったものをくれた。

「大して貯金もしてないし、借り入れもしてないのに、毎年丁寧にわるいなぁ。遠慮なくいただくよ。有難う」
青年は「今度、この町内の担当になりました〇〇です」挨拶をして帰って行った。

我が家から一番近い信用金庫で貯金はちょっとしかないが付き合いは長い、毎年こうしてプレゼントを持ってきてくれる。
去年は、こんなランプシェードを頂いた。
e0033229_184287.jpg


これは光源の部分を抜き出すと、懐中電灯としても使える便利グッズだ。
e0033229_19102454.jpg



そして、今回のプレゼントは・・・というと、最近TVのCMでよく見かける、
「俺も一つ欲しいな」と思っていた、これだった。
e0033229_1845299.jpg


ディスプレーから外すとこんな感じ
e0033229_8442218.jpg


ミシンの微妙な調整の時、虫眼鏡では片手がふさがって不便だ、「あれがあればこんな時便利なんだけどなぁ」と以前から思っていた。

早速かけてみると、およそ20cmくらいでピントが合う。だから普段新聞を読むようなときにはレンズが強すぎる。

私は、新聞もパソコンもめがねはいらない。でも・・・・

考えて見たら、あのわれわれ高齢者に意地悪してるんじゃないかと思いたくなるような文字の小さなスマホにはちょうどいいかもしれない。

中に入っていた説明書にもこんな写真が載っていた。
e0033229_18534410.jpg


これなら怖くって「歩きスマホ」なんかできない。

e0033229_1856164.jpg


これは実用的な有難いプレゼントです。

お金があればもっと貯金してやるんだけどなぁ。
昔の人は言いました「無い袖は振れない」と・・・・クシュン。

e0033229_18593159.png




by yo-shi2005 | 2019-01-16 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 15日

最近の引き出物

e0033229_1853617.jpg


二日ほど前に、小包用の封筒に入った荷物が届いた。
配達していくれたのは郵便屋さんだったか、宅配屋さんだったかよく見なかった。
「ここにサインかハンコお願いします」

「なんだろう???」
最近は解らない荷物はやたら開けるのが怖い。荷物に印刷してある差出人は小さな字で印刷してあったが、知らない会社のようだ。

外からさわってみると中身は小さな箱状のもののようだ。
e0033229_1814513.jpg


とりあえず思い切って開けて見た。
袋から出てちらっと持た瞬間、「あぁ、これだぁ」すぐに分かった。


先月他界した、私の義理の従兄弟に当たるおばあさんの息子さんからしばらく前にチョイスの引き出物が届いた。
最近は、お葬式の帰りに大きな引き出物をぶら下げてか来るのはあまり流行らなくなって、後日カタログを送ってきて、「個人の志です、お好きな物を選んでください」という趣旨の引き出物が多くなってきた。これは合理的な方法だと思う。

私はそのカタログから、こんなものを選んでネットで申し込んだ。それがこの日に届いたこれです。
e0033229_1822487.jpg


よくこれを「防災用ラジオ」と呼ぶ人がいるが、このラジオは防災の役はしない。
言うならば、「災害時用ラジオ」と言えると思う。

だいぶ前から一つ欲しいと思っていた。
一番の特徴は、電池切れになった時のためにハンドルで、内臓の発電機を回して発電できること。
e0033229_1827135.jpg


AM・FMラジオはもちろんのこと、サイレンも鳴らせる、小さいながらもライトも点く、そして今風な特徴として、携帯やスマホの充電のためのUSBポートがついている。
もちろんケーブルも付いてきた。

e0033229_18312578.jpg


被災時には助かる機能が付いたラジオだが、これを使う機会が来ないことを祈りたいところだ。






by yo-shi2005 | 2019-01-15 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(2)
2019年 01月 08日

運転手は一人で複数台のトラックが追従

e0033229_19112783.jpg


「無人システム」用いたトラック隊列走行、新東名で実験 先行車を自動追従


1人の運転手が複数台のトラックを運行する実証実験が、新東名高速で始まります。今回は最大3台の隊列が70km/hで走行。安全確保の観点から、各車両には運転手が乗車します。

各トラックには運転手が乗車(実験中)

 経済産業省と国土交通省は2019年1月8日(火)、後続車の無人運転システムを用いたトラック隊列走行の実習実験を、新東名高速で行うと発表しました。


昨年実験を行ったときの説明図
e0033229_1837723.png


 期間は1月22日(火)から2月28日(木)までです。最大3台のトラック隊列が、約10mの車間距離をとりながら70km/hで、静岡県内の浜松SA〜遠州森町PA間を往復します。安全確保の観点から、各トラックにはテストコースで経験を積んだ運転手が乗車します。

 国土交通省と経済産業省は、2018年6月に閣議決定した「未来投資戦略2018」に基づき、その取り組みのひとつであるトラック隊列走行について、2020年に新東名高速で後続車を無人にして実現し、2022年に商業化することを目指しています。

 これまで公道では、「有人」システムを用いて実証実験が重ねられてきましたが、今回は「無人」システムを用いた実験を実施。両省によると、先行車に追従して車線変更する機能を搭載したトラックによる公道実証は、国内初としています。

 計画されている隊列走行では、通信などで車両を接続する「電子的な連結」により、1人の運転手が複数台のトラックを運行します。これにより、運転手不足対策への貢献や、短い車間距離による後続車の空気抵抗低減などが期待できるといいます。

 後続車は通信で先行車の制御情報を受信し、自動で加減速を行いながら車間距離をキープ。さらに先行車を追従し、車線の維持や変更も行います。また、後続車の後方に取り付けたカメラ画像などを先頭車に表示し、先頭車が車線変更する際の運転手の視界を支援します。

 今回の実証実験では、無人システムの実現に必要な各機能を確認するとともに、隊列の周りを走る車両からどのように認識されるか、どのような印象か、隊列が周囲の車両走行にどのような影響を及ぼすか、といったことなどが検証される予定です。


私にとって非常に興味のある実験で、もしもこの実験に高速道路で出くわしたら、私はきっと本来の用事をすっぽかして、この車両について行くだろうと思う。

説明図はいくつか発表されているが、私自身知識がなくて、自分なりの説明など挟むことが出来ない。

バスや乗用車の無人走行の実験は話題になっているが、これはそれとは違って、実用化されたとしてもまるっきり無人のトラックが走るわけではなく先頭のトラックには運転手がいることになる。
今でも道路を走っている、トレーラートラックの間の太い棒がなくなったようなものだろう。

今すぐにでも走るところを見たい気分です。


興味のない人にはつまらない記事でしたね。ごめんなさい。





by yo-shi2005 | 2019-01-08 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 06日

道具は買ったが机上は片付くか

e0033229_1975153.jpg


静岡市内のある総合病院の「歯科、口腔外科」に治療に通っていた。

そこの待合室には私もいつも読んでいる静岡新聞始めスポーツ紙などが、供えてあった。

以前は新聞を長いホルダーで綴じてラックにかけていた。ところが、比較的最近のある日からその新聞をテーブルの上に並べておくようになった。

「あれっ」と思ってみると、その新聞はバラバラにならないようにこんな金具で止めてあった。

これは我が家の新聞を試しに止めてみたものです。(二か所止めるとしっかりとまる)
e0033229_15413561.jpg



「これはいいなぁ、俺もちょっとしたメモなどが机の上に散乱して困る、これならいいなぁ」と思った・・・いいなぁと思うとすぐに欲しくなる・・・・(悪癖)。

ホームセンターを2店程探したがが見当たらなかったが、その後別の店で見つけた。

使い方も何も解らないまま、すぐに買って来た。
名前がユニークで、ガチャ玉と言った。
e0033229_15472221.jpg


家に帰って早速やってみようとしたが、、、どうやるかわからない。

早速ネット検索
すると、これを使うのには専用の道具が必要なことが解った。

早速買いに行こうと思ったが、年末はその時間もなく、今日そのホームセンターに行ってついに買って来た。
こんな道具が必要だったのだ。これもユニークな名前で「がチャック」
e0033229_15522912.jpg


やってみると、親指にかなり強い力が必要だ。
そして途中で押し出すのをやめると球が出口で引っかかってしまう。
はっきり言って親指の力が弱い人には不向きな道具だと思う。

わたしはこのパッケージの取説を見て・・・
e0033229_15564417.jpg


やってみたらできた。
e0033229_1557462.jpg


指の力の女性の方なんかは、ゼムクリップの方が楽かもしれません。

外すのは簡単、つまんで引っ張れば取れます。玉はまた使えます。

これで机の上が少しはかたずくかな???。

「なになに、こんなものくらいであいつの机の上が片付くもんか」と散乱の神様が笑っているようだ。






by yo-shi2005 | 2019-01-06 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 01日

新年ご挨拶と、純白の花(?)

e0033229_1711135.jpg




当ブログにご訪問くださいました皆様

明けましておめでとうございます。

昨年中はこの老体に生きる希望をお授

け下さいまして有難うございました。

本年も花に、滝にと楽しみながら続け

てまいりたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


 平成三十一年 元旦  yo-shi2005




ところで、話題に移りますが、私は昨年10月初めに群馬に行きました。
その時中学時代の恩師のお宅で、シモバシラなる植物をいただいて来ました、一緒に行った、昔子供のころ同級生の女の子だった女性も同じシモバシラの根っこ付きの植物をいただいて来ました。
私は一部を実家の庭先の畑に植えて来ました。そして一部は静岡の自宅にも鉢植えしました。

元同級生の女の子の女性も埼玉県の真ん中にある町の自宅に持って行って植えました。

これは茎が枯れないと花(?)が咲かないのです。
静岡は暖かすぎてまだ茎が緑色をしています。ところが昨日(12月31日)
その元女の子が「うちのは花(?)が咲いたよ」と言って写真を送ってくれました。
埼玉県でもまだ寒さが足りないようですが、これが幼いシモバシラの花です。

e0033229_16283333.jpg


シモバシラというのは俗名で、学名はkeisukea japonicaと言います。
梅干しに入れる紫蘇の仲間です、葉っぱは紫蘇よりも少し細いですが花はそっくりです。
この学名を読んでお気づきのように、日本の植物学者(伊藤圭介)が発見して発表した植物です。
殆ど日本にしか自生していません。

この植物の特徴で冬になると地上部分は枯れてしまいますが根っこは生きています。
その根っこは冬でも(冬眠)せずに地中から水分を吸い上げています、その水のやり場がない為に、もう枯れて水分も要らなくなった茎の中の細い水管に水分を押し込み、地上へ押し上げます。
地上ではその少しずつ出た水分が外気温が下がると凍って、茎から押し出されて凍ってまた押し出されて凍って、とてもきれいな造形物になります。これがこのシモバシラのメカニズムです。


この冬が2018年の寒中くらいの寒さになれば、わが庭でも、きれいな花(?)を咲かせるだろうと思いますが、これは自然任せで何とも言えません。

そこで何度かこのブログにアップしましたが、話のついでに、立派なシモバシラの花(?)をご覧ください。
これは参考資料で、ネットからお借りした画像です。
e0033229_16433110.jpg


もう一つ参考画像
e0033229_16442314.jpg


先日先生のお宅でも花(?)が出来たそうです。でも先生は私よりかなりご高齢なので
「写真を撮って送ってください」なんてお願いできません。
それに先生はお一人暮らしでご家族にお願いすることもできません。

かくなる上は、自分自身で見に・・・・いやいや、簡単にはいけません片道350km私とて、後期高齢者ですから・・・・クシュン。





by yo-shi2005 | 2019-01-01 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(4)
2018年 12月 31日

暮のお買い物

e0033229_17414034.jpg


「こんなに押し詰まってから買い物に行かなくってももっと早くに・・・」なんて言わないでください、主夫は忙しいのです。

まずはいつも行く電気店Yデンキ、でも道順の都合でいつもとは違う店に行った。
このあいだホームセンターで見かけてほしいなと思ったが、この店のポイントカードを持っていないので、「あとでYデンキで買えばいいや」、と買わなかった。

でもこれは使ってみてうまくいったら別の機会に写真入りで紹介します。

そしてもう一つ、私は「ちび子」と呼んでいる、モバイルパソコンに使うなるべく小さなマウスが欲しかった。大きいのは持ち運ぶときに邪魔になるから。

店員はとんでもない高いものを薦めるが、私は「俺この形の方が好きだ」と言って本当は形よりも値段が好きだったのだが、小さいのを買って来た。
NECの大きなパソコンについてきた純正品と比べるとこんなに小さい。
e0033229_17521488.jpg


もう一つ欲しいものがあったが、店員の説明では、そうゆうのがあることは知っていますが、Yデンキがそのメーカーさんと取引がないので置いてありません」という事なのでそれは諦めた。

レジでポイントカードを出すと、「ポイントがたまっていますけどどうしますか?」という。
「たまっているんなら使っちゃおう」というと、「そうするとあと200円で足ります」

200円だけの買い物だった。

次の店は、国道を挟んで向かい側にあるY量販店、衣料品のチェーン店誰。
寒いのでこれが欲しかった。
e0033229_1758196.jpg


女性の店員に、「チラシに載っていた暖かいアンダーシャツは何処にある?」と訊くと案内してくれた。
「これらがそうです」という。
「ブイネックのLサイズがほしいんだけど」というと、店員は、「婦人ものはブイネックはないんですけど」
「なんだ、ここは婦人物売り場かぁ、おらぁそうゆう趣味はねぇから紳士物が欲しいんだけど」
「あっ、ごめんなさい」と言って、遠く離れた紳士物のコーナーに連れて行ってくれた。
これを買って来た。


e0033229_18473110.jpg




次は、ちょっと離れたイトーヨーカドウに用事があった。

先日買ったチノパンツが気に入ってもう一つ欲しいと思っていた。
前に買ったチノパンツをはいて行った。
最近腰の周りに脂がついて、ズボンのウエストがきつくて困ることは以前このブログにも書いたが、先日買ったチノパンツはちょうどよかったのだが、ズボン下を履くとちょっときつい。
そこでサイズの一つ大きいのにした。

店頭に積んである中から一つ大きいのを出してレジへ持って行った。
e0033229_1827525.jpg


「いま履いているこれよりもウエストをひとつ大きくしたんだけど」というと、店員は
「長さの方は大丈夫ですか?」と訊くので
「長さもズボンのどこかに書いてあるの?」
「ウエストのベルトのあたりの裏側に書いてあるんですけど」
「ちょっと見てちょうだい」と言ってベルトを緩めて、ウエストボタンを外したら、ズボンが少し下がった。
店員は慌てて
「下げなくって大丈夫です!」とズボンの上の方をひっくり返してみていた。

「これと、今お履きになっているのと股下サイズは同じです」。
それを買うことにした。
5千円札を出すと「ポイントカードをお持ちですか?」
「プリペイドカードを持ってるけど、そうだ、まだいくらか残ってるんかなぁ?しばらく使ってないけど」
カードを機械にかけて
「あぁ、これで足ります、このお札はしまって下さい」5千円札は返してくれた。

なんだかただで買い物した気分だった。


この店には一階にスーパーがあるので、このあとカードの中のお金で食材とお昼も買って帰って来た

あんまりお金を使わない買い物だった。

・・・・・・・・・・・・・・

皆さん、今年もありがとうございました。また来年もよろしくお願い申し上げます。

    どうぞ、希望に満ちた良いお年をおむかえくださ~い。

e0033229_18422088.png




by yo-shi2005 | 2018-12-31 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

検索

ファン

画像一覧