<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2018年 01月 31日

ゆきやなぎを咲かせたい

e0033229_17264217.jpg


我が家のゆきやなぎ(雪柳)は平成10年ころに買ったものだと思う。買った日は定かではない。

買ったときの話は過去にこのブログでも書いたので今日は省略しますが、あれから何度か植え替えもしたり株分けもした。

ゆきやなぎと言えば私が時々近くを通る静岡市葵区田町安倍川公園には春3月頃になると雪が降ったようになる。
e0033229_17323845.jpg


我が家のゆきやなぎも、以前はよく咲いた。

ところがここ2~3年は葉っぱは茂るが花がいまいちで、元気がなくなって来た。

おそらく根詰まりだろうと思って。昨年花が終わったころに、「来年こそは植え替えてやろ」と思っていました。

ところが、昨年秋は寒さは早くに来たが、このゆきやなぎの葉っぱはなかなか落ちないで、そのうち黄葉してきた。

やっと葉っぱがみんな散ったのは今年になってからだった。
e0033229_17413514.jpg


「さぁ、植え替えてやろうかな」と思っていたら、あの寒波だ。

そしてここにきて、幾分寒さが和らいだから植え替えようと思って裏庭に移しながら見ると…もう新芽が出始めているではないか。

e0033229_1743408.jpg


「これじゃぁ植え替えなんかできないじゃないか」と思いながら、本来の植え替え時期はいつ頃がいいんだろうかと、ネット検索。
すると、どうだろう、これを見て、ガクッ!!。
あるサイトの解説を切り抜いた。
e0033229_1746561.png


だって前には鉢植えでちゃんと咲かせたんだから、鉢植えだっていいでしょうに・・・。
鉢植えで咲いた証拠写真、これは2008年3月(平成20年)の写真。
e0033229_1749536.jpg


とりあえず今日は植え替えはしないで根元に肥料だけやっておいたが、もうネットの育て方の解説なんか無視して、明日あたり植え替えを始めるかもしれない。

何とかしてやりたいし、やらない方がいいかもしれないし、悩む よしおじさん でした。




                      ・・
by yo-shi2005 | 2018-01-31 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 30日

クリスマスローズ

e0033229_1813686.jpg


クリスマスローズの白が咲いた。

昨年も一昨年も、このクリスマスローズには悩まされてきた、そして「もうどうでもいいや」と思ってある程度ほったらかしにして置いたら今年はそれらしい形の花が咲き始めた。

私は過保護なのだろうか??。

昨年は・・・・。
e0033229_18161748.jpg


私が名付けた昨年のクリスマスローズ・・・「幽霊咲き」

そして一昨年は、どうしたわけか葉っぱの茎が伸びず、蕾はできたのだが葉っぱがつぼみに覆いかぶさって花が咲けない、仕方なく葉っぱを茎の下の方からちょん切ってやったが、それでもいい花にはならなかった。

大分形がよくなってきたころの、一昨年のクリスマスローズ。葉っぱはほとんどない。花茎も伸びず花は下の方にコチョコチョと咲いた。
e0033229_1821548.jpg


そこで・・・昨年は「勝手にしろ!!」と言うことでほったらかして置いたら。夏から秋にかけて伸びた葉っぱは茎が長くいい感じになった。
そしてつぼみが出て、花は、普通の花が咲いた。
e0033229_18284081.jpg


もう一枚。
花も葉っぱも背が高い
e0033229_18293038.jpg


やっぱりかほごすぎたのかなぁ、それとも、管理の仕方が悪いかったのか。

手をかけすぎた・・・過ぎたるは猶及ばざるがごとし・・・か。
今年もほったらかして置いてみようと心に決めた、花好きな よしおじさん でした。




                       ・
by yo-shi2005 | 2018-01-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 29日

寒さ和らぎ花いじり

e0033229_17265153.jpg


誰に文句を言うわけでもないが、このところの寒さは、寒すぎた。
花の苗を買ってきても植え付けて寒さの中に置くのがかわいそうで、植えずにポットのまま置いた。

今日になって幾分寒さが和らいだので、少し苗を補充して植え付けた。

まず日本桜草、四日前に一株買って、そのまま置いたら屋内に置いたのでだいぶ成長した。
植え付けた日本桜草
e0033229_17321878.jpg


いつもと違うところに置いて写真を撮ったら、バックが汚いねぇ。

これが薄いピンクなので、白が欲しいなと思って、先日のホームセンターに行って探してみたが真っ白と言える花(タグの写真で)はなかったんで、名前に白の字がつくのを買って来た。
e0033229_17381785.jpg

苗は高さがおよそ1cmくらいこれでは、写真をアップしてもしょうがないので省略します。
植え替えもまだ小さすぎて怖いのでそのままです。


パンジー
パンジーの苗は安いのでいくつか買い足してきた。
そして植え付けた。4株づつの寄せ植えだ。

いつも不思議に思うのだが、こんな柔らかい花びらの花の写真を撮ろうとすると風が吹いてくる。
これはきっと風のやつ写真なんか撮ってもらったことがないから花にヤキモチ焼いて意地悪しているるのだろうと思う(笑)。
e0033229_17462481.jpg


e0033229_17464162.jpg


e0033229_1747672.jpg



寒さが和らいだとはいっても、まだ寒いので、丁度いい大きな衣装ケースがあったので、一晩だけちょっと過保護にしてあげようと思う。
e0033229_1754357.jpg


これに夜の間だけ蓋をしておく。
明日枯れてるかな???。

花には、とことん優しい よしおじさんでした。



by yo-shi2005 | 2018-01-29 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 28日

矢羽根型路面標示

e0033229_1934145.jpg



今朝の朝刊に織り込まれてきた静岡県議会だよりを見ていて、議会の質疑の報告の部分に、ちょっと気になることが書いてあった。

e0033229_1983562.jpg


議事の部分を
e0033229_1993635.jpg


あなたはこの道路標示を見たことがありますか?。これは埼玉県の例
e0033229_19153731.jpg



静岡市の県道にも同じようなブルーの矢羽根のマークは自転車通行帯として使われているが、これはもっと大きな表示のようだ。
e0033229_19121375.png


矢羽根型路面表示とは、道路幅員が狭く自転車道や自. 転車通行帯を整備することが出来ない区間において上の写真のような、車道の路肩に自転車の通行位置と方向を示. すために描いた青色の矢羽根型をした路面表示のことを. 示す。この路面表示を行うことによって、自転車利用者. に対して自転車の通行位置・方向を示し、それにより安. 全な通行を促すことを目的とした法定外の路面表示であ.る。
寸法は、上の図のように縦1.5m 横0.75mである。 夜間の視認性確保のため端に高輝度の白線を引いている。

自転車の安全のために、いろいろな方法で、自転車も自動車も規則正しく通行することは必要なことで、そのための効果的な方法を実行することは望ましいことだとは思うが、・・・・・
法定外の道路標示を使ってもらっても、その効力がどんなものか。

にらみが効くのか?。

出来る事ならこんな表示は遠慮してほしい。
e0033229_19253871.jpg


これでは矢羽根地獄だ。

それに静岡市で使われているもっと小さな表示との関係など、法令でしっかり規定してから使ってもらいたいと思う。



by yo-shi2005 | 2018-01-28 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 27日

インフルエンザ 大丈夫?

e0033229_1815115.jpg


日本列島のみではなく、今年は世界中で猛威を振るっているというインフルエンザ、あなたは大丈夫ですか。

今年は日によって寒暖の差が激しく、その上このところの冷え込みは異常なほどで、空気も乾燥しているので、インフルエンザウイルスにとってはとてもかつどうしやすい気象条件になっていると言います。
細かい数字やその集計方法などはここで書いても仕方がないので省略しますが、静岡県内もひどいですが、これは全国的にも、世界的にも今年は流行が激しいようです。

流行シーズン前にワクチンの製造が間に合わないなんて言われていたが、それも一時的なものだったようだ。
ワクチンの予防接種はしましたか。
e0033229_1834468.jpg


今から注射をしてもその効き目が出るまでに2週間ほどかかるそうですが、まだインフルエンザの流行は続きそうですから、しないよりはいいのか???。

今年の初めのころ、いつもお会いしるお隣の奥さんの顔が見えなかったのです。
どうしたのかな?と思っていたら、確か8日ころになって表庭で逢って
e0033229_18512198.jpg

「久しぶりだねぇ」と言うと
「実はねぇ、お正月早々私インフルエンザになっちゃってさぁ熱は出るし、あっちこっちは痛いし、えらい目に遭ったんだよ」
「そうかねぇ、そりゃぁ大変だったねぇ、それでもういいのぉ?」
「うんもうお医者さんも大丈夫だって言ってくれたから」

身近にもインフルエンザの患者と言う人が多くなってきた。

私はと言うと、このところ数年は毎年ワクチン接種をしているし、その前の・・・・
今考えてみると、記憶のある限りではインフルエンザに罹ったことがない。

でも安心はできない、インフルエンザはウイルスの型が幾つかあるが、
複数のウイルスが同時に流行しているのも今年のインフルエンザの特徴だそうだ。


そして飛沫感染が一番多いという。
ハックショーンとくしゃみをした時に空間に飛び出すウイルスの数はものすごいと聞いた、これをまともに吸い込んだらたまらない。

今日の新聞でも、人混みは咲ける、マスクをする、うがい、手洗い、暖房や加湿器を上手に使うことを薦めている。

今日は暖かいうどんでも食べて早く寝ようと思います。

私は風邪気味でも何でもありませんけどね。転ばぬ先の杖っていうやつです。

不幸にしてインフルエンザにかかっている方、どうぞお大事になさって、早く元気になって下さい。

今日は思いつくままにとりとめのないことを書きました。
にんにくは予防効果がありますよ・・・私には・・・。




                       ・
by yo-shi2005 | 2018-01-27 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 26日

春を待ちきれず

e0033229_183112.jpg


昨日の寒さよりは幾分楽に感じるのは、あの寒さに体の方が慣れたせいか、それとも昨日が寒さの底だったのか・。

実は昨日のうちに春が待ちきれずに花の苗をいくつか買ってきたが、あまりの寒さに植え付ける気にならなかった、もう一日二日待てば寒さは和らぐようだから、そしたら植え付けてあげようと思って寒くないところに避難させてある。

桜草は20年も前から育てていたが、「日本サクラソウ」と言うのは昨年初めて知った。
そして、それを教えてくれた友人から、二種類いただいてきた。
その二鉢はただいまは冬眠中で地中の根っこだけになっているがこんな花だった。

日本サクラソウ、ピンク無地の「千葉乙女」(昨年の参考画像)
e0033229_184033.jpg


もう一つは、ピンクン花びらに白の縁取りのある「南京小桜」(昨年の参考画像)
e0033229_18413880.jpg


昨日、ホームセンターに行って見ると、まだ芽を出したばっかりの日本サクラソウの苗が売られていた。
タグの写真を見ると、いろいろな種類の花がある。
もっと薄いピンクの花が咲くのを一つ買って来た。名前は「月の都」という。
これは写真がないので、苗のポットについていた写真を見ていただこう。
こんな花が咲くらしい。
e0033229_1846192.jpg


見たのでは苗の状態は解らないが。春の新芽が出て間もないような苗だ。
e0033229_184837.jpg

薄いピンク色の花が咲く。

こうそろえると、白が欲しくなる、白も買ってくればよかった。
今まで私が育てていたサクラソウ(西洋サクラソウ)は一年草で花が終わると枯れてしまっておしまいだが、この子らは、花が終わって葉っぱも茎も枯れても根っこは残る「宿根草」だから来年は苗を買わなくてもいい。


この桜草のすぐ横に山野草が並んでいた。
見ると、その苗は4種類のグループに分かれていて、それぞれのグループに、東向き、西向き、北向き、南向きと書かれていた。
「何のことだろう??」近くにいた店員に聞いてみた。
すると
「山野草ですから、本来は山のどんなtころに自生していた、と言うか、どんな環境を好む植物かで分けています」と言うことだった。

この苗は山で自生していたものを採って来たのを売っているわけではないことは確かだが、面白い分け方だ。

二つほど買ってみた。
日当たりの悪い表庭を考えて、北向きの中から、「ひとりしずか」
こんなラベルがついていた。ラベルの隅にも「北」の文字が入っている。
e0033229_1925790.jpg


そしてこのひとりしずかの苗は?とポットの中をみたが・・・・
e0033229_194156.jpg


苗が・・・・ない。よーく見たら、それらしいものがあったが土の色と同色で判別がつかない。


そしてもう一つ「西向き」を買った。これはラベルの花が綺麗だったので買った。
e0033229_196582.jpg


これはタグの横から葉っぱが見える程育っていた。

私の花づくりは楽しみでやっているのだから、珍しいものに手を出して、それを育てて楽しむ。だからこんなものも珍しいから買う。

でもこれじゃぁまだ庭が寂しいなぁ。
そこで、このホームセンターで一番安い、パンジーの苗を買って来た。
これはこんな風に寄せ植えにすると少しは賑やかに見える。
でも寒いからまだ植え付けてない。

植え付けてないパンジー
e0033229_19152312.jpg


早く暖かくならないかなぁ、花いじりがしたい。




                       ・
by yo-shi2005 | 2018-01-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(4)
2018年 01月 25日

寒い朝

e0033229_1911395.jpg


朝いちばんでなんて言っても午前7時だから、あんまり大きな声では言えないが、
表庭に出てみると、なんとプランターの縁からつららが・・・・・
急いでカメラを持ってきて

e0033229_19141482.jpg


真冬にはこれまでも鉢の中の土に霜柱ができることはよくあったが、つららは珍しい。
どうしてつららが出来たのだろうか?。

このプランターはこんな風になっている。
ちょっと大きめのプランターに、花を植えた小さな鉢が4個入っている、小さな鉢単品で置くと、強い風の時にひっくり返ってしまうので、ちょっとした知恵だが。
e0033229_19241629.jpg


花に水をやるときの、散水ガンをこのプランターに立てかけるように置いたらしい、散水ガンはねじが緩んでいて、水が漏っていた、それが凍ったのだろうと、自分の中で納得した・・・・
e0033229_19271998.jpg


ところが、今朝、散水ガンは凍っていて水は出なかった。凍って出ない水がどうして流れ出してつららになったのか??。
このホースからはお昼になっても水は出なかった。なぞは深まる。


まっ、いいか、夕方までにはとけたから…つららの謎が解けたわけではなくホースと散水ガンの中の水が溶けただけです。(パソコンにもとけるという漢字の使い分けができたようだ)


新聞拾い読み
今日の寒さはこの冬一番だったようで、静岡新聞にも写真が載っていた。

この写真は周囲の風景から静岡市葵区千代(せんだい)のあたりで撮影したものと思われる、
e0033229_19352147.jpg


新聞には、今朝の厳しい冷え込みに安倍川の河原の水たまりには氷が張っていた、飼い主に連れられてさんぽに訪れた犬が、氷の上で足を滑らせながらもはしゃいでいたと書いてあった。

静岡地方気象台での観測では最低気温が氷点下0.6度だった。

この寒さ、週末まで続くそうだ。

こぼれ話

昨晩はこの冬一番の寒さと言うことだったので、久しぶりに寝室の雨戸を閉めて寝た。
やっぱり違うんですね、暖かかった。
今夜も雨戸を閉めて寝よう。





 追加書き込み
謎が解けました。
ホースの水が少し漏れてまずつららが出来て、つららが出来上がるころに本格的な寒さになってホースと散水ガンの水まで凍ったのだと思います。                      ・
by yo-shi2005 | 2018-01-25 20:05 | 自然 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 24日

手をかけ、気を遣う花

e0033229_19151675.jpg


どっちが先でどれがどうだかわからなくなってきた(混乱)。

今日は私にとっては難しいことを夕方近くから始めた。今日のブルグなんか考えずに、うまくできたらこれをネタにブログを書けばいいなんて考えながら・・・・そんなときはうまくできなかったときのことなんか考えなかった。

外は、今年になってから体感してなかったような冷たい風が吹いているが、ファンヒーターのお陰で部屋の中は暖かい。「ちょっと暖かすぎるくらいだなぁ」なんて考えた時、気が付いた。

「あっ、あいつはどうしたっけ、あの7度以下になると枯れるっていう、このあいだかった花」
あれっから一週間になるが、毎朝日向に出してやって、夜は家の中に取り込んで。お殿様みたいな扱いだ。
だけど今日はすっかり忘れていた。

懐中電灯をもって裏庭へ、外は寒い。まだ、寒い中に出しっぱなしだった。
急いで部屋に持ってきた。
リビングに置いてみた。
どう考えても暖かすぎる

リビングじゃ暖かすぎる「マネッティア」
e0033229_19302980.jpg


それじゃどこに置こうかな、外は絶対7度以下になるし・・・。
そうだ玄関にしよう

と言うわけで玄関に追いやられた「マネッティア」
e0033229_19334257.jpg


ここなら7度までは下がらないだろう。

なんと気を遣う、手のかかる花だろう。

今日は私には難しい勉強をしますので、今宵はこれで失礼しします。

そうそう、私のふるさとのある、群馬県の白根山が噴火して、訓練中だった自衛隊員が一人犠牲になりました。
ここは、私のふるさとからだいぶ北の方ですが、私が昨年夏に行ったところのすぐ近くです。
このことは私の群馬ブログで取り上げています、ご覧ください。
右の、ど群馬と言うロゴの下にリンクがあります。




                       ・
by yo-shi2005 | 2018-01-24 20:05 | その他いろいろ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 23日

薔薇の芽が出た

e0033229_1848176.jpg


結局静岡市の南部には雪はひと粒も売らなかった。
静岡市は広い、三並は駿河湾に面しているが、北はリニア新幹線が通るくらい北の方の南アルプスの一部まで静岡市だ。そっちの方は気っと雪が降ったと思うが、市街地辺りは雨だけだった。

その雨も朝までには上がって朝はいい天気だった。

雨に当たって、庭の、花の咲いていない花たちはみんな元気そうな顔をしていた。
でもこの寒さの中では花たちもみんな「準備中」だ。

今月初めに植え替えてやった、可愛い花が咲く野ばらをよく見ると、細い幹に小さな新芽が伸び始めていた。
「この子も根付いたな」
雨上がりに見つけた野ばらの新芽
e0033229_18555736.jpg




庭の隅っこに追いやるようにまとめておいてある中に、ちょっと変わったものが見えた。
「あっ、これは?・・・」そうだ沈丁花のつぼみだ、
「もうそんな季節なんだなぁ」草にうずまった鉢の中で、沈丁花は冬も葉っぱは緑色をしている。
貧弱なつぼみなのは私が手入れをしなかったからで仕方がない。
早速草を取って肥料を上げた。・・・・「おそいんだよぉ」って言われそうだ
沈丁花の弱弱しい蕾
e0033229_1922361.jpg




先日、勿忘草のピンクを植え替えたが、ブルーの苗も大きくなって植え替えを待っているが、この秋ものすごい寒波が来るなんて気象予報士が脅かすので、植え替えを少し待つことにした。
この花は寒さには強い筈だ。我が庭には去年からずぅーっと咲いている勿忘草もある。
我が庭の勿忘草
e0033229_1955944.jpg



直径40cmの鉢が白い花でいっぱいになることを夢見て三株植え付けたノースポールは植えてから20日も過ぎたけれど植えた時と花の数もつぼみの数も変わらない。春が来なくてはだめか。
ノースポール(三株寄せ植え)
e0033229_1912221.jpg


隅っこが少し空いているから、もう一つ苗を買ってきて植えるかななんて考えている、花好きおじさんでした。




                        ・
by yo-shi2005 | 2018-01-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 22日

恋花との出会い

e0033229_19222028.jpg


昨日は外で作業をするのにちょうどいいような陽気だったが、今日は一変して、冬の再来だ。
家の中でファンヒーターを付けてもまだ寒い。

静岡県東部や伊豆地方にも大雪注意報が出たが、静岡市はただ雨が降っているだけ。


今日はこんなお天気で、特にこれと言ったブログネタもないので、先日からこのことを書きたいと思っていたことを書いてみますが、読まれた方がどう思われるか・・・・。

いつもこのブログで時々書いているようにこの花、マンデビラ・デライトと言う品種の花のことです。
e0033229_19283953.jpg


咲き始めはピンク色で、何日かすると次第にピンク色が薄れて最後は白い花になって散っていく。
このピンクが何とも言えない。また花の形も独特な花びらの形をしている。

前にも書いたが、今からもう10年以上も前になると思うが、NHKテレビの「趣味の園芸」という番組を、当時は日曜日の朝9時ころに放送していた。

ある日この花を取り上げて説明していた。

こんな歌がある
〽 一目見たとき好きになったのよぉ
   何が何だかわからいのよぉ

「わぁ、いい花だ、あの花欲しい!」と思った。

その時私は番組が終わるとすぐにホームセンターに行った。
見るとこの花の苗があった、値段なんか気にせずに買って来た・・・・と、この花とはそれ以来の付き合いだ。

同じマンデビラの別の色も随分買ったけど、やっぱりこれがいい。
一目惚れと言うやつだ。

e0033229_19402661.jpg


この花を見たのはその時が初めてだと思い込んでいた。
ところが、実は、それよりも前にこの花と私の出会いがあったのだということがつい最近分かった。

2004年に浜松市の浜名湖の近くで、浜名湖花博と言う花の博覧会があった。その時は浜名湖の会場へ妻と2度行った。その時に見た、モネの作品(睡蓮)を模した池と橋の風景の素敵な庭園が造られていた、それがその後どうなったか見たくて、先日浜松まで観に行ってきたことはこのブログの7日のページに書いた。

その時、パソコンに取り込んである古い写真を見た。
その写真の中に、このマンデビラが写っていた。
その時の様子はこの写真がこのマンデビラだということ以外はしっかり覚えていた。

妻に、「蔓でこんないい花が咲くんだったら、うちの柱にまきつかせてもいいな」なんて話したことを思い出した。
そこで写真を一枚撮って来たのだった。
e0033229_19551398.jpg


こじつけかもしれないが、この花とは何かの縁で結ばれていたような気がする。

と言う、なんとも取るに足りないような話でした。



by yo-shi2005 | 2018-01-22 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

検索

ファン

画像一覧