<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2018年 05月 31日

観葉植物いろいろな話。

e0033229_1865799.jpg


通常は花の咲く草木を育てて自分なりに楽しんでいるわが庭だが、中には本物の観葉植物も、また観葉植物扱いにされてしまった花ものもある。
そんなものを拾い集めてみた。

これまではわが庭で多肉植物と言えば、古いアロエの株が見すぼらしい姿になって一鉢あったが、何年か前に処分した。
それからは、あるいは隅っこに何かあったかもしれないが観葉植物はたぶんなかったと思う。

昨年秋、甲府市のお友達がかわいらしい多肉植物の苗(これも苗というのかどうか知らないが)を持ってきてくれた。

その時は三種類持ってきてくれたが一つは、その多肉植物の葉っぱをひとつというか一枚というか、それだけで、「土の上に置けば根が出ますよ」といわれたが、その通りして置いたら風で飛んだか地面に落ちたか、どこかに行ってしまった。
Kさん、ゴメンナサイ。

でもそれ以外はとても元気に大きくなっている。

まず大きい方、その名は トラヂスカンチア・シ(セ)ラモンタナ

頂いたときは(若いころの私のように)すらっとしていた。
e0033229_1924634.jpg


それが今ではズボンのウエストがきつくって・・・私のことはどうでもよかったですね。
でも、シラモンタナがもしもズボンをはくとしたら、静岡に来た頃のズボンは入らないことでしょう。
今では子供も、孫もできてこの姿です。
現在のシラモンタナ 同じ鉢に植えてあります。
e0033229_18223644.jpg



これが、ピンク色の花びらが三枚の可愛い花が咲くのだそうです。これは楽しみです。
これが花の参考画像です。
e0033229_18242713.jpg



その時一緒にいただいた、葉っぱ自体がバラの花みたいな多肉植物、上の写真の隅に植えてあるのがそれです。名前はセンペルビウム。
最初はみどり一色でしたが最近葉っぱの先端が褐色になってきました。
最初は小さかったので、シラモンタナと同じ鉢の隅に植えましたが、元気に育ってきたので、独立した住まいを持たせてあげました。
今日、雨の中で撮った写真 センペルビウム
e0033229_1836060.jpg


濡れていないセンペルビウムも私は好きです
e0033229_18365126.jpg

この写真は周囲があんまり雑然としていたので、黒く塗り潰しました。
最近は塗りつぶしたのを見せるのが流行のようです。


この子らをいただいたので、私もホームセンターのレジの前にあったのを衝動買いしてみました。
この子はエケベリアというそうです。
e0033229_183929.jpg


多肉植物はこれだけです。


我が家に庭の隅にもう20年近くもおとなしくしている観葉植物があります。
まったく手入れも何もしていませんから人様にお見せできるような姿ではありませんので、葉っぱだけ、当ブログ初登場の、我が家のアイビーです
e0033229_18423975.jpg



この親父もかなり古株です、本来は薄い紫色の小さな花が咲くのですが、何が気に入らないか花が咲きません。そこで「これからお前は我が家の観葉植物だ」と思うことにして、花を期待しないことにしています。
何故か今年は葉っぱが少ないです、
うちのギボウシです。
e0033229_18455832.jpg



これは去年は花が咲いたのですが今年はおそがけに芽が出てきて、こんなにひょろひょろと・・・
これ、カラーなんです、黄色の花が咲くはずだったんですが、今年は「私、観葉植物です」とでも言いたげに、すましています。
e0033229_1850386.jpg



まだいくつか写真を用意してあるんですが、長くなりますので・・「今宵はこれくらいでよろしいかの」。




by yo-shi2005 | 2018-05-31 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 30日

よくぞ御無事で、驚喜する発見

e0033229_1811546.jpg


猫の額ほどのわが庭の裏庭の一番奥、今の季節は日中日が当たるが冬は全く日が当たらないところに、先日咲き始めたゼラニュウムとべゴニアが棚に並べてある。

そのゼラニュウムの花びらの下に枯れ枝を植えたままになっている大きめの鉢が置いてあった。
e0033229_192351.jpg


一昨日のブログにも書いたし、花の話が出た人には良くこの話はしたが、この冬の寒さで、昨年秋には大きめの鉢で7~8鉢のハイビスカスがあったが、この冬の寒さで全部枯れた。


春が来てもハイビスカスたちは芽を出さなかった。

芽を出さない枝の先端から切ってみると、樹皮のすぐ下の緑の部分が茶色になって水気もなくなっていた。
だんだん下の方に切り詰めてみて、緑が見えないものは「枯れた」として泣く泣く処分した。

最後に一つこれもダメかと思ったが、去年出た細い枝を指で折ってみると曲がるだけで折れなかったので、引き抜くのを一番最後にしたのでした。

ほとんど引き抜いて枯れた枝も処分した。ただひとつ・・・・これも先日苗を買って来たタイタンビカスを植え付けるにこの鉢を使おうかと思ったが、物置にまだ鉢があったので、この鉢は使わなかった。


通りがかりに、何気なくその枯れたような枝を見ると、なんと緑の芽を出していたのです。

こうゆうのを「驚喜」というのでしょうか、驚きと喜びが同時に私を襲って来たのでした。

「わぁぁ、よくぞ御無事で、生き残ってくれたなぁ」というと同時に、「あぁ、引き抜かなくってよかった」と胸をなでおろした。

そのハイビスカス
e0033229_1840503.jpg

鉢の中にはゼラニュウムの花びらが落ちていた。
早速肥料を上げた。

花の名札は赤としか書いてない。赤が二種類あった。一つは私の静岡の実家から預かっていたが昨年は一つも咲けなかった株、そしてもう一つは一昨年買った大きめの真っ赤な花が咲く株。
どちらかわからなかったが、一番大きな葉っぱをよく見ると
e0033229_18455392.jpg


これは葉っぱの形から、この花だと思う。
e0033229_18463765.jpg


この花は去年は長いこと待たされて10月1日に最初の花が咲いている。

これがひとつ助かったことでハイビスカスは全滅ではなかったことになる。

とにかく私にとっては嬉しい発見だった。

今日はほかのネタを用意していたのですが、あまりの嬉しさに、差し替えて書きました。
この花が咲くのは早くても8月後半以降になると思います。もっと遅くなるかな?。
それまで大切に育てます。



by yo-shi2005 | 2018-05-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 29日

お隣の花

e0033229_18104225.jpg


道路に出て何気なくお隣の庭を眺めると・・・

「あれぇ、あれは何の花だろう??」

近寄って見ると、なんと上品なかわいらしい、今までに見たこともない色のマンデビラの花だった。

e0033229_18141616.jpg


「奥さん、このマンデビラ珍しい綺麗な色だねぇ、どこで買った?」
「私も初めていった店だけど、花屋さんじゃないみたいなお店だよ、本通のあそこの・・・」

奥さんの言うには、息子が「花を買ってあげるから」と車で連れてって買ってくれたそうだ。
そのお店は以前は普通の花苗なんか売っていたが、最近は高級なお花やブーケなどの専門店になってしまって、私なんかには手が出ないので、覗いたこともない。

ただ、心配なのは、このマンデビラこんなに沢山蕾を持っているが、植木鉢は花の下の方に見える白い四角な鉢で、土もすこし少ししかはいっていなかった。それが心配だ。

しかしいい花だ。


しばらく前からお隣の奥さんは
「うちのアジサイ葉っぱはあんなに茂っているけど、蕾が少ししか出ない」と言っていたが、その花が咲いた。こんなかわいい花だった。
お隣の額紫陽花
e0033229_18281970.jpg



先日もブログに書いたが、我が家のハイビスカスはこの冬の寒さのために今年は全滅だった。全部枯れてしまった。
ホームセンターに行っても買う気にならない。
そんな折お隣で、真っ赤なハイビスカスが二つ咲いた。
お隣の真っ赤なハイビスカス
e0033229_1832327.jpg



お隣の奥さんも花が好きなようで、一生懸命手入れをしている

今年はハイビスカスを買わない代わりに、これにしようと最近考えたのが、この花だ。
まだ咲いた実物を見たことがない花だが、毎年咲くアメリカ芙蓉と同じような花だと想像している。

昨日二株買ってきて、全部で三株になった。

先日初めて買った株、花の色はピーチホワイトだそうだ
e0033229_1836582.jpg


そして今日は二株買って来た、一つは真っ白で色名はエルフ
e0033229_18422980.jpg


もうひとつはショッキングピンクで、色名はレイアというのだそうだ。
e0033229_18581435.jpg


今日はやたら「隣の芝生が青い」一日だった。




by yo-shi2005 | 2018-05-29 20:05 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 28日

惚れこんだらしい花

e0033229_19262234.jpg


この冬の寒さで、我が家のハイビスカスは全部枯れた。

我が家はそんなに寒いところにあるわけではないのだが、この冬に限って、「添い寝」をしなかった。
つまり屋外に出しっぱなしにしたわけだ。鉢の数で7~8個はあったと思うが、春になって芽が出たのは一つもなかった。

そんなわけで今年はハイビスカスは諦めて、というか、嫌気がさして、その後苗をひとつも買ってない。そのままだと今年の夏のわが庭は寂しいものになるかもしれない。
そう思っていたが・・・
一昨日ホームセンターでいいものを見つけた。
それがこれ、この会社のホームページによると一年でこんな大きさになるのだそうだ。
e0033229_18364671.gif


正直こんなに大きくなってもらっては困るが、素人が育てたらこんなに大きくはならないだろう。
早速一昨日のブログのネタになったが、それは苗ひと株だけだったので、これでは寂しいと思って、もう少し買いに行った。

一昨日の私が買った時よりは、苗の量は半分くらいに減っていた。あれだけ大きくなると書いてあっては敬遠する人も多いと思うが。
二年目でこんなに大きくなるんだそうだから。これで鉢植えですよ。
e0033229_19284922.gif


でも私は買って来た。

二株も。
e0033229_18465736.jpg


写真のように育ってしまったら、猫の額にはいるかなぁ。

出来るだけ大きな鉢に植えようと思って、今考えているところです。

でもこの写真のようになったらすごいだろうなぁ。ならないと思うけど。
そうなったらほかの花はいらなくなっちゃうかもしれないなぁ。

どうやら花を見ないうちからこの花に惚れちゃったみたいな
よしおじさんです。

他の花の話題もあるんだけど、話が小さすぎて・・・

植え替えちゃいけない時期に植え替えた苧環
e0033229_1936871.jpg


ほら、比べるとしょぼいネタでしょう。でもこの花も咲くと可愛いのですよ。



by yo-shi2005 | 2018-05-28 20:05 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 27日

思いを寄せていた滝へ

e0033229_18225013.jpg


何年か前に静岡市葵区横山にある「横山の大滝」行ったとき、ここに滝がありそうだと思いたくなる山の間の谷を覗いてみたら、そこに小さな滝があった 。
そして、先日3月18日に横山の大滝にいった帰りに、その谷間をまた覗き込んだ。「このに滝があるということは解っているんだけど」と思いながら、その滝のずっと向こうの高い所を見ると・・・
「あそこにもっと大きな滝があるぞぉ」・・・・
その時はまだ日も短く時間もなかったのでそのままにしたが、気になって仕方がなかった。

お昼ご飯は何にしようかなと思いながら、外を見るとなんといい天気だ、そこで
「あそこなら今からでも大丈夫だ」と急いで支度をして発車11時56分だった。

「途中でコンビニでおにぎりを買えばいいや」と食べものと言えばカロリーメイトが二つといろいろな栄養素が入っているという「メイバランス」という飲み物だけだったが気楽に飛び出した。

ところが、山の入り口までにはコンビニは沢山あったが「まだこの先にもあるだろう」とみんな通り過ぎて、ついに山の入り口まで来てしまった。
「カロリーメイトがあるからいいや」

目的地に着いてカロリーメイトとメイバランスとお茶という昼食をとって。山に入った。

まず手前の谷にある滝を見て…これは谷が深くて近づけない。
e0033229_18445811.jpg


そして目的の滝に向って山道を登り始めたが、この滝に来た人が何人かいたのか、踏みあとのようなものはあったが、捕まるところと言えば土が崩れて露出した木の根っこくらいで、足場も悪い。
「これはヤバイ」
と思い登り始めた道を戻って、車からロープをもって再び登った。
ロープを使えば安全に登れる。

そして滝前へ。予想以上のいい滝だ。
流木が邪魔なので何とかしようと思ったが、水に濡れて重くて動かない。

「まっいいか、自然を楽しみに来たんだから、これも自然の一部だ」。
横山大滝手前の滝(無名滝)
e0033229_18523182.jpg


滝つぼは
e0033229_18534616.jpg


落差は私の見たところ6Mはあると思う。
この流木が倒せればちゃんとした落差が解るのだが、こいつ動かない。

ひさしぶりの滝を楽しんで、すぐ近くの沢にかかる小さな滝も観て来た。
この沢も何年か前に入ったことがあるが、ここはワサビ田ばっかりで大きな滝はなかった。

こんな滝はあちこちにあったが
e0033229_2264588.jpg



明日は体中が筋肉痛になるだろうが、やっぱり滝はいいなぁ。

それに2か月余りの間行ってみたいと思い続けていた滝に行ってみたら、予想以上の滝に

・・・・満足、満足。

なお、この滝の場所は横山の大滝に行く途中で目印は、モノラックの積み下ろし場のある橋と、その橋を渡って進むと急に開けて傾斜地の茶畑になる中間あたりの登りを向いて右側に粗末な石段があります。その奥です。橋のすぐ近くの石段は違いますよ。その先です。茶畑の小屋が見えるあたりです。



by yo-shi2005 | 2018-05-27 20:05 | | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 26日

あぁ、これ、あれだったんだぁ

e0033229_18352119.jpg


昨日、オクラの苗を買いにホームセンターにいって、屋外の園芸コーナーのレジで支払いをしているとき、あるポスターが見に付いた。

それには「大型宿根草」「夏の間大きな花が次々と咲き続ける」「鉢植えもok]と大きく書いて、まだ入荷したばかりらしいみずみずしい葉っぱの苗がたくさんおいてあった。

ポスターの写真にはいろいろな色の大きな花が写っていた。

「これいいなぁ、俺の好きなタイプだ」
タグを見て一番白っぽい花をひとつかごに入れた。
レジには A4サイズのカラーのチラシがあった。
店員に
「このチラシ一枚くれない?」と訊くと・・・
「すみません、これ一枚だけ問屋さんの人が持ってきたので上げられないのですが」
「そうかぁ、一枚欲しいけどなぁ」
「それじゃ少し待っていただけますか、今コピーしてきます」と言って店の中に入って行った。
そして間もなく戻って来た。
見るとモノクロんチラシを持っていた。「おれ、カラーが欲しいんだけど」と言葉が出かかったけどぐっと飲みこんだ。
親切な店員がコピーしてくれたモノクロのチラシ
e0033229_1850099.jpg


レジを済ませて帰って来た。
昨日は植え付ける途中で腐葉土を買いに行ったりしていたので全部植え付ける時間がなかった。


初めての草花を植え付けるときはネットで検索して、その花の特徴などを調べてからそれに合わせて植え付けるようにしている。

ネットでこの花のメーカーのホームページを見ると・・・・・・「なぁんだぁ、この花、あの花だったのかぁ」

実はこの花のルーツはわが庭で去年も咲いたあの花・・・

アメリカ芙蓉(昨年の画像)
e0033229_18554545.jpg




もみじ葉葵(昨年の画像)
e0033229_18563010.jpg


を交配して改良した品種だった

だから花だけ見ると、
去年わが庭で咲いたアメリカ芙蓉の白
e0033229_1858161.jpg




ホームページの写真(今回苗を買ったもの)ちょっと写真が小さいが・・
e0033229_18595523.gif

同じ花だった。

でも我が家のアメリカ芙蓉は草丈が70~80センチくらいだが、このタイタンビカスは、改良されて草丈が2メートルと書いてある。
どちらかというとそんなに大きくない方が助かるのだが。

でも、本当に7月から10月頃まで咲き続けるんだったら、別の色をあと1~2本買ってきてもいいななんて考えている。

よく見ないで、偶然買ってきたが嫌いな花ではないので・・・・・困った親父だ。




by yo-shi2005 | 2018-05-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 25日

花より団子ではなく、花と団子

e0033229_1802318.jpg


10年くらい前まではこんな理由でオクラは「食わず嫌い」だった。
でも、この花は何とも優しい感じで好きだった。
そのころは自分で種から育てたオクラの実がなると、お隣に住んでいた奥さんに食べてもらっていた。

ところがある時人に勧められてちょっと食べてみた。「これがぁうみゃぁじゃん。何でこんなうみゃぁ物を食わねぇっけだか」(静岡弁)

ということで、スーパーで買ってきて食べるようになった。


このあいだある店にオクラを買いに行ったら普通のオクラの半分くらいのしかなかった、
「これじゃいつもの二倍くらい食わなくっちゃぁ足りねぇ」ということでそれじゃ花を楽しみながら自分で育てようと思い立って、オクラの苗を買いに行って来た。

2種類買って来た
e0033229_1811141.jpg


そして、植え付けようと思ったら・・・・あれぇ、腐葉土がない・・・
もう一度ホームセンターへ腐葉土を買いに。

そして植え付けた
小さい方の苗
e0033229_181387.jpg


そして大きい方の苗も植え付けた。
e0033229_1813575.jpg



先日ゴーヤも買ったら、一回り小さく、未熟のようで美味しくなかった。
よし、それじゃゴーヤもうちで育てちゃおう。
ということでゴーヤの苗も買って来た。
万一枯れた時に備えて2ポット買って来た。
e0033229_18172492.jpg


今年はハヤトウリの蔓を間引いて少なくして置いたので丁度いい。
ハヤトウリの横のコンテナーに植え付けた。
e0033229_18182762.jpg


ゴーヤの花は特別大きな花でもないが、オクラの花は楽しみだ・・・食うのも。

余談だが
私はオクラは食べるようになったが、イクラは嫌いだ。

以前食用花オクラを栽培したことがあった。
普通のオクラと同じような大きな花が咲いて、その花が食べられるというので、食べてみたが、何の味もなく、醤油をかけて食べたが、ただ醤油の味だけだった。

あれは、「こんな綺麗なものを食べている」という気分を味わうだけのものなのかもしれない。




by yo-shi2005 | 2018-05-25 20:05 | | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 24日

赤い花咲く表庭

e0033229_18173661.jpg


丁度枝を切り終わった時お隣の奥さんが顔を出した。

「どう、奥さん、さっぱりしたでしょう」
「えっ、切っちゃったの?」
「うん、だってこの冬の寒さに負けて枝が枯れちゃったみたいだからさ」
「へぇ、勿体ないねぇ」

何を切ったかというと、昨日のブログにも書いた、玄関前にデュランタ・タカラヅカの枝です。
こんなにさっぱりしました。
e0033229_1826228.jpg


「枯れてしまった枝を付けておいても、俺は花咲じじいじゃないんだから花は咲かない」と思い切って切ってしまった。下の方に新しい芽吹きがあったのでこれを伸ばしてやろうと、その時の支柱になると思って幹のまっすぐな部分だけ残しておいた。(赤い矢印)

今年のうちに花が咲くかどうかはわからない。

さて、本題だが、先日病気にかかって花は咲いたが写真を撮ってすぐに花を切って捨てたアマリリスの赤だが、別の鉢の赤が今日元気に咲いた。
e0033229_18311518.jpg


これで我が家のアマリリスは三色(厳密には四色だが)揃い咲きとなった。
e0033229_18322996.jpg




まだ寒いころ、庭先にあった土だけ入った植木鉢をひっくり返したら中から小さなジャガイモのようなものが出て来た。
「あっ、いけねぇ、これダリアの球根だ、今年も咲くかもしれない」と小さなポットに土を入れてその中に埋めておいた。
暖かくなってきたらポットから芽が出て来た。
「やっぱり生きてたか」と、そっと鉢に植え替えてやった。

大きくなってつぼみが出て来た。
「あの時3色あったのだけどどの色が残っていたのかなぁ」

それが今日咲いた。この色だった。現物の花弁は、天鵞絨(ビロード)のような感じの花だ。
e0033229_18384730.jpg



去年からずっと表庭の隅っこにいた大きい鉢のクジャクサボテンにつぼみがいくつか出た。
最初の一つが今日咲いた。
普段はそっと庭の隅にいて忘れられていたが花が開くと存在感がある。

e0033229_18433868.jpg


そっとお向かいの庭に置いてきた。花が咲いたので里帰りだ




by yo-shi2005 | 2018-05-24 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 23日

この冬の寒さに、勝った木、負けた木

e0033229_1754564.jpg

わが庭で、私のいたずら心で無理やり大きく育てられてしまった花木が二つある。

ひとつは裏庭にある、ランタナだ。

樹高は2mを超えて、一年に3回くらい花を咲かせる。こんな風に

e0033229_17571688.jpg


そして冬になっても葉っぱは緑色をしていた。

しかしこの冬の寒さは格別で葉っぱも細い枝までも枯れてこんな姿になってしまった。
e0033229_17582997.jpg


どの程度まで枯れ込んでいるのかわからないので、思い切って刈り込んだ。
こんな姿になった。

e0033229_1814216.jpg


これが3月3日のことだった。

ところが、生命力の強い木で、暖かくなると枝先から芽を吹いて、たちまちこんな緑になってしまい、花を咲かせ始めた。

e0033229_1831188.jpg


この調子で育てば、「下を通るのに葉っぱが邪魔だ」なんて言いたくなる日も近いだろうと思う。


その反面


表庭の玄関前にあって同じように屋根まで届くように大きくなって、毎年紫色の花を咲かせてきた、デュランタ・タカラヅカはいつもは真冬も緑の葉っぱをいくつか付けているのだが、この冬のあの寒さには耐えきれなかったようで、葉っぱは綺麗に落としてしまって、今もって、まだ芽が出てこない。枯れ枝状態だ。まだ枝に触ってみてないがおそらく枯れているのだと思う、

玄関前の屋根の高さに枝は伸びているが葉っぱが出てこないタカラズカ
e0033229_1851858.jpg


でもよく見ると幹の下の方から新芽が吹いているので、これをのばしてやれば、何年か後には元のようになることだろうと思う。

雨が降ると枝が垂れ下がって下を通る人が触ると水が垂れて、困るのだが、ないと寂しい。
by yo-shi2005 | 2018-05-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2018年 05月 22日

好奇心

e0033229_18384495.jpg


何にでも興味を持ち、好奇心の塊みたいなおっさん。それが私である。

ただ花を育てて楽しんでいるだけでは飽き足りず、時々変な実験をしてみたくなる。

ペチュニア

今月初めにペチュニアの苗を買った。もうすでに花が咲いていた。

ある時テレビの園芸番組で、ペチュニアを買ってきたら花も蕾も全部一度摘んでしまった方がよいと言っていたのを思い出して、実験してみた。
大きめの鉢に二株植えて、こんな風にしてしまった。
e0033229_18442473.jpg


それから20日が過ぎたが、この実験成功したのかどうかわからない。
そのまま咲かせていたとしても、このくらいの花が咲いていたような気がする

20日後の状態(実験結果)
e0033229_18465844.jpg



紫陽花

紫陽花は酸性の土では花が青くなりアルカリ性の土では花が赤くなるということはよく知られている。

先日、花が咲き始めたガクアジサイの鉢が小さくて可愛そうだと無理に植え替えて一回り大きな鉢にしたが。その時咲き始めた花を見ると、赤なのか青なのかわからないような色をしていた。
「よしそれじゃ酸性の土を使って青くしてやろうと、園芸用の土では酸性の部類とされる赤玉土と、鹿沼土、それに腐葉土を混ぜた土で植え付けた。

同じ花でもう一つの鉢があるので今日になって比べてみた
植え替えたほうのアジサイ
e0033229_18563585.jpg


植え替えなかった方のアジサイ
e0033229_1857880.jpg


これも何とも言えない。
植え替えてからまだ日が浅いので、土のpHの違いはまだ影響が出ていないかもしれないし、赤い方は日当たりの悪い所にうずもれていたのだから何とも言えない。


美央柳

去年の花後の刈り込みの時にこんなことを始めたのだが、ただこんもりした鉢植えの株ではつまらないと思い、雪だるまのようにもう一つ上にまるいかたまりをつくりたいと、やってみたが、枝ぶりは一年では変わらないようだ。このまま置いて来年に期待しよう。
e0033229_195792.jpg


今回の実験は成功か失敗かと言えば、私には全部大成功でした。
何故なら、このようにすれがこうなるということが分かったからそれを知っただけでも成功と言えましょう。
これを世間では負け惜しみなんて言いますが(苦笑)。

余談だが、毎年玄関前で紫色の花を咲かせていた、この種の木としては大木のヂュランタタカラヅカは、この冬の異常寒波で上の方は枯れてしまったようで、新芽を吹かない。
下の方から脇芽が出ているようだから、根は生きているようだ。
もう一度仕立て直しということになりそうです。



by yo-shi2005 | 2018-05-22 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

ファン

画像一覧