<   2018年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2018年 06月 17日

野の花



今日の話を書く前に面白い先人の知恵をひとつ。
昨日書いたタチアオイの話を読んだ小学校の同級生から電話があって「よしさん、こうゆう話知ってる?」。その話は・・・
「昨日のタチアオイの写真綺麗だったね。タチアオイって、梅雨明けを知らせる花だってこと知ってる?」
「知らないよ、どうやって知らせるの?」
「タチアオイってねぇ、一本茎があって、蕾がいっぱいついて、下から順々に咲くでしょう。あの花が一番上まで全部咲くと梅雨が明けるんだって」。
「へぇぇ、知らなかった。昨日教えてくれれば、タチアオイつづきでブログに書けたのに」

でも私も知らなかった話なので、ブログの読者の皆様と共有したいと思います。
e0033229_14405442.jpg


・・・・・・ここからが野の花の話です・・・・・・・・

早朝と言っても、この季節ですからお日様は高く上がっていました。
朝の空気が気持ちがよかったので、ちょっと出かけたついでに、近所の安倍川の堤防のあたりを歩いてみました。胸ポケットに入るような小さなデジカメをもって。写真を撮りながら。

最初に目についたのが、よく、月見草と間違えられる大待宵草。もっと大きいのもありますがこれは小さな花でした。
『富士には月見草がよく似合う」と言われたのはこの花のことだったようです。
e0033229_14463034.jpg



このあさがおよーく見るとなかなかの美形です。
元はいいとこのお嬢さんだったのだが、親との折り合いが悪く家を飛び出して野生化してしまってくさむらの野草になったのでは。 
「人間と一緒にしないでよ!」なんて言われそう。
e0033229_14505248.jpg



これは「ムラサキツユクサ」っていうんだよ。と教えると「これ違うじゃん、紫はこんな色じゃないよ」と言われるんで「そんなに理屈っぽいことばっか言ってると”よしおじさん”みたいな大人になっちゃうぞ」子供は私の顔をジィっと見つめてた。
e0033229_1455590.jpg



この花の実をつぶすと真っ白な粉が出てくる。だからこの花は「オシロイバナ」って言うんだよ。と教えると。女の子は「それじゃぁこれはファンデーションフラワーだね」。
この頃は子供と話すにも英語を知らないと・・・・。
e0033229_1459186.jpg



知らない人は、「綺麗な花だね」と褒めてくれる。
何年か前に私はこの花の種を採取して育てて花を咲かせて表庭においたことがあった。
褒めてもらったこの花は、栽培禁止植物・オオキンケイギクなのですが。
e0033229_1521488.jpg



元は学校で夏休み前に宿題で、先生から苗を貰って、一生懸命育て、その時実った実の一つが、鉢の中の残土と一緒に安倍川の土手に捨てられた。
「わたしねぇ、植木鉢なんかなくったって花を咲かせられますよ」と言ったかどうか。
e0033229_1595634.jpg


ここは道路一つ隔てて住宅が立ち並んでいます、園芸植物が捨てられて野生化したものが大部分でした。
まだ写真は数枚残っていますが本日はこれくらいで・・・・。




by yo-shi2005 | 2018-06-17 20:05 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 16日

タチアオイは静岡市の花ですが

e0033229_17224021.jpg


何年前だったか覚えていないが、静岡市の花「タチアオイ」の苗を買って育てたことがあった。もちろん鉢植えでした。

ものの見事に枯れてくれた。肥料も与えていたが栄養不足だったのかなと思う。
普通は草丈が2メートル以上にもなるのだから、やっぱり鉢植えでは無理だったのだと思い、それ以来は育てることは敬遠してきたのですけれど。
「のど元過ぎた失敗は」忘れてようで・・・
e0033229_17284617.jpg


今年はこんな花を夢見てポット苗をひとつだけ買ってみたのです。
ピンクの八重咲だからこんな花でしょう。
e0033229_1734133.jpg


ところがやっぱり鉢植えの哀しさ。今日咲きましたが
e0033229_17351044.jpg


こんな姿を人目にさらすのは可愛そうなのですが・・・
e0033229_17362291.jpg


もうやめます。好きな花ですけど、自分で育てるのは花がかわいそうです。

静岡市の花ということで毎年5月6月になると、民家の庭先や歩道の隅、郊外の畑の隅などに、きれいに咲いていますから、それらを見て楽しむことにします。

・・・・・・・・・・・・・・

その点、この桔梗ちゃん、去年も長い間咲いてくれて、今年も一生懸命咲いてくれそうです。
今日はわざわざ黒いバックを作って写真に収めてあげました。
e0033229_17423644.jpg


エキサイトブログの投稿サイトが大変混雑しているとメッセージが入りました、混雑緩和に協力して、本日はこれにて終了といたします。



by yo-shi2005 | 2018-06-16 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(1)
2018年 06月 15日

パソコンのパスワード変更不要

e0033229_18371620.jpg


最近、モバイルタイプのPCを手に入れて、初期設定から始まって、いろいろな設定をやってきて、アカウントやらパスワードに悩まされてきた私だが・・・・

パソコンをインターネットにつないで毎日いじっている私にとっては、パスワードの大切さは理解しているつもりだが、あれは忘れるものである。
そうかと言ってメモに書いてパソコンに貼りつけておいたのでは、戸締りをした玄関の前に合カギをぶら下げておくようなものである。何のためのパスワードかということになる。

まして最近まではパスワードは人に見られたり、見破られたりするといけないから時々変えたほうがいいと言われてきた。「それをどの脳みそが覚えるんだ」と言いたくなった。

一週間ほど前の地方紙(静岡新聞夕刊)にこんな記事が載っていた。
e0033229_1781186.jpg


今度は定期的にパスワードを替える必要はないというのだ。
e0033229_17112834.jpg


e0033229_1822030.jpg


そして私みたいに覚えられない人のためにはこんな手段もあるようだ。
e0033229_1729541.jpg

参考まで、こんな広告もあります関心のある人はクリック


ところで、上にも書いたように今度手に入れたモバイルPCは、スイッチを入れるたびに、暗証番号を要求してくる。
これはどこかで「パスワードを保存」というところにチェックを入れればいいのだろうが、
「俺だけのパソコンだ」っていう気分でそのまま毎回暗証番号を入力している。

これは新聞切抜の写真だがこんな画面が出てきて4ケタの番号を入れ終わった瞬間にトップ画面に代わる。
e0033229_17371526.jpg


新聞記事の切り抜きらしい構成にしようとしたら、こんなつぎはぎだらけの画面になってしまった。
読みづらいかと思いますが悪しからず。


余談だが
老朽化した脳の持ち主の私にいつもPC操作を教えてくれる友人は「あんたはアカウントもパスワードもすぐに忘れちゃうんだから、これからはこのノートに書いときな。
但し、このノートは人に見せちゃぁいけないよ、俺にも見せるな!。それから、紛失厳禁だよ。
これを落とすことは家の鍵を落としたと同じくらいに考えたほうがいい」。と言って小さなノートを持ってきてくれた。
私は言われた通り、なんでもこのノートに記録しているが、そんな大事なところに記録すると、案外覚えてしまうもんだ。




by yo-shi2005 | 2018-06-15 20:05 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 14日

回復してきた蔓日日草、ヤレヤレ

e0033229_17242426.jpg


まずは今朝咲いた、今シーズン三個目のかわいらしいバラの花をどうぞ。
これも預かりっぱなしの薔薇だが、この冬の寒いころに根元の土があまりにも少なかったので土増しをしてついでに肥料も・・・・すると、こんなきれいな花を三つも楽しませてくれた。
だんだん花が小さくなるのが寂しい。
e0033229_17274010.jpg



ところで、今日の本題。
日日草と言えば普通はこんな花のことを言うが・・・
e0033229_17353296.jpg


これは、一年草の日日草です。

そして蔓性の蔓日日草(ツルニチニチソウ)がある。こんな植物だ。
e0033229_1830188.jpg


これは繁殖力が強く、鉢植えでもちょっと目を離すと地面に根を張って野生化してしまう。
我が家にもそんな風になり始めたのがある。

そのほかに、今日の話題のネタになる「斑入りミニ蔓日日草」というのがある。
それがこれです(ちょっと古い写真ですが)
e0033229_17405818.jpg



その花がどうしたかというと

こんな細い鉢に植えてつりさげるようにして楽しんでいました。
e0033229_18164843.jpg


ところが4月頃にやけに暑い日がありました。その日、日向にぶら下げておいたのです。

どうやらその時黒い鉢の中はかなりの高温になったようで、葉っぱが萎れてきてしまいました。
急いで水をたっぷりかけて、日陰に置きました。

鉢が熱い状態の時間がそれほど長くないうちに気が付いて水を上げたので助かったようですが、その時萎れた葉っぱは全部枯れてしまいました。でも最近になって蔓も伸びて真ん中の葉っぱもだいぶ育って回復してきましたが、一時はだめかと思いました。
15年ほど前に亡妻が買ってきたものなので枯らしたくかったのです。

e0033229_1823614.jpg




今度植え替えるときは、白い鉢にしようと思っています。
土があまりたくさん入らない鉢の場合は、根に負担がかかりますから、なるべく白っぽい鉢で大きめのゆったりした鉢がおすすめと思います。

でも細い鉢の方がかっこいいんですよね。
植木に教えられました。

失敗談になりかけた話でした。



by yo-shi2005 | 2018-06-14 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 13日

庭先で思ったこと

e0033229_19264296.jpg



変な話からの書き出しになるが、最近の夜間の道路工事現場の証明は、こんな形のものが多くなってきた。これの方が直接光を当てる照明よりも仕事がしやすいようだ。
e0033229_18302141.jpg


昨日夕方、庭の白い桔梗の蕾がパンパンに膨らんで今にもパンクしそうになっていた。それを観た時この照明設備を思い出しただけのことなのです。

その蕾を見ると、私が想像したのは5弁が一度にパッと開く咲き方で、その時「ポン」と音がしたら楽しいなと勝手に考えていた。
ところがその今にも弾けそうなつぼみを見ると、一枚の花弁の先端がちょっとはがれかけていた。
そこで「あぁ、これはポンと音がするような咲き方をするんじゃないな」と、認識した。
そのはがれかけた写真を撮ったのだが、今朝見るとこれがひどいピンボケで、今朝には花はもう咲いてしまったし、どうしようかなと考えたが、
それでもないより話が分かりやすいかと失敗作の写真をアップします
e0033229_18345960.jpg

どうですか工事現場の照明と似ているでしょう。

左上の花弁が少しめくれているのが解りますか。それが言いたかったのです。

それではピントのしっかりしている咲いた桔梗です。
e0033229_18362799.jpg



庭の茂みの中に赤いものが見えました。
よく見つと、ゆすら梅の実でした。
今年3月に花を咲かせたゆすら梅です。
花は
e0033229_18452119.jpg


その花の一部が実を結んだのでした。
e0033229_18461471.jpg


ところでこの果実の名前はなんて言うのが正しいのでしょうか。
ゆすらご、ゆすら梅、庭梅、こんめ(小梅)といろいろあります。
私の実家にも、裏の畑の隅に大きな木がありました。
そのころは実家では「こんめ=小梅の意味」と言っていました。
それでは幕の内弁当のご飯に載っているような小さな梅は何と言ったかというと、
「こんめんめ=小梅のうめ」と言いました。
今では懐かしいような呼び名です。実家のあの木はどうしたのかなぁ??。
実が赤く熟すのを待ち焦がれて食べたのを思い出します。
でも今庭にあるこのこんめは食べる気にはなりません。


紫式部とは平安の歌人ですが、同じ名前の果実観賞植物があります。
秋に紫色の果実を付けます。
それによく似た植物で、果実が一回り小さいのがあり、その花が咲きました。
お向かいから預かりっぱなしになっている鉢植えです。
小さなかわいい花です、果実も可愛いです。
e0033229_19372513.jpg


同じ種類と思いますがこの冬に、私の静岡の実家と呼んでいる会社の前にプランターに放り込んだだけのような状態の木が、幾粒か実をつけていました。
奥さんに
「こんなことしておくとこれ枯れるよ、しばらく俺に預けたほうがいいよ」
「よしさんがそんなことを言ってくれるのを待っていたのかもしれないよ」ということで預かってきて、今は元気に新芽は伸びているがまだ蕾は見えないのが一鉢あるが、今年は咲くのかなぁ。



by yo-shi2005 | 2018-06-13 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 12日

衝動買いした花・マネッティア

e0033229_18251684.jpg


あの時は「何でこんなものを買ったんだろう。買うんじゃなかった」とがっかりして自分を責めた。

こうゆうのも衝動買いというのでしょうね、その時の様子はここをクリックしていただくと見られます。

そんないきさつで買ってきてのでした。
e0033229_18383921.jpg

ご存知のようにこの冬は格別の寒さでした。最初のうちは毎日朝夕出し入れしていましたが、一日だけ、家に取り込むのを忘れたのです。
朝になるともうぐったりしていました。
それからは日中の暖かい時間だけ外に出して、ほとんど家の中に置きました。花も咲かなくなってしまいました。

「だめだぁこりゃぁ」

そんなこんなで物置に放り込んで置きました。

すると蔓の先端の方は枯れてしまったのですが、根元に近い部分の節目から新しい芽が出てきているのを発見したのでした。

あの時店員さんが「今は寒いから植え替えはしない方が・・・」と言っていたので、形のいい鉢に赤玉土を入れて、ポットをそのまま入れておいたので、その鉢から取り出して、ポットを外してその鉢に植え付けてあげました。
すると、蔓は、待ってましたとばかりにどんどん伸びました。
支柱もっとしっかりした長いのと替えて、リングもつけてあげました。
咲きそうな蕾も見えてきました。
e0033229_1931253.jpg


私がほったらかしたおかげで?、こんなに元気になり買って来たときより葉っぱの色つやもよくなり、よく見ると赤みを帯びた蕾がたくさん見られます。
これは期待できそうです。

ところが、ブログにアップしようと資料を探し始めた時、ふと考えました。
「この花、名前はなんていったっけかなぁ??」いろいろ探したら、ようやくこの名前が出てきました。写真も気が入らなかったころの写真は撮ってありませんでした。

マネッティアの名前が解ってから、画像を検索したらこんなかわいい写真が出てきました。そうだこんな風に作ってみよう。
e0033229_19111227.jpg


こんな風にできれば「インスタ映え」するでしょう。
同じ画像検索で、こんなのも出て来ました。懐かしいような・・・。
e0033229_1912519.jpg



変な思い出ばっかりの可愛い花です。たくさん咲いたら、いい思い出になるようにまたこのブログにアップします。



by yo-shi2005 | 2018-06-12 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 11日

ぬか喜びだった⁇

e0033229_1554972.jpg


梅雨前線が台風に刺激されて大雨が降るし台風の進路によっては強風が吹くなんて予報が出ていたので、昨日は早い時間に外にある風と雨に弱そうなやつを家の中に運び込んだ。

カラーも避難させた
e0033229_1613726.jpg


もちろんあのカラーも勝手口の中に入れた。
でも夜中になっても大した雨は降らず、風邪も吹かない。

「台風情報を聞き違えたのかな?、まぁ備えあれば憂いなしだ」と安心して寝た。

気が付くと、カラーの黄色の花が強い日差しを受けて二つとも緑色になって、葉っぱになってしまっていた。
元の緑だけの観葉植物みたいに
e0033229_1620854.jpg


「あぁ、やっぱりこれは花じゃなく日光が足りなかった葉っぱだったのかぁ」とがっかりした。
それよりも二日ほど前のブログには「花が咲き始めた」とアップしてしまった。
「仕方ない、あれは早とちりのぬか喜びでした」とブログに書くしかねぇか」と落胆そのものでした。

あんまりがっかりしたので目が覚めた。時計は6時だった。
なんだ時計までが俺を笑ってらぁ、「もうろくじー」だなんて。

「なんだゆめだったのかぁ」と急いで勝手口に行って見た。
「可愛い丸っこい花が咲いていた。
「また夢にならねぇうちに写真を撮っておこう」とパジャマのままで鉢を外に持ち出して。
一枚パチリ…これが本当の姿です
e0033229_16215574.jpg


丸っこい花をド・アップで
e0033229_16244373.jpg


ホッとして、朝飯が美味かった。


表庭に行って見ると、今度はダイヤモンドの生る草を発見

まずは写真を、せっかくだからちょっと大きい写真にします。
e0033229_16292980.jpg


もう一つの鉢を観たらいくつもある。こらぁ大金持ちだ。
e0033229_1631134.jpg


このダイヤモンドの生る草は、花が終わったルピナスです。

台風にも花にも騙されて一喜一憂の朝でした。



by yo-shi2005 | 2018-06-11 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日

庭の草花見たままに

e0033229_159916.jpg


〇 〇 〇

あの時は誰か見ていて、「あんなふうに自然の中の植物を盗んでいく人がいるから困るんだ」なんて言われやしないか心配だった。でもあの時のカエデがその後は踏みつけられるでもなく、乾燥で枯れるでもなくこんなに大きく育ちました。
e0033229_1532387.jpg


あの時根元に苔を付けてビニール袋に入れて来たときは大丈夫かなぁって心配したけどなぁ。
e0033229_15371346.jpg


その時の様子はこのページに書いてあるからよかったら見てください。
あの時、山でよく言い効かせてあるんで、おらぁ安心して、枝を剪定できる>

〇 〇 〇

「おらぁおめぇの近くを通るたびにそう思うけどお前大きくなって綺麗になったなぁ。
このあいだブログに載せた時より一段と大きくなって綺麗になった。

こんなのをべた褒めっていうのだと思うが、この多肉植物が、こんなにきれいになるとは知らなかった。こんなに褒められたのは多肉植物の「センペルビウム」だ。10日余りの間にまた一回り大きくなって綺麗になった。
e0033229_15172334.jpg


ちぃーっと褒めすぎたかなと思っていた時、すぐ横で聞いていた別の多肉植物が


「おやじさぁん、そんなにひとつばっか見てないでこっちも少しは見てちょうだいよ。
この頭の真ん中の、これ何かしら、葉っぱが増える芽なの?、それとも花芽?、それともたんこぶ?」
「あっ、ほんとだ、変なものが出てきてるなぁ、俺も多肉植物は去年が一年生だから、わかんねぇなぁ。
たんこぶかもしれないと言っているのは、この子”エケベリア”でした。
e0033229_1523385.jpg


見るとなるほど、何かあるけど、私は知らない、なにに変化していくか楽しみだ。

〇 〇 〇

二階のベランダから雑然とした、花置き場を見ていると青いものが目についた。よく見るとそれは、先日から蕾を膨らませていた桔梗が咲いたのだった。
e0033229_15431520.jpg

ぽつんと咲いている花を二階から眺めながら
「以前森町の桔梗寺へ行ったときはすごかったっけなぁ、あの時は花の数に圧倒されたけど」と思いながらたった一つの桔梗の花に見とれている自分が不思議だった。

そして花の近くに行って見ると。その花のすぐ足元であと一日二日で咲きそうに膨らんだ白花の桔梗が「残念!、後れを取った」と言わんばかりに、今にも降り出しそうな空をにらんでいた。
e0033229_15503592.jpg


あのこも、去年はよく咲いてくれたけど、今年は先を越されて悔しいだろうなぁ。

〇 〇 〇

ぎんなんを焼いて食べるときは封筒に入れて電子レンジでおよそ1分、中で爆ぜても袋を破る程の威力はないので安全だ。

全部食べずにいくつか残して、それをこの鉢に埋めておいた、5個埋めて、3本芽を出したがその後2本は枯れた。
残った一本は晩秋に黄葉し葉を落とし今年も新芽が吹いた。
鉢が小さいのか葉っぱの色が悪い。
e0033229_1625987.jpg


もう少し大きな鉢に植え替えてあげたいが、この鉢の中にはいろいろな植物が同居して居たり種を落としていると思われるので、やたら土を替ええるわけにはいかないのです。
よく見ると幹の右側の向こうに緑色にこんもりしているのが見えると思いますが、これは花の名前もわからないが、直径5mmほどんピンクの4弁の可愛い花の葉っぱなのです。その花がここで実を結んで種を鉢の中に落としているかもしれないのです。そして左側の雑草の生い茂ったところには名も知らない数種類の草がごちゃ混ぜに生えているのです。
これらが来年どんなふうに育っていくのかどんな花が咲くのか、それも楽しみの一つなのです。

だからこの鉢の中は「あちら立てればこちらが立たず」なのです、、、あージレンマ。




by yo-shi2005 | 2018-06-10 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 09日

花は俺より元気だ

e0033229_19104062.jpg


毎日花のことを心配して世話をしているが、よくよく考えてみると花は元気だ、世話をしている私より元気かもしれない。

先日は強い肥料を上げてしまったコキアがおなかを壊さないかと心配したり、さび病になったと言って薬を買ってきてあげたり、
でも花は平気な顔をしている。


そのさび秒で私に気をもませたトライアングラリスは何もなかったかのように丸坊主の鉢の中で次々と新しい葉っぱを広げている。新しい葉っぱは錆の色はしていない。
e0033229_19172857.jpg


押しかけ居候を決め込んでいたビオラは、店から苗で買ってきたビオラよりもよく花が咲く、これはどうして?。
e0033229_19174994.jpg



花が終わって捨てようかと思ったジュリアンの株の中につぼみが見えたので、肥料を上げて手入れをしたらこんなに花が咲いた、なぜ?。
e0033229_19195230.jpg



丁度一年前に、花が終わったので、庭の隅っこにそのまんまほったらかして置いたら、肥料もやらないのにつぼみをいっぱいつけて、花を咲かせる百合の生命力は何処から出てくるんだろう。
e0033229_19282157.jpg



マンデビラは普段私に大事にされる花だが、この子に限っては、昨年花が終わってから時々雑草を引き抜いたくらいであとは水やり以外は何もしなかった。植え替えもやっていない、でも明日には真っ赤ないい花を咲かせてくれそうだ。
e0033229_1931431.jpg



こう考えてみると、花はあんまり手をかけない方が元気ないい花を咲かせてくれるのかもしれない。
私は少し反省しなくっちゃいけないかな??。




by yo-shi2005 | 2018-06-09 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(5)
2018年 06月 08日

棚の上シェアリング

e0033229_18362240.jpg


梅雨前線と、台風が近づいているという、曇り空の昼下がりのことでした。

仕事場から出てくると何かが頭に触った。
見るとそれは、ハヤトウリの「ひげ蔓」だった。

「ひげ蔓」というのは、つる植物の中で瓜の仲間の蔓の先端から、ウナギの髭みたいのが長くの伸びていて、それがあちこちにつかまって蔓を固定する手先みたいなものだ。
それが垂れ下がっていたのだった。

するとそのハヤトのやつ
「おやじさぁん、屋根に乗ってもいいかぃ?」
「屋根に乗らなくっっても、まだ棚が空いてるだろう」
「こんな狭いとこすぐふさがっちゃうからさぁ」
「まだダメだよ。屋根はまだ俺が載ってやることがあるんだから邪魔になるから乗るなよ」
e0033229_18454081.jpg


ハヤトのやつこれくらいじゃ諦めねぇだろうな。と思っていたら・・・その横で



e0033229_1994892.jpg
去年一年休んだゴーヤがちょっと遅れて伸びて来た。

「おやじさぁん、僕の乗るとこ空けとくように言っといてよね。もうちょっとしたら棚にとどくからさぁ」
「あぁ、わかったわかった、おまえにゃぁ、しっかり瓜を生らしてもらわなくっちゃぁな」

ゴーヤは今年は植え付けるのがちょっと遅かったのでまだ棚の上まで届いていない。




それを聞いていたのかその隣のちょっと育ちすぎた皇帝ダリアが偉そうに
「おやじさん、私の枝先は、もうこれ以上切り詰めないでくださいよね。どうせ横に広がれば邪魔にされるんだから」
「なんだ、お前は今年はヤケに育ちがいいなぁ、邪魔になりゃぁどんどん切るよ」
皇帝ダリヤの先端はもう大分切り詰めてあるのだ。
e0033229_18565116.jpg



とにかくこの狭い棚の上で「陣取り合戦」みたいなことをしている。
一言、言っておいた。

みんな譲り合って仲良くやれよ。ここがお前らのシェアハウスなんだからな。
いってみりゃぁお前らは「シェアメイト」っつう奴なんだぞ。

この狭い棚を元気のいい三つの植物がハウスシェアリングをしているわけだ。

e0033229_19295780.jpg



まだゴーヤのスペースは開けてあるが、枝分かれしたハヤトがどれくらいせめて来るか、
おそらく最後にはハヤトウリがゴーヤの上を通って皇帝ダリアによじ登っていくことだろう。

面白いような怖いような棚の上のハウスシェアリングの戦いだ。


別の話だが、今日嬉しいものを見つけた。
先日観葉植物の話の中で、観葉植物扱いした、カラーの鉢を見ると、何か黄色いものがある、よく見るとこれは、蕾が開きはじめていたのだ。。
花がちゃんと開いたら、もう一度アップするとして、とりあえず開き始めたカラーを

e0033229_19201220.jpg


本日はここまでとします。
by yo-shi2005 | 2018-06-08 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

ファン

画像一覧