<   2018年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2018年 08月 31日

衝動買いの葉鶏頭

e0033229_17203760.jpg


この冬の寒さで、数鉢あった我が家のハイビスカスは一鉢を残して全部枯れた。

そのひと鉢残ったハイビスカスが芽を出して葉っぱを伸ばしつぼみも見えるところまで育った。

ところが、その蕾と周辺のみるい(柔らかい、みずみずしいという静岡弁)葉っぱにアブラムシがついて、このままでは花は咲けないと思って、殺虫剤でシュー!とやったが、その時はありもアブラムシも薬剤と一緒に流れ落ちたようだったが、またすぐに戻ってきて、こんな状態。

黒く見えるのはシューとやった時の死骸、一日で元の木阿弥だ
e0033229_17305737.jpg


「これはスプレィじゃだめだ」とホームセンターへひとっ走り。

そして昔から使い慣れた薬を買って来た
e0033229_17323439.jpg


最近は、植え付けるときに土に混ぜるとよいとネットのサイトでは教えているが、今ハイビスカスを植え替えるわけにはいかないので、昔からのやり方で、土の表面にちょっと多い目に播いてやった。

オルトランを播いた。
e0033229_17351326.jpg



これだけならそれでおしまいだが、農薬の売り場から、レジを済ませて出てくると、そこは花苗売り場だ。

通りがかりに目についた、「去年もこんなのやったっけなぁ」なんて思いながら、目の方は「どの柄がいいかな」と選び始めていた。

そして、緑と黄色のコントラストが気に入って、これに手を出していた。


帰宅後、ハイビスカスにオルトランを播く前に、もう葉鶏頭の植え付けの準備をしていた。念のためこれにも少しオルトランを播いておいた。

というようなわけで、今日の衝動買いは、コリウスによく似た、「葉鶏頭」

e0033229_17435791.jpg


じっと見ていると、この葉鶏頭がさわやかな笑顔で

   「私を選んでくれてありがとう」とほほ笑んでいるように見えて来た。

真上から見るとこんな顔をしている可愛い子だ。
e0033229_17455066.jpg



余談
このアブラムシのことをウィキペディアで調べたら、この虫は繁殖力が旺盛で、ある季節には腹に子供を宿した雌を産むのだそうだ。鼠算どころではない繁殖力の虫だ。
そして蟻によって運ばれてきて、ありのアブラムシ牧場のような形態で蟻はそんアブラムシの出す甘い汁を吸っているようだ。蟻は100%益虫ではない、ここでは害虫だ。







by yo-shi2005 | 2018-08-31 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 30日

リコリスは彼岸花

e0033229_1820788.jpg


仕事で、取り引き先の会社に行った、用事が済んで会社を出るとスマホにメールが入った。
走りながらは見られないので、歩道の広い所へ半分の千上げるようにして止めて、メールを開けて見た。

時々このブログにも登場する、昔小学校のころ同級生の女の子だった、おばさんからだ。

文章は「これなんていう花?」とそれだけ、そして一枚の写真が添付されていた。

この写真はスマホの画像いっぱいにした写真だが、最初見た時はもっともっと小さな写真だった。
e0033229_18264762.jpg


外は明るいし、画面は光ってるし、見分けがつかない。

それに交通量に多い道路わきであんまり長く止めても置けないので、返事は書かずに車を出した。

家から1kmあまりの所だったので家まで走って、駐車場に入れてからゆっくり見ると、どうやらこの花は濃い黄色の彼岸花のようだ、この色ならリコリスだろうと判断して、

「よく解んないけどリコリスかも」と返事を書いて送っておいた。

彼女からは短く「ありがとう」と返事が来た。

でも・・・・もう彼岸花が咲くかなぁ??。

でも、考えてみれば、あと半月でお彼岸だから、早い種類なら、もう咲き始めても不思議ではない。

家に入って、ネットで調べてみた。

こんな画像が載っていた。
参考画像 黄色のリコリス
e0033229_18351812.jpg


この画像の花は栄養の行き届いた花の姿をしているが、貧相な彼岸花はこんな風に映るか(Yちゃん失礼)

これがメールで送られてきた画像を拡大したもの
e0033229_18472640.jpg


曼珠沙華と言われるこの花、丁度お彼岸の頃に咲くので彼岸花ともいわれる。
中国から伝わって来たままのこの花はいわゆる「彼岸花」で真っ赤な花が印象的だが、これを基にしていろいろな色に作り替えたのが「リコリス」ということだそうだ。

この、リコリスや彼岸花は、花が咲く前は葉っぱも何もなくいきなり茎がヒョロヒョロと伸びて、そこに花が咲く。下の写真でもわかるように花が咲いている時は葉っぱは何もない。

我が家でも薄い黄色と薄いピンク色の花が咲くだろうと思うのだが、咲いてみないとわからない。


参考画像 野生の彼岸花 2017.9.14
e0033229_1902647.jpg


この彼岸花が田んぼの畦道で増えると球根がぎっしりになり、畦道から田んぼの水が流れ出すのを防いでくれるのと、この球根には毒性があるためにモグラや野ネズミが畔に穴をあけるのを防いでくれるということで、昔は畔によく植えられたそうだ。

そしてよく似た花で、「ネリネ」がある、これは彼岸花と違って、最初に葉っぱが出てそれから花芽が伸びて花が咲く。これも我が家に二色ある。
これは間違いなく咲いてくれると思う。

参考画像 ネリネ・クリスパ
e0033229_19242188.jpg



もうお彼岸だなぁ、今年は久しぶりに牡丹餅を作ろうかな???。

・・・・と、よしおじさんは考えているけど・・・・。







by yo-shi2005 | 2018-08-30 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 29日

これって熱中症かも

e0033229_18263959.jpg


新しく発生した台風の影響か空には雲があったが、太陽が雲の無い所に来るとやっぱり熱い。

こんな日は作業場の中の方がいくらかしのぎやすい。

それなりに一生懸命仕事をし作業場から出て来てみると、今朝水をやったはずの大きな葉っぱの紫陽花たちがグタァとなって「水!、ミズをください!」と言っているようだった。


去年の紫陽花の花が終わるころに、お向かいとお隣の紫陽花の枝を少しづつ貰って挿したものだった。

大げさにこんな姿になっていた。
e0033229_1835315.jpg


この子らも
e0033229_1835383.jpg



仕事を終わって一休みしたいところだが、これを見たらほっておくわけにはいかない。

見ると葉っぱが大きい割に、鉢が小さい。
「これでは今後もこんなことがあるだろう、この際植え替えちゃおう」

植え替えるんだったら水は上げない方がよい。「しばらく我慢しなよ!」

ということで、鉢を探して、土を作って、こんな時期に植え替えるのだから、なるべく根鉢を崩さずに、そっと植え替えた。

植え替えてから、例によって根元に苔を敷いてあげた、そして水をたっぷりやって、一時間もしないうちに、こんなに元気になった。

e0033229_18451735.jpg


e0033229_18454262.jpg


e0033229_1846616.jpg



どれがどの花が咲く木なのか全くわからない。
来年の梅雨時になればわかるだろうと思う。

仕事で疲れていても、花のためなら、こんなに熱中してやれる。

これって、今、世間で騒がれている「熱中症」の一種なのだろうか。


・・・・・・・・

やっぱり秋ですね。
こうして、窓を開けてキーボードをたたいていると、窓の外ではコオロギが・・・・コオロギのあの声はなんて表現したらいいのかなぁ。

私にはビービービーとしか聞こえないけど・・・耳を澄ますと、鈴を転がすような声も聞こえる。

いろいろな声が聞こえる。 秋だなぁ。

しんみりと虫の声を聴くyo-shi2005でした。








これって・・・・まだ心がわかいってこと???。 関係ないか?
by yo-shi2005 | 2018-08-29 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
2018年 08月 28日

猛暑にめげず花は元気に

e0033229_17472677.jpg



花は元気だと言っても今咲いている花が元気だというわけではなく、これは花を咲かそうとしている植物たちが元気だという話をいくつか。


つい一週間前の8月20日のこと、今年は綺麗に咲いた「ルリマツリ」の花後の手入れはどうしたらいいのだろうとネットで調べた、その時のことは、8月20日のブログに書いてあるが、その時のネットの説明では一か月もすると綺麗に花が咲くと言っていた。
ところがあの時はネットの教えるように、ただ、坊主にしてやった。

e0033229_17543726.jpg



そしてあの時は、ひと月もすると花が咲くと言っていたが、今日気が付くともう花芽が伸びてつぼみがこんなに出ていた。

e0033229_17573647.jpg


もっとカメラをよって見ると
e0033229_1757582.jpg


この分だとひと月もしないうちに花は咲きそうだ。



去年甲府のお友達から苗をいただいて育てた「雲南サクラソウ」(タイトルボックスの花)だが、
「もう種を蒔くころなのかな」と思っていたら、何も植えてない鉢に見たことがあるような葉っぱが出ている。

これは確か雲南サクラソウの葉っぱだ、まだ種は蒔いてないから、これはきっと、こぼれた種が芽を出したものだろうと、掘り上げて鉢に植えてやった。
e0033229_1822193.jpg


こんなのが三つある。これらがうまく根着いてくれたら今年は種を蒔かなくても済んでしまいそうだ。


雲南サクラソウと一緒に甲府のお友達が持ってきてくれたのが、私はまだ手掛けたことがなかった多肉植物だった、中でも、これはバラの花みたいな形で可愛いと思っていた。
e0033229_1883322.jpg


苗はどんどん育った、私もこの端正な姿が気に入っていた、
一か月前
e0033229_18191184.jpg


そして昨日見ると

この姿には驚いた。
e0033229_18201474.jpg


子育て中のツバメの巣を思い出すような、状態になっていた。

この子供らはどうしたらいいのか、只今思案の最中。

植物たちはこの余熱オーブンの中みたいな暑さが好きなようだ。


それにしても、これはあまりにも数が多すぎて、、、困。
写真に写っていない向こう側にもずうっとこんな感じですよ。誰か貰ってくださぁい!。







by yo-shi2005 | 2018-08-28 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(2)
2018年 08月 27日

もしも俺が・・・・

e0033229_18351846.jpg


時々、こんなことを考える。

「たとえ狭い庭でも、俺がもうちっと身を入れて花の面倒を見たら、もっと素晴らしい花園になるかもしれないけど、今の状態じゃぁ咲く花よりも咲かずに枯れる花の方が多いかもしれないなぁ」

今日も同じようなことを考えながら棚の隅に突っ込みっぱなしで、もう2~3年になる鉢を引っ張り出した。

ゼラニュウムだ。

この花は昔まだ若いころに一生懸命育てて、花もよく咲いたが、どうもこの臭いに耐えられず、一度は全部処分したことがあった。

それから再び、この花の可愛らしさにひかれて育てるようになった。という歴史?のある花だ、

一時はかなりの数の花を集めたがその後熱が冷めて棚の奥に突っ込みっぱなしで、花が咲けば可愛いから写真を撮ったが次第に衰退してしまった。
それを、引っ張り出して、徒長した枝を思い切って剪定して肥料を上げた。
株が古くなって根が弱っているのでこのままでは花は期待できない。植え替えるか挿し芽をして新しい株にしたいが今はその季節ではない。とりあえずここまでやった。

ゼラニュウムの棚
e0033229_18553493.jpg


これが来年どのようになっているか、すべてこの手にかかっている。

じっと手を見る。


この春にも綺麗な花を咲かせてくれたアマリリスだが、今年は花の後、そのまんまだった球根も弱ってきた感じだ。

「俺は何をしているんだろう、大事な球根をほったらかして・・・・」
反省しながら鉢の中の雑草を抜き、倒れそうな葉っぱには支柱を立てて、緩効性の肥料を少し上げて、一か所にまとめた。

「来年の春咲いてくれるかなぁ」

アマリリスの鉢

e0033229_1971616.jpg



近くで、こんなことを言いたそうにこっちを見ている可愛い花があった。
「おやじさぁん、私のことだって忘れないでね、もう3年以上植え替えてもらってないのよ、らいねん、お願いね」。
今シーズン一番遅れて咲いたむくげだ。この子は「花笠何とか」という名前だがむくげはよく似た種類が多くて、名前の特定が難しい。
でもこんなかわいい子に頼まれたんじゃぁ来年は植え替えてあげなくっちゃぁ・・・・。
e0033229_191143100.jpg


忙しいという字は、こころを滅ぼすと書く。

俺は心を滅ぼしてしまったのか、これからは花に対する心は大事にしなくっちゃ。

でもまだ山では滝が待っているんだけど。







by yo-shi2005 | 2018-08-27 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日

オキザリス植え付け

e0033229_183601.jpg


「残暑の季節だというのに、こんなに暑いとは、まだ暑さの売れ残りのストックがたくさんあると見えるなぁ」なんて訳の分からない独り言を言いながら、朝から靴下を30足洗って干して、その後下着を洗って干して、外に出てみたら、・・・・暑い・・・予熱したオーブンの中と同じで。

でもそんなこと言っていられない。

一歩外に出るとやらなくてはならないことが山ほどある。

今日はオキザリスの植え付けをしないと、気の早いやつは長い根っこを伸ばしたり、その前に芽を出しているやつもいる。

オキザリスという植物の球根はその種類によって大きさも形も色も違う。

どの鉢も球根が増えて花が少なくなってしまっている、それを掘り上げて、新しい土で植え付けるわけだ。結構手間がかかる。

まず、最近生活協同組合(生協)から買った球根。
ペンタローズ はこんな花
e0033229_1983755.png



ゴールドアイランド 黄色い花がびっしり咲く
e0033229_1991512.jpg



ペンタフィラ カーリーヘヤーみたいな葉っぱ
e0033229_1910582.jpg



私の好きなオキザリス 真ん中の黄色が印象的
e0033229_19123294.jpg



白・これも固有の名前があると思うが私は知らない。
白は球根が増えすぎて花が咲かなくなってしまった、、ものすごい量の球根が出て来た、
大半を捨てることになる。
e0033229_19144978.jpg



まだこれで半分終わったところだ、今年は大きい鉢には植えないでこじんまり楽しむつもりだが、球根がすてられるかなぁ???。

グラタンにならないうちに切り上げた。







by yo-shi2005 | 2018-08-26 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 25日

暑くても庭のくさむしり

e0033229_1854176.jpg


何日か振りにすっきり晴れた。

昨日夕方腐葉土を買って来たので、先日から相手かまわずチョッカイ出してるマンデビラを植え替えようと外に出てみた。

裏庭の作業台のあたりは、まるで、余熱をしたオーブンの中のように足元からもかもかと、頭の上からはじりじりと暑い。
「これじゃだめだ!、俺はグラタンになっちゃう」と日陰に逃げ込んだ。

これじゃたまらないから表庭を先に片付けることにした。
我が家の表庭はこの季節になると玄関のすぐ前は日陰になってしまうので丁度いい。

表庭もこの通りで気になっていた
e0033229_1814730.jpg


日陰になっている玄関前から手を付けた。

先日から花が咲いていたコリウス。
どうせ大した花じゃないからと花は全部切って捨てた
すっきりしたコリウス
e0033229_18155320.jpg


時間とともに日陰が拡がっていく、それを追いかけるように草をとる、地面も、鉢の中も。

そして裏にあったマンデビラも全部表庭に移動した。

途中ランチタイムの休憩も含めて涼風が吹き始めるころまでかかって、きれいになった。
e0033229_18205138.jpg


並べて、数えてみて驚いたがマンデビラの鉢が6個もある。
e0033229_18222388.jpg


このあと植え替えるのを入れると7個。
これからマンデビラの季節だ。

ハイビスカスは冬の異常寒波で枯れたが、マンデビラは枯れなかった。

そうこうする間に裏庭の作業台のあたりが日陰になったので、マンデビラの植え替え。

あちこちに巻き付いたマンデビラの蔓はこんなに長くなっていた。
e0033229_18265872.jpg


そして再生の土は使わず全部新しい土と腐葉土で植え付けて支柱も立てた。
e0033229_18283645.jpg


いい花を見せてくれると信じ、いい汗をかいた。







by yo-shi2005 | 2018-08-25 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 24日

今更人に履け聞けないし・ハイブリッドって?

e0033229_1831957.jpg


昔から「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」なんて教えられてきたが、今の世の中のように「猫も杓子も」ハイブリッド、ハイブリッドと言われている中で、「ハイブリッドって何?」なんて人には聞けないと知らないまま「知ってるような顔」をしていたのが、何を隠そうこの私でした。

そうかって今更人に聞くのも・・・・。

そこでこの言葉を・・・と英和辞典を開いてみた。

三省堂のグローバル英和辞典だが倅のおさがりでちょっと古い1983年発行だ。

スペルが解らず、ようやくページにたどり着いてみると、
e0033229_18102689.jpg


なにこれ?自動車のことなんか何も書いてない、せめて馬車のことでも書いてあれば少しは自動車と関係があったろうに・・・こりゃ駄目だ。

そこで今度はネットの辞書「Wikipedia]で探したら・・・あった。

ハイブリッド(英: hybrid、英語発音: [ˈhaibrid])は、
種や品種が異なる植物や人間を含む動物から生まれた子孫
異種のものを組み合わせたもの
とある。
なぁんだやっぱり1983年の辞書と同じようなことを書いてある。

イノシシと豚を掛け合わせて「イノブタ」がうまれ、ロバと馬でラバが生まれ。
「自動車は何処へ行っちまったんだ」と言いたくなる。

もっと読んでいくと、ようやくわかって来たような気もするが、それが自動車に結びつかない。

そこで考えた。「もっと拡大解釈だ」
そこで新型の自動車を走らせる技術の中に「イノブタ」のようなものがあるか・・・・
そうだ、「ガソデン」ガソリン車と電気自動車の掛け合わせだ。

だんだん理解出来て来た。
私の考えでは「ハイブリッド車とはガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせた自動車のことだ」
外観からは解らないがこれはハイブリッドだそうだ
e0033229_18583366.png


そうかそうゆう事か、そうすると、ハイブリッド〇〇というと、これまであったものと、まったく別のものと組み合わせてできた〇〇という製品というところに使っているんだな、自動車とは関係ない所でもこの言葉は使われているということだ。

交通機関についてはwikipediaにはこんなに詳しく載っていた。

〇ハイブリッドカー - 内燃機関(ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン)と電気モータを組み合わせた動力源を使う自動車など。またこの組み合わせに限らず、2つの異なる動力源を組み合わせた自動車。

〇ハイブリッド気動車 - JR東日本を中心にディーゼルエンジンと電気動力を併用するもの、燃料電池と蓄電池の電気動力を併用するものなどが研究されている。

〇ハイブリッドロケット - 宇宙開発の工学において、推進燃料に固体燃料と気体または液体の酸化剤を使用するロケットをハイブリッドロケットと呼ぶ。



そうするとハイブリット車は終戦直後から日本にあったということになる。
普段はガソリンエンジンの動力で走るが、エンストしたときは、みんなに押してもらって人力という動力で走る。
ハイブリッドだ。


一つ勉強になったような気がする。







by yo-shi2005 | 2018-08-24 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(3)
2018年 08月 23日

マンデビラ物語 PARTⅡ

e0033229_18203816.jpg


同じような花が時々登場して恐縮だが、今日もマンデビラ物語。

ちょうど一週間前の8月15日に掲載した、マンデビラ・ルビースターだが、あの時の花はもう散って、次に咲いた花は花びらにほとんど斑はなく真っ赤な花だった。
e0033229_18245482.jpg


こんなときは、近くを通りながら
「おぉ、きれいに咲いたね、今度の方が真っ赤でルビーって感じだね」なんて褒めてやる。

ところが、この花を横からよく見ると・・・・これは拡大写真。
e0033229_18544631.jpg


「コラァ!、おまえらなんばしよっとかぁ!」あれぇ?急に博多弁になっちゃった。

これはまさしくいじめだ。

蔓が伸びて、その行き場がなくってこんな悪戯をしているんだな。

「これは何とかしなくっちゃ」と仕事なんか放りだして早速支柱を立ててリングを付けて、伸びた蔓を巻き付けてやった。
e0033229_18321397.jpg


これで、押さえつけられていた花も明日辺りには咲くことだろう。
土が少なかったのでついでに施肥と土増しをしておいた。 一件落着だ。


ところが、やっぱり一週間前に掲載した、もう一つのマンデビラ・デライトだが。

同時に挿し木をして、今、花が咲いているおねぇさんの方はいいのだが、あの時植え替えのタイミングが少し遅れてしまった妹の方が、やっぱり自分も手をかけてもらいたいのか、伸びた蔓で、近くにいるもの相手かまわずチョッカイを出して困る。

シュウメイギクの蕾に巻き付いてみたり、ハイビスカスの枝に絡まって見たり、して、そのたびに、この子の事情を知っている私は優しく蔓を外してあげている。

e0033229_18394685.jpg


早い話がこの子にも支柱を立てて、リングを付けて巻き付かせてあげればいいのだが、そのためには、写真でわかるようにこの鉢では小さすぎる。

植え替えてあげようと思ったら、なんと腐葉土が品切れだ。先日みんな使ってしまった。
これを買ってこないと、手を出せない。植え替えて支柱を立ててあげれば、今シーズン中に花が見られると思うが・・・・
明日にでもホームセンターに行って来なくては・・・・
そうするとまた、ホームセンターには秋の花の苗並んでいる、買いたくなるかな・・・・困った花好き親父だ。







by yo-shi2005 | 2018-08-23 20:05 | 花日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 22日

実家に帰したタカラズカ

e0033229_1894787.jpg


先日、私が静岡の実家と呼んでいる会社の奥さんから電話があった。

「もしもし、よしさん、今忙しい?」
「うん、おらぁいつでも忙しそうにしてるよ。なにか用事?」
「いや、このあいだ持ってきてくれたタイタンビカスがあんまりよく咲くんで、一回見に来てもらおうと思ってさ。すごいよこのあいだなんか25cmもある花だったよ」
「そうかね、俺もちょっと用事があったんだ、それじゃもうちっとしたら行くよ」

電話の声を聴いてるだけで喜んでくれていることがわかるような声だった。

丁度いいからこれを持って行こうと思ったが、あんまり樹高が高すぎて普通では私の車には乗らない。
そこで段ボール箱を台にして寝かせて車に積んで持って行ったのが、先日、8月4日のブログに書いたあの、コムラサキと思って会社から持ってきたら、別の花が咲いたあの鉢だ。
いつでも持って行けるように左右に広がっていた枝は上を向くように支柱を縦リングを付けて整えて、根元には苔を敷いておいた。
里帰りするヂュランタ・タカラズカ
e0033229_18282235.jpg


支柱を付けてからの全体の姿の写真を撮るの忘れた。

これを積んで会社に行った。

玄関前では大きなピンクのタイタンビカスが咲いていた。
e0033229_18322679.jpg


奥さんは
「うちに来てからもう15個も咲いたよ、すごいねぇ」と喜んでくれた。

持って行ったタカラズカラを車から降ろしながら「この花見たことある?」ときいてみた。

「覚えがないよぉ」

「去年の秋ここからコムラサキだって言って持ってったでしょう。あれにこんな花が咲いちゃったんだよ」と言ったら奥さん驚いていた。
「だけどこれ、間違いなくここから持って行ったやつだから、ここに返すよ」。
「イヤ、嬉しい、可愛い花じゃん、なんていう名前?」
「ヂュランタ・タカラズカだよ」

ということでおいてきた。きっと忘れるくらい前にはここで花が咲いていたのだと思う。

だけど不思議なことに私がここに花を持ってくると、不思議なほどよく咲いて、長持ちする。

だから私もここに花を持ってくるのが楽しみだ。
ちなみにこのタイタンビカスと一緒に買ったわが庭にあるそれは、もう花が咲いていない。

何が違うのだろう???。






by yo-shi2005 | 2018-08-22 20:05 | | Trackback | Comments(0)


富士山を崇め、滝に魅せられ、花を育てるのが大好き。こんなひとが書くブログです。


by よし

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る


群馬ブログは・
 
⇒ こちらで

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

ファン

画像一覧